映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ブログ DE ロードショー > スモーク  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スモーク

2010 - 03/30 [Tue] - 20:11

「スモーク」DVD鑑賞★★★★
原題:SMOKE
監督:ウェイン・ワン
出演:ハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート、Jr.ハロルド・ペリノー・ジュニア、ストッカード・チャニング、フォレスト・ウィテカー、他

SMOKE [DVD]SMOKE [DVD]
(2005/03/02)
ハーヴェイ・カイテルウィリアム・ハート

商品詳細を見る

いつもお世話になっているブロ友であるユウ太さんにお誘いいただき、「ブログ DE ロ?ドショ?」に今回初参加させていただきました。普段は新作ばかりを鑑賞しているために、あまり昔の作品を鑑賞する機会がなくなっていた。そんんな中、まだ十代だった頃に観たであろう「スモーク」を再鑑賞。正直当時はあまりこの作品を観ても感動する訳でもなく、なんとなく観ていたという記憶しか残っていない。しかしあれから十数年経って観直してみると、全く違った印象をこの作品から強く受けた。単純にガキだっただけかもしれないが、何気ない日常というものに、ちょっとした幸せを感じられ、嘘のような真実も時として大きな支えになるような気がする。大都会の片隅にたたずむ煙草屋から映し出される繊細な人間描写。どれも普段我々が目にしている光景なのだが、そこから人と人との通い合う心と心が見え隠れしていく。特に大きな展開などもなく、やや退屈な作品と感じてしまうかもしれないが、心にゆっくりと沁み込んでくるような大人のヒューマンドラマ。今の時代、愛煙家の皆さんは肩身の狭いおもいばかりをしているが、全編を通して煙草の煙に巻くような描写に癒しを感じてならない。嘘か誠か分からなくても、ちょっとした支えがあるだけで、人生なんとか生きていけるものだと感じた作品。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

初めまして☆

おはようございます。初めてコメントさせて頂きます。
私は「映画鑑賞の記録」というブログのmiri(みり)と申します。
(ユウ太さんより10歳くらい年上のオバちゃんです)

ユウ太さんの「スモーク再見」の記事の、ワールダーさんが書かれたコメントを読ませて頂きました。
もし宜しかったら、URLにあります「ブログDEロードショー」の記録の記事に、
ワールダーさんのこの記事をリンクさせて頂けないでしょうか?
宜しくお願いいたします。

>嘘か誠か分からなくても、ちょっとした支えがあるだけで、人生なんとか生きていけるものだと感じた作品

仰るとおりですね。
色々な出来事や悲しみはありますが、ちょっとした支えって本当に素晴らしいモノなのですね!

こちらのブログさま、またゆっくりと拝見させて頂きます。
本日は短いですがご挨拶程度で失礼いたします。

>miriさん
はじめましてmiriさん。
今回「ブログDEロードショー」にはじめて参加させていただきましたが、「スモーク」を十数年ぶりに再見でき、本当に良かったと思っています。
記事のリンクの件ですが、このような拙い記事でお恥ずかしいのですが、リンクして頂ければ嬉く思います。

生きていれば色々とありますが、ちょっとした支えがなによりも嬉しく感じられることがあるように思えます。
わざわざご丁寧にコメントいただき、ありがとうございました。

ワ-ルダ-さん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

今回はいきなりの誘いに応えて、快く賛同して下さって本当にありがとうございました。とても嬉しかったです。(^^)

ワ-ルダ-さんのこの記事も流石のレビュ-。いつもながら上手くまとめていらっしゃると思わず唸ってしまいました。

>嘘か誠か分からなくても、ちょっとした支えがあるだけで、人生なんとか生きていけるものだと感じた作品。
この結びも本当にお見事だと思います。

今回、再鑑賞して頂いてワ-ルダ-さんも仰っていますが、ある程度、年をとってから観るのが良い映画なんですね。
自分もまだまだですから、これからまた色んな経験を重ねてから観ると更に味わいが出てくるのだろうと、今後の鑑賞も楽しみな映画だと思います。

それこそ、この作品のオ-ギ-の様に、深くシワを刻んで、煙草の吸い方も もっとさまになってから・・・ ですかね!(^^)


鑑賞して頂いて本当にありがとうございます。(^^)
また宜しかったら是非、ご一緒して下さいね。

>ユウ太さん
こんにちは!
今回はお誘いいただき本当にありがとうございました。
十数年ぶりに再見し、全く違った印象を受けることができました。
やはりこの作品は、ある程度経験を積んでいき、年をとって内面から渋さが滲み出るようになってからのほうが楽しめるのでしょうね。
深く顔にシワを刻みながら、友人とタバコをうまそうに吸う姿が大人の男といった印象を当時も今も感じてしまいました。
拙いレビューですが、褒めていただきありがとうございます。
また是非とも「ブログDEロードショー」に一緒に参加させていただけたら光栄です。
コメントありがとうございました。

はじめまして

「忘却エンドロール」というブログの宵乃です。miriさんのリンク記事からきました。
確かわたしも十代の頃に初めて観た作品で、今回再見してより味わい深いものだと感じました。やはり、年を重ねるごとにこの作品への共感は増すようね。彼らの何気ない日常に心癒されていくうち、自分自身のなんでもない毎日も悪くないと思えてきます。
皆さんも仰っていますが、最後の一文は本当に素敵ですね。
これからもよろしくお願いします。

>宵乃さん
はじめまして宵乃さん。
リンク先からご訪問いただきありがとうございます。
宵乃さんも十代の頃に初めて観られたんですか?
やはりこの作品は、ある程度年を重ねてから再見すると、だいぶ印象が変わってくるものなのですね。
何気ない日常を淡々と描いていますが、そんな何気ない日常こそが大切なんだと感じさせられました。
最後の一文、なんだか褒められると照れてしまいます。
こちらこそこれからも宜しくお願いします。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/728-557c6dbb

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。