映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 作家 は行 > 赤い指  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い指

2006 - 08/20 [Sun] - 20:41

赤い指 赤い指
東野 圭吾 (2006/07/25)
講談社
この商品の詳細を見る

ボクの大好きな作家の一人である、東野圭吾の直木賞受賞後第一作である「赤い指」を読んでみました。
この作品は、構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説であり、デビューから数えてちょうど60冊目にあたる記念碑的作品でもあります。東野ファンとしては、待ちに待った一冊です。

今回の作品の内容は、老人介護に少年犯罪、そして家族というのがキーワードになっています。
毎回カレの作品を読むと感じることなのだが、現代の社会が抱えている悩みなどが、カレの独自の視点から描かれているように思える。
代弁者といったら大袈裟かもしれないが、そんな感じを受ける。

この作品は、最後までそういった重苦しい雰囲気の漂う部分がある。
しかしいつの間にか、カレの作り出した世界に飛び込んでしまっている自分がいる。
そして満足感と共に、毎回様々な事を考えさせられる。

今回、カレの作品ではお馴染みの登場人物である、加賀恭一郎が久々に登場している。
その加賀恭一郎が、この作品で作者が伝えたい事を代弁してくれているようにも感じる。

この作品はミステリーではあるが、「家族」についてとても考えさせられる部分が大きい。
特に母親と息子との関係に関して、深く考えさせられた。
これが母親と娘であると、ちょっとニュアンスが違ってくるのだろう。
「親の心子知らず」、ふとこんな言葉が脳裏に浮んできた。
今の時代は逆の場合も多いのだろうが、結局はお互いが信頼し合えていなければどうにもならない。
家族であるからこそ、もっと深い絆で繋がっていたいと思う。

何処か歪んだ世の中だが、この本を読んでもう一度家族とは何かと?考えてみるのもいいだろう。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

こんにちは!
「容疑者Xの献身」が文庫化されるのを待っている私としては
また新刊が出てしまった!という感じです(^^)
今回もなかなか面白そうですね。
文庫化待ちリストに追加しなくては!

ワールダーさん 暑いです!
最近のニュースは嫌いです。昔は無かったような事件が多すぎてまたかよって・・・でどよ~んとなります。いつからこんな日本になったんでしょうか?
家族愛・・・とりあえず守ります。出来る限り・・・。
で、明日は子供とお泊りでプールです(嬉)

kichiさん、ちっちくん、こんばんは!

>kichiさん
東野好きのkichiさんは、きっと早く読みたいとおもいますが、お先に読んでしまいました。
ボクの読んでみた感想では、容疑者X>赤い指ですかね。
これからも、どんどん文庫待ちリストに追加していってもらえるような作品を紹介していきますね♪

>ちっちくん
ちっちくん、メールありがとうございましたm(_ _)m
毎日暑くて干乾びそうです(笑)
プールいいですね♪ボクも一緒に遊びにいきたいです!
最近のニュースは、ボクも嫌いです。
もっと明るいニュースが増えないものですかねぇ。。。
お子さんたちと、家族愛た~っぷりの休日を過してきて下さいネ!!

東野さん。

こんにちは。
何だか、みなさんのコメントを読んでいると、とってもアットホームな感じのブログなので、図々しくもちょくちょくお邪魔してしまっています。

ワールダーさんも東野さんが好きなんですね。私は小説好きなくせに、東野さんファン暦は浅く、今年の2月に百夜行を読んだのが始めでした。それ以来すっかりはまってしまい、『時生』、『変身』、『宿命』、『秘密』、『分身』を読みましたが、どれも面白かったです。

↑でコメントされているkichi さんと同じく、今は「容疑者Xの献身」の文庫化を待ってます。単行本は重いので、ほとんど買うこともないし、本は自分のものにしたい派なので図書館で借りることもないため、新刊を読むのは当分先になりそうです・・。文庫化されてる東野さんの作品でおすすめはありますか?

いちごさん、こんにちは!

図々しいことなんてありませんので、気軽にいつでも遊びに来て下さいね!

ボクも東野作品は好きですが、そんなにファン暦は長くはないですよ。
いちごさんが読んだ作品を拝見しますと、かなり面白い作品ばかり読んでいますね。ボクがオススメするならその辺りなんですが、そうですねぇ・・・。
学園ものに興味があるのならば「同級生」、カッコイイ加賀恭一郎ならば「眠りの森」、今年でた文庫だと、「レイクサイド」などがあります。正直なところ、面白い作品が多いので、紹介する方も迷ってしまいます(笑)

ボクも本は自分の物にしたい派なので、必ず購入します。最近は新刊と文庫を、なるべく交互に読むようにはしています。
「容疑者Xの献身」は、ボクの大好きな作品でもありますから、文庫になったら是非読んで欲しい一冊です。

コメントありがとうございました。

東野さん!!!だぁ~♪

かずりんも前から東野さんの本とっても引き込まれて好きです☆
だけど、この本はまだ読んでいないです(>_<)

うわぁ(>_<)~

ワールダーさん早いな~♪
ねぇねぇワールダーさんはいつも情報は何処からかな?
ネットかな?
本屋かな?(?_?)また教えてね~♪

読みたいな~_(._.)_

かずりんさん、こんにちは!

新しい物好きなので、早速東野作品の新刊を読んでみました。
今回の作品も、考えさせられ、ちょっと切なくもなりました。

情報はネットが大半ですが、本屋になるべく行くようにはしています。帯やジャケット買いも好きなものでして・・・(笑)
かずりんさんも読んでみてはどうですか?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/78-8b4b0de9

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。