映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 さ行 > さまよう刃  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまよう刃

2009 - 10/12 [Mon] - 22:40

「さまよう刃」★★★☆
監督:益子昌一
製作:日本、2009年
出演:寺尾聰、竹野内豊、伊東四朗、長谷川初範、木下ほうか、池内万作、岡田亮輔、酒井美紀、佐藤貴広、黒田耕平、山谷初男、他
yaiba
最愛の娘を、何者かに強姦され殺された長峰。進展しない捜査状況に苛立ち、失意のどん底にいた彼は、ある日、留守電に残っていた謎の密告から、犯人の少年を知ってしまう。彼は、自らの手で犯人を裁こうと行動に出る。【MovieWalker】

遺族の復讐と少年犯罪をテーマにした内容というなんとも重苦しい空気が漂う作品。原作者である東野圭吾の作品の中でも問題作と位置づけられている作品なだけに、どういった風に映画化されるのか興味があった。原作を読んだときには暫くの間考えさせられた。時間が経った今現在でも、果たして主人公の長峰がとった行動が正しいのか分からない。たった一人の愛娘をクスリを使われ強姦され、挙句の果てには殺害されたら、きっと世の中の父親は長峰と同じことを考えてしまうと思う。こればかりは実際に娘を持つ父親しか分からないかもしれないが、原作同様に今回映画を観た後にもやはり犯人を殺してやりたいと思った。少年達の卑劣な犯罪の数々は減るどころか増える一方。少年法に守られている彼らは、数年すれば檻から放たれ普通の生活に戻っていく。犯罪を犯した少年達もいつか親になり子供を儲けたときに、被害者の親の心の痛みや行き場のない怒りが分かるのだろうか?いつか気付き反省したとしても失った命は二度と戻ってはこない。最近ではある事件の被告である元少年側が地裁に出版差し止めを求める仮処分を申し立てたらしいが、人を殺しておきながら自分の人権を主張することにどうも違和感を覚えてしまう。とても重く深いテーマだが、寺尾聰の演技が秀逸。静かな演技からは決して消えることなく癒されることのない怒りや憎しみが滲み出ていた。テーマが思いのだが少し軽く観えてしまったのが気になる。観る側に問題提議しており重い内容だったが、考えてもなかなか答えが出ない…。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ワールダーさん ちゃお!

子を持つ親なら多分みんな同じだと思います。
でも復讐をしたらその子の親から・・・

難しい・・・。

刑罰がおかしいですよね。日本って・・・
何かしたらコレ以下・・・いくら以下・・・
最低これから・・・ではないですもんね。
だから捕まってもこれ以下の刑罰だし・・・って、思っちゃうのかな?
酒気帯び運転したら最低ん十万円からとか?

今回の問題に関して答えは無いですね。多分・・・

>ちっちくん
ちゃお!
やはり子を持つ親ならば皆さん同じなんでしょうね。
復習したらその子の親からも・・・。確かに負の連鎖が止まらなくなり、怒りの矛先が違う人へと向けられてしまうと考えると怖ろしいです。
日本の刑罰はどう考えても矛盾しているようにしか思えません。何が一体正義なのか、法と感情の間で心が揺れ動かされてしまうばかりです。
この問題に関しては、答えというものがないんでしょうね。
重い作品にコメントありがとうございました。

こんにちは!
正直、この作品をまた思い出すと居た堪れない気持ちに
なりますね(==;
昔も無差別的、狂気じみた殺人理由はあったかもしれませんが、
相手を憎む程、嫌な思いをさせられたので、止むなく殺める。。
という理由なら、情状酌量の余地もあり、更に深く反省する気持ちがあれば、少年保護法で救われても仕方がない・・と思うのですが、自分勝手な理由で、人間の尊厳も無視し、虫けらのように弄び、死んだから捨てる。。そんな人間以下の考えを持った少年達をそのまま許してしまう刑法には、断固として反発したいですね。
裁判官や、警察が立会の元、
遺族は容疑者に仇討が出来る法律が出来ないものかしらと
本気で考えてしまいます。
非常に重いテーマでしたが、さすがに寺尾さんの演技は、
うならせてくれますね。最後に大写しになった彼の顔と、
しっかり少年の襟元を掴んで離さなかった手に、憤りを感じました。。

それでは、応援凸
また、お邪魔しますね^^


>ぴーちさん
こんにちは!
実際にお年頃の娘さんを持つぴーちさんとしては、この作品を思い出すと堪れない気持ちになってしまうようですね。
確かに昔も無差別的な犯行や狂気染みた殺人の数々がありましたが、近年はあまりにも人間以下としか思えないような犯行の数々が多すぎるように感じています。今回のような残虐極まりなく、人間の尊厳を損なうような犯行は少年だろうが極刑にするしかないように思います。
法律と人間の感情は違えども、なにか法というものが大きな壁にしか思えてなりませんね。
寺尾さんの演技はさすがでしたが、ラストのあの行動は個人的には逃げのように思えてなりませんでした。
重いテーマでしたが、応援、コメントして頂きありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/675-2a66c406

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。