映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 は行 > ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

2010 - 11/26 [Fri] - 14:22

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」★★★
原題:Harry Potter and the Deathly Hallows: Part I
監督:デビッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、他
hp7_1
ストーリー:17歳に成長し、ホグワーツ魔法魔術学校の最終学年7年生となったハリー(ダニエル・ラドクリフ)。親友のロン(ルパート・グリント)とハーマイオニー(エマ・ワトソン)と共に、宿敵ヴォルデモート卿の魂が宿った分霊箱捜しの旅に出るが、すぐには見つからず、困難な旅の中で仲間割れが起きてしまう。【シネマトゥデイ】

J・K・ローリングの児童小説を映画化した「ハリー・ポッター」シリーズの最終章前編。10年近く続いてきたシリーズですが、未だに原作は読んでいないものの映画は全部観てきました。しかし毎回新作が公開されるたびに思うのが、前回までの内容を全く覚えていないということ…。記憶を呼び覚ます前に、いきなりヴォルデモートの一団に急襲され緊迫したシーンに突入する。こうした物語のおさらいなど全くお構いなく進行していくのは、物語自体に歴史があるからだと感じてしまう。頼みのダンブルドア校長も亡き今、自分たちの手でヴォルデモートの弱点である分霊箱を探すしかない中、魔法省もホグワーツも敵の手に落ちてしまいお先真っ暗の状態。それでも頑張って進んでいく三人を応援したくなってしまうのは、小さな頃から彼らの成長と共に作品を観てきたからだろう。親が子を想うような気持ちで彼らを観ているが、さすがにハリーとハーマイオニーとのキスシーンには戸惑ってしまう。この前編はクライマックスに向けて緊張感や悲壮感が漂っているが、それなりに見せ場なども用意されているので、内容を忘れてしまった人でも物語に入りやすくはなっている。しかし全体的に暗く苦悩に満ちた世界観になっているので、子供向けのファンタジー作品には程遠い存在になっている。誰しもが楽しめるような作品ではないだろうが、最後までこのシリーズを見届けたいと思う人は観ていた方がいいだろうと思う。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 オリジナル・サウンドトラックハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 オリジナル・サウンドトラック
(2010/11/24)
サントラ

商品詳細を見る

こんにちは。

たしか原作は、最終章を一番に書き上げたんですよね?
わたしは原作は「炎のゴブレット」、映画は「不死鳥の騎士団」までしか知りませんが、どんどん暗くなっていって、原作はもう読む気がなくなってしまいました。
それ以上に重そうな最終章・・・それを真っ先に書けてしまう作者のテンションってどんなものだったんでしょう(笑)

ところで、今月も「ブログDEロードショー」を開催いたします。
作品は「ベルリン・天使の詩」 (1987年フランス・西ドイツ、ヴィム・ヴェンダース監督)。選んで下さったのは「シネマ・イラストレイテッド」のmardigrasさんです。

お選びになられた理由は
1・長年観たいと思っていながらなんとなく手が伸びなかったので、この機会にぜひ皆さんとご一緒したいから。
2・これまでイギリス以外のヨーロッパ映画がなかったので、ちょっと目先を変えて。

とのことです。

観賞日は12月17~19日(日)。都合が悪い場合は、後日でも結構です。
よろしかったら、今月もぜひ皆で一緒に映画を楽しみましょうね♪

>宵乃さん
こんばんは。
原作のことは知りませんが、この重い内容からまずはじめに書いたというのは驚きですね。
普通の感覚ならば、こんなにも重い内容は後回しにしてしまいそうです。

今月も「ブログDEロードショー」の告知ありがとうございます。
「ベルリン・天使の詩」を、来週皆さんと一緒に楽しく鑑賞できればと思っています。

コメントありがとうございました。

ちゃお!ワールダーさん

年末年始は映画をよく見てしまって・・・
コレは年末、大雪の中子供と3人で映画館に行き見てきました。
夕方3時・・・お客さん・・・20人ぐらい・・・少なっ!

久々の映画館・・・やっぱいいですねー

さて・・・1作目から見ていた子供も楽しんだようでした
所々は怖かったようですけど(笑

感想?
んー・・・・後編見てからですね

>ちっちくん
ちゃお!

年末年始は映画をたくさん鑑賞されているようですね。
ボクは飲んでばかりで全く観れていません・・・。
そちらで大雪とは珍しいですね。
その中、20人位もいれば多いのではないでしょうか?
ボクはいつももっと少ない中鑑賞していますし。

子供にはやはり怖い部分があるようですね。
最後までパパさんも一緒に子供さんと鑑賞してみてくださいね。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/767-730789f4

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/03│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。