映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 か行 > きみに読む物語  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみに読む物語

2010 - 05/13 [Thu] - 14:52

「きみに読む物語」DVD鑑賞★★★☆
原題:The Notebook
監督:ニック・カサベテス
出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー、他

きみに読む物語 [Blu-ray]きみに読む物語 [Blu-ray]
(2009/12/18)
ライアン・ゴズリングレイチェル・マクアダムス

商品詳細を見る

ストーリー:家族とひと夏を過ごすためにノース・カロライナにやって来た良家の子女アリー(レイチェル・マクアダムス)は、地元の青年ノア(ライアン・ゴズリング)から熱烈なアプローチを受け、やがて愛し合うようになる。【シネマトゥデイ】

何気に家の掃除をしていたらこのDVDを見付けたので鑑賞してみた。ニコラス・パークスのベストセラー小説を映画化された作品だが、公開当時はなにかと純愛ものの作品が流行していたような記憶がある。普段はあまり毛嫌いしてこういった作風のものは鑑賞しないのだが、この作品は物静かに時間が流れていき、心に沁み渡っていく内容となっている。展開は至ってベタなものといった感じがする、昔からある古典的な身分の違いを超えた恋。若い男女が情熱的に愛し合い、やがて別れが待ち受けている。これだけならば普通としか言いようがないが、今回は意外な結末を用意してくれたので飽きずに最後まで観られる。老人ホームで、老人がアルツハイマーの老女に物語を聞かせる。これが物語のほとんどを占めており、好き嫌いが別れてしまうかもしれない。それでも老人二人の演技が見応えがあり、物語に引き込んでいってくれる。ありがちなお涙ちょうだいものとも違い、ゆっくりと心に届いてくるような感動くらいが個人的にはちょうどいいのかもしれない。永遠の愛などは存在しないのかもしれないが、こうして一人の人間を愛し続けていけたらどんなに幸せなのかと思う半面、大人になるにつれて純粋な気持ちを失いつつある自分に気付いてしまう。少女向けの恋愛ものは耐えられないが、たまにはこういった純愛モノもいいかもしれない。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

おはようございます

この作品は、ダンスの最中に奥さんの状態が突然悪化して、旦那さんの事がわからなくなってしまうシーンが今でも記憶に残っています。あの旦那さんの表情が・・・!
こんな辛い想いを何度も味わいながら、それでも毎日、一瞬でも元の彼女に会えると信じて物語を読み聞かせる姿に感動しました。
こころに染みる純愛物語でしたよね。

>宵乃さん
こんにちは!
ダンスのシーンは印象的でしたね。
一瞬で今までとは違う人になってしまう認知症の怖さというものを感じてしまいました。それでも愛した人を一生思いやり、物語を読み続ける姿は本当に感動的でしたね。それだけ思い続けられる人に巡り合えればいいと思いました。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/739-1db0ec02

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。