映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 あ行 > アリス・イン・ワンダーランド  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリス・イン・ワンダーランド

2010 - 04/20 [Tue] - 23:16

「アリス・イン・ワンダーランド」★★
原題:Alice in Wonderland
監督:ティム・バートン
出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ、他
alice
ストーリー:白ウサギと遭遇したことによって不思議の国へと迷い込んだアリス。そこは、美しくもグロテスクなファンタジーワールドで、トゥィードルダムとトゥィードルディーや、赤の女王とその妹で慈悲深い白い女王たちに出会う。【シネマトゥデイ】

ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」を元に、ディズニーが大金をつぎ込んで制作した3D大作。ただこの作品は、きっと万人向けしない作品だろう…。ティム・バートン監督とジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーターといういつものおきまりメンバーが、不思議の国にも負けないような強烈な個性を描き出している。アリスといえば幼いころに小説を読んだもの。原作に多少は忠実な部分もあったが、年齢設定も大幅に大人にしており、現実のアリスの世界を不思議の国にも反映させている部分が見受けられる。それにしても、いつもながらビジュアルに関しては派手であり、色とりどりの華やかな色使い。ただでさえ3D作品で目が疲れているところに、あの強烈なまでの色彩が一段と目に負担をかけてくる。しかもどうも今回はティム・バートン監督らしくないような感じが非常にしてしまう。善悪がハッキリと描かれており分かりやすいのだろうが、なんだか妙に期待外れというような感覚になってしまう。内容は正直あまり大したことがなく、3D映像だけが目立っているばかり。アリスの成長物語を新たな解釈として描いているのはわかるのだが、あまりにも多くの事象が薄っぺらくしか描かれておらず落胆してしまうばかり。単なる流行りに便乗した3D作品といった感じが強く、ティム・バートンらしさがあまりにも気薄な作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ALiCE IN WONDERLaNDALiCE IN WONDERLaND
(2010/04/14)
サントラ

商品詳細を見る

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/732-4595c74c

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。