映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 や・ら・わ行 > 路上のソリスト  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路上のソリスト

2009 - 11/11 [Wed] - 17:56

「路上のソリスト」DVD鑑賞★★★
原題:The Soloist
監督:ジョー・ライト
製作:アメリカ、2009年
出演:ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニーJr.、キャサリン・キーナー、トム・ホランダー、リサ・ゲイ・ハミルトン、他

路上のソリスト [DVD]路上のソリスト [DVD]
(2009/10/23)
ジェイミー・フォックスロバート・ダウニーJr

商品詳細を見る

バイオリンを演奏する路上生活者のナサニエル(ジェイミー・フォックス)に出会ったロサンゼルス・タイムズの記者ロペス(ロバート・ダウニー・Jr)。かつてジュリアード音楽院に在籍し、チェロを演奏していたというナサニエルに興味を抱いたロペスは、ナサニエルの人生について調べ始め、連載コラムの題材にしようとする。【シネマトゥデイ】

仕事と人生に行き詰っていた有名コラムニストが、ある日路上生活を送るホームレスが奏でるバイオリンの音色に魅了される。彼はたった2弦しかないヴァイオリンを奏で、人生に行き詰っていた彼の心に一時の安らぎと感動を与える。路上生活者であるナサニエルに出会い、将来有望視されていた彼の天才的な音楽の才能がネタになると思い、彼の人生をコラムにしていく。偶然出会ったホームレスからネタが出来、ある意味利用したようにも感じられるのが不愉快なのだが、記者であるロペスは次第に仕事という枠を超えて彼に手を差し伸べようとしていく。しかしナサニエルの取材を進めていくうちに、彼が将来を嘱望されたチェロ奏者であり、ジュリアード音楽院の学生だった事を知る。そんな彼がなぜ路上生活を送り、たった一人路上で音楽だけは捨てずに生きているのかを知っていく。彼は統合失調症患者であり精神不安定な状態。だからこそ彼を助けたいと強く思ったのかもしれない。しかしこれは見方によっては単なる偽善者のようにも見え、相手からしてみれば余計なおせっかいなのではないかとも見えてしまう。赤の他人だからこそどこまで手を差し伸べていいのか難しいところだが、そんな微妙な関係を二人の演技から垣間見れた。特に統合失調症で不安定さを表現したジェイミー・フォックスの演技には脱帽。こうした素晴らしい演技がなければ、単なる感動の安売りにしかボクには感じられなかったことだろう。実話が基になっており、色々な問題提起されているきわどい内容だが、決して共感しない二人の微妙な関係を観れる作品。個人的にはあまり好きにはなれそうにない。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/684-2119e400

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。