映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 は行 > ハゲタカ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハゲタカ

2010 - 01/16 [Sat] - 14:59

「ハゲタカ」DVD鑑賞★★★☆
監督:大友啓史
出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵、他

映画 ハゲタカ(2枚組) [Blu-ray]映画 ハゲタカ(2枚組) [Blu-ray]
(2010/01/15)
大森南朋玉山鉄二

商品詳細を見る

ストーリー:投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そんな鷲津のもとへ盟友・芝野健夫(柴田恭兵)が現われ、日本有数の大手自動車会社を巨大ファンドによる買収の危機から救ってほしいと頼む。【シネマトゥデイ】

2007年にNHKで放送されたドラマ「ハゲタカ」の映画版。ドラマを見ていなかったので、登場人物が多く理解するまで大変。一時期日本でも話題となった企業買収をテーマとした経済ドラマが描かれている。某IT企業社長を筆頭に、企業買収のニュースが数年前に毎日のように流れていた。あれだけ毎日のようにニュースでとり上げられていた方々も、今では裁判のときなどにしかその名を聞かなくなってしまった。物語の時間も流れており、リーマン・ショック以後の世界不況を反映している。中国系ファンドと日本の自動車メーカーの買収劇をめぐって、ハゲタカの異名を持つ天才ファンドマネージャー鷲津政彦と、敵対する赤いハゲタカこと残留日本人孤児三世の劉一華の壮絶なマネーゲーム。株などにはあまり興味がなく、少々マジメすぎるような印象が強かったが、あまり経済に詳しくないボクでもある程度は楽しめた。しかしお金に振り回されて善悪の区別もなく、ただ数字としての金額に踊らされ悲劇だけが生まれてくるのは、正直あまり観ていて気持ちのいいものではない。中国を悪役に仕立てて、派遣や企業倒産なども描かれてはいるが、どうも一昔のお話といった印象しか残らないのが残念。それに加えて、玉山鉄二演じる劉一華が悪役で光っていたのに、あのラストはちょっといただけない。全体的にお堅いイメージばかりだったので、個人的にはもう少しユーモアを取り入れて欲しかったと思う。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/703-cbe14c02

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。