映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 作家 あ行 > プリズン・トリック  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズン・トリック

2009 - 11/04 [Wed] - 16:28

遠藤武文(著) 「プリズン・トリック」★★

プリズン・トリックプリズン・トリック
(2009/08/07)
遠藤 武文

商品詳細を見る
交通刑務所で発見された前へ倣え姿の遺体。現場は密室——逃走した受刑者を追う県警が知る意外な事実とは…。

第55回江戸川乱歩賞受賞作。タイトルに惹かれて購入してみたが、久しぶりに読むのに時間がかかってしまった一冊。刑務所内での密室殺人という本格的なミステリーを味わえ、トリックも巧妙にできており関心させられるのだが、果たしてこのトリックはアリなの?という素朴な疑問が読み終わって率直に感じた。帯書きには、読み落としていい箇所はラスト一行までどこにもない。あなたは絶対に鉄壁のトリックを見破れない。そして必ず、二度読むと書かれてはいるが、正直この小説をまた一から読み返したいとは絶対に思わないだろう。そう感じてしまうのは構成がどうも決定的に悪すぎる。しかも登場人物たちが誰一人として存在感がなく、似たような名前ばかりなので誰が誰なのかが理解しにくくページをめくる気が段々と薄れていき、読む気力すらなくなっていく。そうして日にちを空けてしまうと余計に登場人物たちを忘れてしまい、半ばやけくそな気持ちで読んでしまう。悪循環のためにより一層興味が薄れていくので、いくら優れているトリックだろうが無意味なことでしかなくなる。あまりにも荒削りで話の内容や視点が変わりすぎるために、面白さが伝わってこなかった作品。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/680-4e687850

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。