映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 作家 や・ら・わ行 > 眠れるラプンツェル  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れるラプンツェル

2006 - 09/02 [Sat] - 19:43

眠れるラプンツェル 眠れるラプンツェル
山本 文緒 (2006/06)
角川書店
この商品の詳細を見る
山本文緒著の「眠れるラプンツェル」を読んでみました。
このタイトルは、グリム童話のラプンツェルから付けられたもののようです。そして物語りも、ラプンツェルのように、塔に閉じ込められる模様を、専業主婦という鎖で、家に閉じ込められるという表現方法をとられている。この発想はなかなか面白いと思い、読み続けてみたのだが・・・。

感想から言ってしまえば、ちょっと男のボクとしては、主人公の気持ちを少々?いや、理解するのが全くというほど困難でしかたありませんでした。元モデルで、旦那と職場恋愛の末に結婚。そして自ら望んで専業主婦になり、旦那はたまにしか帰ってこず、自分はダラケまくりの生活・・・。それで愚痴でも毎日こぼされた日には、ボクなら腸煮えかえってしまいます。しかもマンションの隣の13歳の中学生と肉体関係の仲になり、その少し前には初対面の少年の父親とも、酒の勢いを借りて肉体関係を持ってしまうなんて、ちょっと常識の範囲を超えているというか、あまりにも現実離れしすぎているために、昼ドラのような印象を強く受けてしまいました。昼ドラのドロドロした感じが大嫌いなので、当然この本も嫌いな部類に入ってしまうのは必然なのかもしれません。
上記の事を含め、まったく最後まで理解出来ないまま読み終えてしまいました。

女心は、ボクには一生解らないと思うというのが、素直な感想です。
女性は共感できるかもしれませんが、男性にはあまり面白さを感じない本だと思います。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

m(_ _)m

また1クリックで買っちゃいました☆
いつもありがとうm(_ _)m

でもいっぱい更新してあるからびっくり(^^)/~~~

かずりんさん、こんばんは!

>かずりんさん
え~~~っ!!
また買っちゃったんですか!?
最近、だいぶ涼しくなってきたので、読書のペースも上がってきました。
お小遣い使い切らないようにしてて下さいね(笑)
次に紹介する本は、オススメですから、期待して記事を待っていて下さい。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/86-983aa4d9

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。