映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 か行 > 告白  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白

2010 - 06/10 [Thu] - 15:27

「告白」★★★★
監督:中島哲也
出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃、他
告白
ストーリー:とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。【シネマトゥデイ】

2009年の本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラーを映画化した作品。原作では新人作家である湊かなえさんの圧倒的なまでの世界観に魅了されてしまった。原作が大好きだったので、監督がとても苦手な中島哲也監督ということもあり不安だったのだが、今回はいつものポップで独創的な色彩感覚を封印し、音楽を絡め作風にあった色彩感覚で描いている。もしもこれがいつもの派手な色彩ばかりならば、きっと作品に引き込まれるような感覚にはならなかったことだろう。物語はそれぞれの独白によって進行されていく。単純にこのプロットだけを追っていくと、なんとも残酷で救いようのない哀しみに押しつぶされてしまいそうになってしまう。それぞれが告白していく姿は、どこか虚無感が漂う。嘘と真実の境目をまるで瞑想していき、次第に罪の連鎖が加速していき新たな悲劇を生んでしまう。女性教師の復讐劇から始まった負の連鎖は、いつしか人間の命の尊さというものを深く考えさせていく。しかし人間の心の奥深くに潜む憎悪というものを、慈愛に導くのは簡単ではない。モラルのない世界が浸食し、モンスターを次々と生み出す昨今。そんな者たちの心と魂の悲痛な叫びが混沌と響き渡ってきた。松たかこの演技が圧巻であり、原作の世界観とはまた違った世界観を新たに作り出している作品。Radioheadの「Last Flowers」が映像と絶妙にリンクしており、登場人物たちの悲痛な叫びに聞こえてくる…。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

告白 オリジナル・サウンドトラック告白 オリジナル・サウンドトラック
(2010/05/26)
サントラやくしまるえつ&永井聖一

商品詳細を見る

ワールダーさん ちゃお!
興味にある作品です。
うちの子供はまだ小学生だけど・・・数年したらこのこらと同い年になるんですよね・・・
モラルの無い世の中・・・いつからこうなったのか?
見たい反面怖い作品なのかと思う自分がいたり・・・

昔みたいに先生がぶったたいてくれる学校を復活願いたい・・・

>ちっちくん
ちゃお!
ちっちくんの興味ある作品のようですね。
怖いですけど、面白いので時間があれば鑑賞してみてください。
いつからこんなにもモラルのない世の中になったのでしょうね?
昔は近所には怖いおじさんや先生がいたのに、今では先生が生徒を殴ったりしたら大問題になってしまうし・・・。ボクらの時代も普通に殴られていたんですが、もうそういった時代は戻ってこないのでしょうね。

コメンントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/746-8fd1eef1

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。