映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ブログ DE ロードショー > アイ・アム・サム  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイ・アム・サム

2011 - 01/21 [Fri] - 23:52

「アイ・アム・サム」DVD鑑賞★★★★
原題:I am Sam
監督:ジェシー・ネルソン
出演:ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、 ダコタ・ファニング、ダイアン・ウィースト、リチャード・シフ、他

I am Sam [DVD]I am Sam [DVD]
(2006/12/22)
ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー 他

商品詳細を見る

ストーリー:7歳児の知能しか持たない知的障害者のサム(ショーン・ペン)は、一人娘のルーシー(ダコタ・ファニング)と幸せに暮らしていた。だが、7歳になったルーシーは、自分の能力が父を追い抜くことが心配になってしまい……。【シネマトゥデイ】

第16回「ブログ DE ロードショー」のお題を今回選ばせて頂き、数年振りに「アイ・アム・サム」を鑑賞してみました。正直なところ、初見時とは大きく異なってこの作品を観ることが出来たのですが、自分で選んでおきなながらも、少々難しい作品をチョイスしてしまったとも感じました。この作品を観て、評価はきっと大きく二分されることだろう。知的障害者が世の中で生きていくのは困難であり、ましてや子供を育てながら生きていくなどもっと困難なことだろう。そう易々と困難を乗り越えて生きていけるほど、世の中は甘くないと大抵の方は思うはず…。年を重ねるにつれて、現実を知れば知っていくほどに世の中の厳しさを肌で感じるばかりなのだが、なぜかこの親子に感情移入していき、素直に応援したくなってしまう。それはきっとこの親子の愛情に、嘘偽りがないからなのかもしれない。障害者、親子愛、二人を引き離す裁判や優しい里親など、これでもかという泣かせるポイントは容易されている。こういったシュチュエーションをあざといと感じてしまうかで評価も分かれる。優秀な弁護士や応援してくれる仲間など、サムの身の周りの環境はやや出来過ぎとも思ってしまうが、人は誰しも決して一人の力では生きていけないもの。完璧な親などはじめから居るわけもなく、子供の成長と共に親も成長していくもの。例え知能が低くとも、一番大切なことは何なのかということをサムから教えられる。父を想う娘の心境も幼いながらに苦しいだろうが、それでも一緒に居たいとお互いが想い合う姿は胸に響いてくる。改めて再見してみると、ツッコミ所もいくつか見受けられるのだが、それでも現実の厳しさを一瞬でも忘れさせてくれるルーシーの無邪気な笑顔に何度も救われる。要所で流れるビートルズの音楽、ショーン・ペン、ダコタ・ファニングの演技は必見。また何年後か、実際に父親になったときにでも再見したいと思う作品。今回「ブログ DE ロードショー」で作品を選ばせていただき、再見できたことに感謝致します。ありがとうございました。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

こんにちは☆

>また何年後か、実際に父親になったときにでも再見したいと思う作品。

そうですね、是非そうなさってください。
生まれたばかりではなく、しばらく子育てなさってからね・・・。

ご自身で書かれているように、この映画は、かなり難しい作品だと思います。
立場によって見る方向が180度変わりますものね。
私は、自分なりの立場で鑑賞させていただきました。
こちらこそ、この作品を見る機会を与えて頂き、有難うございました。

**********************************

一等早くのレビューを有難うございました☆
記録にリンクさせていただきますね~!
皆さまの記事を、ゆっくりと、お待ちくださいね~♪
(ご報告:今周ってきましたが、まだどなたも、でした)

こんにちは

実はこの作品は後半が苦手なんですけど(小さい子が夜中出歩くのを許すのが解せない)、あの親子の強い愛情には毎度泣かされます。知能障害だからってわが子への愛情は変わりないですもんね。
ただやっぱり、引き離すというやり方は間違っているとしても、あのまま上手くやっていけるかというと不安です。自分たちだけ一緒にいられればいいのかという気もしますし。
”引き離すのではなく、一緒にいられるようにサポート(ボランティアと同居とか)するべきだ”と、あの里親と一緒に活動していけばいいのになぁと思いました。

今回の再見で、再び感動を味わえましたし、より深く考えさせられました。選んでくださって、ありがとうございます!

>miriさん
こんにちは!
実際に父親になれば、もっとサムの気持ちも理解できると思いますので、しばらくk育てを経験した上で再見できればと思います。
まずはその前にお嫁さんを探さないといけないのですが・・・。

初見時ではあまり感じなかった難しさを痛感させられたような気がします。
立場によっても大きく見解も変わってきますし、現時点での自分自身の立場を踏まえて鑑賞してみました。
この機会にこうして考えさせられる作品を改めて再見でき、本当に良かったと感じています。
ありがとうございました。

今回作品を選ばせていただいたので、レビューを鑑賞後に急いで書きました。
皆様のレビューを楽しみにしています。
コメントありがとうございました。

>宵乃さん
こんにちは!
後半は確かに苦手な方が多いように感じられます。
子供が夜中に一人で出歩くのは危険ですし、そういったシーンを何気なく鑑賞してしまう独身の自分は、まだまだ親の気持ちというものを理解できていない子供のような気もします。
ただ障害があろうがなかろうが、我が子への愛情は変わりないことだけはまだ子供がいなくとも分かりました。

裁判で親子を引き離してしまうのは見ていて心が痛くなってしまいますが、実際に障害のある父親と一緒に二人で暮らしていくには不安を感じてしまいますね。これが正解という答えはないとは思いますが、ラスト近くにサムが里親に対して言ったセリフの「ヘルプ」という言葉に、微かな期待を込めてしまう自分がいました。

今回の再見で感動はもちろんしましたが、深く考えさせられる部分が大きかったです。
こちらこそこういった機会を設けて頂き、本当にありがとうございました。
コメントありがとうございました。

ワールダーさん、はじめまして。
今回参加させていただいた、たまさんと申します。

>そう易々と困難を乗り越えて生きていけるほど、世の中は甘くない

これは私もそう感じましたが、映画としてはよくできた感動作に仕上がっていたと思います。
同じく2度目の鑑賞ですが、今回記事を書くにあたり、まるで印象が変わった作品でもあります。1度目はここまで考えていなかったような・・

突っ込みどころも多かったです(苦笑)

フィクションであり、ビートルズの音楽を使ったりと映画的に面白くつくれていたなと思います。私にはファンタジーに近かったです。

ダコタ・ファニングはかわいかった。彼女の演技は必見ですね。
鑑賞の場をいただき、ありがとうございました。

はじめまして

>たまさん
こんばんは!
「ブログ DE ロードショー」にご参加いただき、ありがとうございます。

現実的ではないようなシーンも多く見受けられましたが、映画的には感動作に仕上がっていたようにボクも感じました。
2度目の鑑賞のようでしたが、初見時とは大きく印象が変わったようですね。
ボクも初見時は何も考えずに観ていたので、今回再見するにあたって深く考えさせられました。

ビートルズの楽曲をうまく使用しており、個人的には楽曲がとても作品に溶け込んでいたように思いました。
ファンタジー的な要素も確かにあったようにも思われます。

ダコタ・ファニングの可愛らしい表情がとても印象的でした。
もちろんあの素晴らしい演技は必見ですね。

お忙しい中、今回は「アイ・アム・サム」鑑賞していただき本当にありがとうございます。

コメントありがとうございました。

こんばんわ

ウチの感想にコメントありがとうございました。
そうですね、実のところ裁判が結審した時点の里親のお家に行くあたりで止めておけば私、結構高評価だったかもと思います。
でも悪い映画じゃないと思いましたよ、ええこれだけは天地神明にかけて(笑)
またよろしくお願いいたします。

>tonboriさん
こんばんは!
裁判が終審した時点までならば、確かにまだキレイな物語で終わっていたかもしれませんね。
今回はあまり好みで無いにもかかわらず、こうして鑑賞しコメントまで頂き本当にありがとうございました。
こちらこそまた宜しくお願いします。

只今、テレビでもやってる最中です....
コメントありがとうございました。
子供のルーシーが、差別や偏見を持たず、父を真っ直ぐに愛する姿に心を打たれました。ルーシーが成長とともに、父親が、一般的な大人と違うと分かっていても、多分差別的待遇も受けてるであろうと思われますが、それでも、父を愛する姿に子供であっても人としての強さを感じました。
感動的な映画を見る機会をありがとうございました。

本当にこの作品はいけんが色々と分かれる作品ですよね(*´∀`*)
人それぞれの考えがあってそれが分かる作品を選んでもらってとても楽しかったりしました(ノ´∀`*)
人の考えと言うのは分からないですから、
こういった映画などでみんなの考えの一端をしれてよかったです(*ノ∀ノ)
良い映画を選んでくださってありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ

鑑賞しました

ワールダーさん、こんにちは。
今回のブログDEロードショーにこの作品を選んでくださってありがとうございました。
私も2回目の鑑賞だったのですが、初回と比べてスッと見れたような気がします。
(ほとんど覚えていなかったのですが・・・。)

>人は誰しも決して一人の力では生きていけないもの。
この言葉に激しく共感いたします。
うちには3人子供がいますが
(ちょうど一番上の子が7歳なんです。)
学校の先生やご近所さん、道ですれ違う名前も知らない人・・・
周囲の方の手助けがなければ、子育てってできないと思ってます。

実は、前回は「ここで終わるの!?」って思ったのですが、
周囲の暖かい愛情に包まれたいい終わり方かも・・・と
今回は思いました。
深くは描かれていませんでしたが、
たぶんサムは養育権を放棄して、面会権を得たのかなぁと思えました。

かえるまま21さん、こんばんは。
ルーシーが父親を普通ではないと感じているシーンがありましたが、それでも父親を誰よりも真っ直ぐに素直な心で想う姿に心打たれました。
子供は正直なので、きっと差別などおもしかしたら受けていたとも思われますが、かえるまま21さんが仰るように、父親を愛する姿は子供であっても人一倍の強さを感じてしまいますね。
こちらこそこの機会に鑑賞していただき、本当にありがとうございました。
コメントありがとうございます。

虫@貯蓄さん、こんばんは。
今回作品を選んでおきながらも、やはりここまでハッキリと意見が分かれてしまうものなのかと思いました。
人それぞれの考えはありますが、こういった機会に皆様の貴重な意見を聴くことができてとても参考になりました。
デリケートな作品にも関わらず、楽しかったと言っていただけると嬉しいです。
鑑賞しコメントまでいただき、本当ににありがとうございました。

マミイさん、こんばんは。
今回は再見していただきありがとうございました。
ほとんど覚えていなかったようですが、初回と比べてスッと見れたようなので、選んだ立場としては少しホッとしています。
まだボクは独身なので子供はいませんが、実際にお子さんを育てていらっしゃる方に共感していただけると嬉しいものです。

ラストに関しては、マミイさんの養育権を放棄して面会権を得たという考えに共感します。
ただ映画の中だけでもハッピーエンドで終わって欲しいという強い気持ちだけはありましたので、やや中途半端であありますがこういった終わり方で良かったように感じました。

コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます!

すっかりコメント書かせて頂くのが
遅れてしまいました…
読ませて頂いたのはずいぶん前だったんですが…(><)

今回の選出お疲れ様でした!
この作品、こんなに賛否両論とは思いませんでした!
さすが、映画を観る眼がダテじゃない方ばかりでしたね。
色んな方のレビュー、おもしろかったです!

ワールダーさんの言うとおり、「あざとい」シーンもあるかもですね…。
私も作り過ぎかなって思うようなシーンがありました。

でも、やっぱり良い映画なんですよね!!
ルーシーとサムを取り巻く環境が温かい。
ルーシーとサムが社会的には弱い存在なれど頑張る姿が美しい。

今回改めて観たことで、考えさせられ、
そして、感動しました!!
選出、ありがとうございました!(^0^)

なるはさん、こんばんは!
わざわざ訪問していただき、ありがとうございます。

選出する際にある程度は覚悟していたのですが、思った以上に賛否両論になり驚きました。
皆さん映画をたくさん鑑賞しておられるようですし、色々な意見が聞けてとても勉強になりました。
あざといシーンはたしかにいくつか見受けられますね・・・。
ルーシーとサムを取り巻く環境や、頑張っている姿がそんああざといシーンを帳消しにしてくれているようにも思えました。

お忙しい中鑑賞してくださり、コメントまでいただき、本当にありがとうございました。

こんばんは。

作品選定、お疲れさまでした。
DVDは期間中に見たんですが、いろいろバタバタしまして、
結局記事が書けずに、今ごろコメントさせて頂きます。

ボクは感動系の映画が苦手なんですが、本作は好きで、
肩肘張らずに楽しめるところが良いと思ってました。
でも皆さんの感想は、予想以上に割れてますね。

自閉症にちょっと興味を持って、本で調べてみたんですが、
知ったところで映画が深く理解できる物でもなく、
「だから何なんだ」という感じになってしまいました(笑)。
でも、いろいろ考えさせられたという点で、
ワールダーさんの今回の選定に感謝しています!

犬塚ケンさん、こんばんは。
お忙しい中鑑賞していただき、ありがとうございました。

感動系の作品が苦手とのことですが、本作を肩肘張らずに楽しめたようでなによりです。
予想以上に今回は賛否両論となってしまいましたが、こういった機会に皆さんの意見が聴けて考えさせられました。

身近に自閉症の子供がいるのですが、ボクも知ったところで深く理解できるものではありませんでした。
ただ犬塚ケンさん同様に、色々と考えさせられたという点で、今回こうして作品を選んで良かったと思っております。

コメントいただきありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/774-234d3196

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。