映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 か行 > コレラの時代の愛  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレラの時代の愛

2009 - 07/28 [Tue] - 23:49

「コレラの時代の愛」DVD鑑賞★★★
原題:Love in the Time of Cholera
監督:マイク・ニューウェル
製作:アメリカ、2007年
主演:ハビエル・バルデム、ジョバンナ・メッツォジョルノ、ベンジャミン・ブラット、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ローラ・ハリング、リーブ・シュライバー、ジョン・レグイザモ、他
cholera
貧しい電報配達員のフロレンティーノは、裕福な商人の娘フェルミーナに一目ぼれ。一度はプロポーズに成功するが、彼女の父親によって2人は離ればなれに。遠く離れても恋の電報を送り続けるが、彼女に結婚話がもちかかる。【MovieWalker】

ノーベル文学賞作家であるガルシア=マルケスの同名の原作を映画化した作品。たった一人の女性に愛を永遠に誓った男を、主演のハビエル・バルデムがとてもキモいのだが、なぜかとても少年のようなピュアな瞳で熱演している。一目惚れした美しい女性を半世紀以上も愛し続ける男。半世紀もまだ生きていないので、どれ程長く辛い日々かは全く想像できない。しかしこの男は心は純潔を貫き通すと誓いながら、肉体関係を持った女性の数は622人。コレラの前に、よく性病に感染しなかったのかと不思議に思うほどの莫大な経験人数。昔コレラは不治の病と恐れられていた病気だが、恋の病は未だに特効薬すらみつからぬ不治の病であろう。手紙だけで情熱的な若い恋を育んだ二人だが、あっさりと娘の父親に関係を引き裂かれてしまい、娘は他の男と結婚してしまう。そしてその愛する女性が夫を亡くすまでの51年9か月と4日をひたすら待ち続け、夫が亡くなった日にプロポーズするという無神経ぶり。正直ここまでの内容からして、一体何処が純愛なのかと疑問に感じてしまうのだが、そこはややロマコメ要素を取り入れたからだろうと無理矢理納得させてしまう自分がいる。恋文で幻想を抱き、一生その女性に対する幻想を抱き続ける姿勢は、大人になるにつれて失われていくモノ。いつまでも初恋を忘れずに一途さを表現したハビエル・バルデムの演技は、次第に純愛物語なのだと感じさせてくれるものがある。しかし70代同士のベットシーンはちょっと抵抗がありすぎました…。生涯愛し続けられる女性はなかなか現れるわけではないが、なるべくならば半世紀以上も待つのは避けたいものです。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ワールダーさん 梅雨明けしないですね!

さて、始めはなんて珍しい純粋な男と思っていたら・・・622人・・・病気ですね。うらやましいけど・・・(ホンネ?

多分簡単に出来たから手に入らない女性が欲しくなるのか・・・
でもその女性がその事を知ったら・・・
過去は気にしないといいますが・・・皆さん気になるようでして・・・
本音と建前は別のようでして・・・ハイ。。。

やはり過去は余り言わないほうがよろしいかと?
別に何かあったわけではないですけどね・・・オーホホホホッ・・・ゴホッゴホッ・・・


で、どんなに綺麗な映画でも高齢者のベットシーンは・・・ご遠慮願います。

>ちっちくん
ちゃお!
なかなか今年は梅雨明けしませんね。
純粋な人ほど、一度欲求を満たされてしまうと歯止めがきかなくなってしまうことが多いんですかね?
過去はやはり気になるものですが、本音と建前は違うようですし、あまり余計なことは口走らないほうがいいようですね。そうしないとちっちくんのように痛い目にあってしまいますからw
綺麗な作品だろうと、いくら純粋だろうとも、70歳同士のベットシーンは勘弁してほしいです。
コメントありがとうございました。

お待たせしました~(笑)
やっと鑑賞しました~♪

純愛ものとばかり思って鑑賞してしまった私がバカでした(TT)
その前にハビエル作品にはしっかり予防線を張っておくべきでしたが、
見事に嫌な泥沼劇に足を取られてしまいました(><)
まあ、相手の女性が結婚してしまったのだから、
こちらも違う女性と結婚して。。。それぞれの連れ合いが
居なくなった時に、お互いが歩み寄って・・なんていうのなら・・
あ、これじゃ、映画としては、面白みのない話になっちゃうね、やぱり・・。
純粋でありながら、かなりのアブノーマル作品。
ハビエルは裸になるのがお好きなようで、脱いでもキレイ?な
体を存分にアピールしまくってますよね(^^A
ぺネロぺさんと今だに破局は無いんでしたっけ?
いくら映画の中とは言え、あれだけの女性とのシーンを見たら、吐き気がして来ます。。(私がぺネロぺだったらww)
それでは、応援凸
また、お邪魔しま~す!

>ぴーちさん
こんにちは!
バビエル好きのぴーちさんが鑑賞されるのを待っていましたよ。
純愛モノだと思って鑑賞されたのですか?バビエルさんに限って、そんな普通の作品や役柄ではないと思いつつボクは鑑賞しました。ぴーちさんが仰るのもわかるのですが、あまりにも普通のストーリーになりすぎて映画的にはあまり面白味はないかもしれませんね。やはりバビエルさんには何かアブノーマルで危険なニオイのするものを求めてしまいます。
ペネロペとは元サヤに戻ったようで、最近ではペネロペ妊娠説などがあったような???吐気を我慢しながら、これからもバビエル作品を観賞していってくださいね。
応援、コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/650-d7768c2c

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。