映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 さ行 > 猿の惑星:創世記  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿の惑星:創世記

2011 - 10/08 [Sat] - 16:57

「猿の惑星:創世記」★★★★
原題:Rise of the Planet of the Apes
監督:ルパート・ワイアット
出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、アンディ・サーキス、他
rise_apes
ストーリー:現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。人類のごう慢さが、猿の知能を発達させてしまう要因となり、人類にとって最大の危機を巻き起こしていく。【シネマトゥデイ】

1968年に公開された「猿の惑星」が世界的に大ヒットし、その後も続編やテレビシリーズなどが制作されるなど記憶に残る作品となった。その猿の惑星を現代のサンフランシスコに舞台を移し、一匹の猿であるシーザーの突然変異により、人類の危機に迫っていく行程を描いたのが今作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)である。ボクが生まれる以前に制作された作品なので、テレビなどで幼い頃になんとなく観て、子供ながらに猿は賢くて怖い生き物なんだと思った記憶がある。人間もそうだが、動物であったとしてもけしてイジメたり虐待してはならない。抑えつけているという思い込みが、時として大きな悲劇を招くこともある…。本作の主人公である科学者ウィルは、父親の病気を治してあげたいと思う気持ちでアルツハイマーの新薬を開発する。実験の過程でチンパンジーに薬を投与し、実験台となったチンパンジーの子供をこっそり自宅でシーザーと名付けて育てていく。高い知能を持ったシーザーは、あることがきっかけで保護施設に預けられてしまうのだが、そこでシーザーが味わった失望感がなんとも身に染みて感じられる。CGであると分かっていても、緻密に計算された行動の全てがシーザーの苦悩と悲劇として直に伝わってくる。人間への失望からある計画へと行動を移していくシーザーの決意は、人類への警告であると同時に、この世界を覆していく戦いへの合図なのかもしれない…。猿の表情ひとつから、とても説得力のあるリアルな世界観を作り出している本作は、ラストまで飽きさせることなくよくまとまった作品だったと思う。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』
(2011/09/28)
(サントラ)

商品詳細を見る

子供の頃初めて猿の惑星を見た時は、すごい衝撃を受けた覚えがあります。テレビで放映された次の日の学校では、この話題で持ち切りでした。
いつもラストでビックリさせられる事が多いので、今回も期待しております~!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ナボさん、こんばんは!
ナボさんも子供の頃に猿の惑星を観て、すごい衝撃をうけたようですね。
ラストのあの映像は今でもよ~く覚えていますし、ああいった衝撃を受ける作品にはなかなか出合えないものです。
今回もそれなりに楽しめる内容かとおもいますので、機会があればぜひ鑑賞してみてくださいね。

新しい場所にも後ほどお邪魔しますね。

コメントありがとうございました。

こんにちは!

わたしが「猿の惑星」を観た時は、すでにあらゆるところでラストのネタバレが紹介されていて、衝撃を味わう事ができませんでした・・・。有名であればあるほど内容が広まってしまうのが、こういう作品の辛いところですよね。
「猿の惑星:創世記」はなるべく情報を入れないで観たいと思います。

ところで、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。
作品は「ジャイアント・ピーチ」 (1996年アメリカ製作/ヘンリー・セリック監督)。「子育て 時々 映画」のマミイさんが選んで下さいました。

お選びになられた理由は
・ブログ名に「子育て」と入っているので、子どもも楽しめる映画を選びたかった。(お子様がいない方や、お子様が既に大きくなっていらっしゃる方は、「元」お子様として、楽しんでいただければ幸いです。)
・最近原作を読んだので、映画との違いを比べてみたい。
・・・とのことです。

観賞日は10月28日(金)~30日(日)。都合が悪い場合は、後日でも結構です。
もしよかったら、今月もぜひ皆一緒に映画を楽しみましょうね♪

宵乃さん、こんにちは。
こういった有名な作品になればなるほどに、ネタバレも多くなっていくものですね。
きっと宵乃さんのように衝撃を受けれなかった方も多かったと思います。
今回の「猿の惑星:創世記」は、何も情報を入れないで鑑賞できればいいですね。

「ブログ DE ロードショー」のご案内、いつもありがとうございます。
「ジャイアント・ピーチ」は未見ですので、皆さんと一緒にこの作品を鑑賞し楽しみたいと思います。

コメントありがとうございます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/787-0aa221ec

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。