映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 か行 > グリーン・ゾーン  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン・ゾーン

2010 - 05/16 [Sun] - 21:09

「グリーン・ゾーン」★★★☆
原題:Green Zone
監督:ポール・グリーングラス
キャスト:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、他
greenzone
ストーリー:ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の行方を追う極秘任務に就くが、国防総省の要人によって手掛かりを奪われてしまう。国防総省の動きを不審に思った彼は、同じ疑念を抱いていたCIA調査官ブラウン(ブレンダン・グリーソン)と共闘することに。部隊を離れ単独で調査を開始し、執ような妨害工作に苦しみながらも謎の核心に迫っていく。【シネマトゥデイ】

政治絡みの戦争映画なのだが、それなりにエンタメとしても楽しめる社会性の強い内容となっている。最初から最後まで臨場感溢れる映像を味わえる。手持ちのカメラなので、敵を追撃する際などは激しく画面が揺れ動き、まるで自分自身もその場に居るような感覚にさせられる。特に銃撃戦は緊迫感があり、手に汗握る映像を楽しむことができることだろう。ポール・グリーングラス監督とマット・デイモンのタッグといえば、ジェイソン・ボーンシリーズがある。このシリーズが好きな方には、今回の内容ではやや物足りなさを感じてしまうかもしれない。物語の核心である大量破壊兵器の保持という点が、結末へ向うにつれてなんだかとても馬鹿馬鹿しくもあり呆れてきてしまう部分が強い。大半の人がその真相を知ることになるので、あきらかにそれまでの緊迫感なども大幅に薄れていく。リアリティある映像でとても見応えがあっただけに、このような内容では茶番でしかないように思えてならないのが残念。兵士を欺瞞したような愚かな戦争という感じを、この作中のイラク戦争からひしひしと伝わってくる。ラストである人物がとった行動には驚きもしたが、これも戦争という一言では語れない様々なモノを物語っているのかもしれないと強く感じた。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

オリジナル・サウンドトラック『GREEN ZONE(原題)』オリジナル・サウンドトラック『GREEN ZONE(原題)』
(2010/04/28)
ジョン・パウエル

商品詳細を見る

ワールダーさん ちゃお!

最初この予告見たときあの大量破壊兵器の実際の話かと思っていたけど・・・違うんですね。

ちっとハラハラドキドキして見れそうなのかな?
ボーンシリーズは大好きなので期待したいですね!
また今日も雨・・・

>ちっちくん
ちゃお!
こちらも今日は雨でした・・・。
大量兵器のことに関しては、前政権が全て悪いと言わんばかりの内容になっているので、ある意味面白く政治ネタとして観れるかもしれません。
ボーンシリーズには負けますが、ハラハラドキドキしながら鑑賞できる映像満載になっていますよ!
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/741-f83d7d2f

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。