映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 作家 や・ら・わ行 > 横道世之介  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横道世之介

2009 - 11/27 [Fri] - 20:02

吉田修一(著) 「横道世之介」★★★★☆

横道世之介横道世之介
(2009/09/16)
吉田 修一

商品詳細を見る

なんにもなかった。だけどなんだか楽しかった。懐かしい時間。愛しい人々。吉田修一が描く、風薫る80年代青春群像。

大学入学で、長崎から東京へ上京してきた横道世之介の春夏秋冬一年間を描いた物語。80年代とちょっと今とは違いギャップを感じてしまう部分も多々あるのだが、昔も今も何処にでもいるような平凡な主人公である横道世之介という人物が、読み進めていくうちにどんどん愛おしく感じてきてしまう。のんきでいてちょっとお調子者。それでいて人懐っこくて愛敬もある。そして意味もなく前向きでいて不器用な世之介。そんな彼のなんの変哲もなく、特に大きな事件などもない大学生活。上京してはじめての一人暮らしをし、大学で知り合った友人達。サークルにバイトなど、誰でも経験するような出来事に懐かしさすら感じてきてしまう。ダラダラとした日々も時にはあるのだが、なんだか無性にイエスと言い続け生きている彼の生活が微笑ましく思えてならない。20年後の登場人物たちの今も垣間見れ、当時の懐かしさばかりではなく、人生についても色々と考えさせられるものが多い。横道世之介という男の愛おしい記憶の数々に笑顔にさせられてしまう。もう戻らない日々だけに、あの頃がとても懐かしく感じられる。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/690-b0b369d7

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。