映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画A~Z > PUSH 光と闇の能力者  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PUSH 光と闇の能力者

2010 - 06/29 [Tue] - 15:22

「PUSH 光と闇の能力者」DVD鑑賞★☆
原題:Push
監督:ポール・マクギガン
出演:クリス・エヴァンス、ダコタ・ファニング、カミーラ・ベル、ジャイモン・フンス、他

PUSH 光と闇の能力者 [Blu-ray]PUSH 光と闇の能力者 [Blu-ray]
(2010/05/28)
クリス・エヴァンスカミーラ・ベル

商品詳細を見る

ストーリー:ムーバー(念動力)の能力を持つニック(クリス・エヴァンス)のもとに、ウォッチャー(未来予知力)の能力を持つキャシー(ダコタ・ファニング)が現われる。キャシーはキラ(カミーラ・ベル)という女性を探し出すことを手伝ってほしいと頼むが、彼らは謎の政府機関“ディビジョン”が放った特殊能力者に命を狙われ始める。【シネマトゥデイ】

政府機関に育成され、今まで数々の歴史的な大事件に関わってきた特殊能力者達を描くアクション・サスペンス。あまりにもご都合主義すぎて、ラストまでさっぱり意味が分かりません…。ケネディ暗殺などに関わったということらしいのだが、謎の政府機関の存在自体も多くは語られず、しかもその機関から身を隠して生活しているのが主人公という設定。しかも親世代を通り越して、いきなり第二世代などという突拍子もない設定なので、はじめから大きく物語を理解し難くしているようにしか思えない。冴えない主人公に突然現れた少女が、ある女性を探して欲しいとお願いする。そこから様々な能力を持つ者たちが登場してくるのだが、ムーブ、ウォッチャー、スニフなどなど、次々と詳しい説明などもないまま新たな能力者たちが出てくるので、もうなにがなんだか余計に分からなくなり混乱していくばかり。しかも舞台もなぜか香港なので、もうご都合主義や風変わりを通り越して、一体何を描きたいのか分からなくなっていく。B級SF作品くらいの軽い気持ちで鑑賞してみたのだが、意味不明な部分ばかりが目立つために、なんだかどっと鑑賞後疲れてしまった作品。大人っぽくなったダコタ・ファニングの演技が観れたことが唯一の救いだったのかもしれない。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/749-91c915a1

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。