映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画A~Z > BALLAD 名もなき恋のうた  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BALLAD 名もなき恋のうた

2009 - 09/06 [Sun] - 17:22

「BALLAD 名もなき恋のうた」★★★
監督:山崎貴
製作:日本、2009年
出演:草剛、新垣結衣、夏川結衣、筒井道隆、武井証、大沢たかお、吹越満、斉藤由貴、吉武怜朗、中村敦夫、波岡一喜、菅田俊、他
ballad
春日の国の侍・又兵衛は危ういところを真一という少年に助けられる。未来から来たという彼の面倒を見るうちに、2人の間には奇妙な絆が生まれる。その頃、姫との縁談を断られた北関東の大名が春日に攻め入ろうとしていた。【MovieWalker】

クレヨンしんちゃんの劇場版の中でも名作といわれている「『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を原案としてリメイクされた作品。原作は観ていないのでわからないのだが、やはりこういった作品は原作とは別物として観たほうがいいように感じられる。真一という少年が現代から戦国時代へとタイムスリップして、一人の侍とお姫様の悲恋を目の当たりにし成長していく姿を描いている。タイトルにあるBALLADという言葉は音楽などで目にすることが多い。このBALLADと付くものには必ずといっていいほど悲劇が待ち受けている。そういった事を考えてみると、この作品のタイトルとしては合っている。まずクレヨンしんちゃんといえばお下品なギャグなどが連想されてしまうのだが、そういったモノが作品には全くない。戦などでも通常ならば激しい流血シーンなどもあるものだが、そういったモノを一切排除したことによって安心して家族皆で楽しめるSF時代劇となっている。しかし見方を変えると、そういったモノを排除したために物足りなさも生じてきてしまう。毒がなくなってしまうと、クレヨンしんちゃんではなくなってしまうが、そこは冒頭でも説明したように別物として観るしかない。出演者の演技もお世辞にも上手と褒められるものではないが、新垣結衣が演じる廉姫が予想以上に好感が持てた。いつの世も大切な人を守るという姿は変わらないもの。リアリティには欠けている部分が多いが、期待しなければそれなりにVFXの技術は楽しめる作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

BALLAD 名もなき恋のうた オリジナル・サウンドトラックBALLAD 名もなき恋のうた オリジナル・サウンドトラック
(2009/09/02)
サントラ

商品詳細を見る

ワールダーさん ちゃお!

全くの別物なんですね。 あの男の子が実際にしんちゃんのギャグをするかと思っていました。

なんとなく時代劇の似合わない方々ですし・・・どちらかと言うとまだ現代の方が良かったのかな?
まー子供が見れる時代劇って事で・・・ですかね?

絶対TVでを待ちます。

また台風来てるけど・・・大丈夫かな?

>ちっちくん
ちゃお!
アニメの実写ですが、これは全くの別物として鑑賞するほうがいいと思います。真一君はしんちゃんとは違ってお上品な子でしたし、ギャグなどは全くしませんでした。時代劇の似合うようなキャストではないですが、親子揃って安心して観れるという点はあると思います。ガッキーは可愛かったです。
台風は太平洋にそれていくようですし大丈夫だと思いますよ。
コメントありがとうございました。

こんばんは!

仰る通り、バラッドは突然悲劇が訪れるという意味では
表題通りですよね。確か、せっちゃんの歌に「歌うたいのバラッド」
なんて言う曲がありますね~^^
しんちゃんアニメは2回程鑑賞してますが、アニメはさすがにしんちゃんの毒気満載で、いかにも・・・という作品でしたが、しんちゃん作品の中では、この作品は正統派というか、こんな感動作、新ちゃん映画には贅沢過ぎるんじゃないかと思ったくらいでしたw
さすがに実写にすると、しんちゃんの時とは趣向が違い、家族で楽しめる娯楽時代劇に格上げされていました^^
こういう純愛作品、たまにみると心が清められますよね~?
ワールダーさんw?
草なぎ君も、いい役者ぶりを発揮してました♪
それでは、応援凸
また、お邪魔しますね!!

>ぴーちさん
こんにちは!
悲恋の物語でしたし、バラッドというタイトルはピッタリでしたね。
それからせっチャンの「歌うたいのバラッド」は大好きな曲です。酔っ払うとついつい歌ってしまう曲でもあります(笑)
ぴーちさんは原作のクレしんも鑑賞済みだったようですね。昔は単行本なども持っていましたが、最近ではマンガやアニメをあまり観なくなってしまいました。昔観たイメージだと、なぜかしんちゃん作品には感動する部分が多かったように覚えています。今回は家族で楽しめる時代劇としては合格点だったのかもしれませんね?
純愛映画を観なくても、ボクはいつも純愛で一途ですが悲恋です。。。
草君の復帰で無事に公開されて良かったですね。
応援、コメントありがとうございました。

おはようございます~!

この映画、公開前から宣伝がすごかったですね~!
テレビを付ける度に主演のお二人が出ていて、いくらがッキーが可愛いとはいえお腹いっぱいになっちゃって、映画はもう良いや~って気分です。

ガッキーと言えば、先日「フレフレ少女」を観ました。
あまり期待していなかったのですが、思いがけず楽しめました♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ナボさん
こんにちは!
公開前から宣伝もすごかったですが、その前の草君事件のほうが個人的にはもっと驚いてしまいましたw
出演者は各メディアに引っ張りだこでしたし、お腹いっぱいになっちゃいますよね。でもガッキーのお姫様は予想以上によかったのでもうけものでした。
フレフレ少女は観ていないのですが、勝手にガッキーのガクランコスプレ青春映画というイメージが強くあります。ナボさんは意外にも楽しめたようですね。
コメントありがとうございました。

>秘密コメさん
後程ご連絡致します。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/665-0ba34fe8

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。