映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 か行 > クヒオ大佐  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クヒオ大佐

2010 - 04/01 [Thu] - 22:27

「クヒオ大佐」DVD鑑賞★★★
監督:吉田大八
出演:堺雅人、松雪泰子、満島ひかり、中村優子、新井浩文、児嶋一哉、安藤サクラ、内野聖陽、他

クヒオ大佐 [DVD]クヒオ大佐 [DVD]
(2010/03/26)
堺雅人松雪泰子

商品詳細を見る

ストーリー:1990年代初頭、クヒオ(堺雅人)は、自分はアメリカ軍特殊部隊のパイロットで、エリザベス女王とも血縁関係にあたるなどと吹聴し、次々と女性たちをだましていた。だが、実際彼は純粋な日本人で、華麗な経歴もすべて自ら作り出したものだった。弁当店を営むしのぶ(松雪泰子)も彼の立派な軍服姿にころりとだまされ、懸命にクヒオに尽くすが……。【シネマトゥデイ】

吉田和正原作の「結婚詐欺師 クヒオ大佐」を映画化した作品。バカバカしくてありえないような話なのだが、意外と深い話のような気もするコメディ。純粋な日本人でありながら、片言の日本語に制服のコスプレ。整形のような高い鼻をし、アメリカ人のふりをしているくせに英語が全く話せない詐欺師。そんな男にどうして騙されてしまうのかという疑問だらけだが、あまりに必死なクヒオ大佐を観ていると、そんな答えなどはどうでもよくなってきてしまう。自らをジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐と名乗り、実在した日本人結婚詐欺師が居たことに驚きを隠せないが、男と女には理屈など関係がないときもあるし、自分自身も女性には騙されてばかりなので、こういった話があったとしても不思議ではないのだろう。人は何らかのコンプレックスはきっと持っていることだろう。そんな自分にとっては弱みな部分も、他人からしてみればどうでもないことだったりもする。人は弱い生き物だからこそ、そういったコンプレックスがもたらす影響も多かれ少なかれきっとあるのだろう。それが変な方向へと進み、クヒオ大佐のように自分とは真逆の存在になってしまうのも、また傍から観ている方としては面白いものだ。人を騙すのは良いことではないが、必死になって騙して騙される姿というものは、不謹慎かもしれないが面白いと感じてしまう。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/729-7d79befb

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。