映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 あ行 > 青い鳥  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い鳥

2009 - 07/25 [Sat] - 11:34

「青い鳥」DVD鑑賞★★★★☆
監督:中西健二
製作:日本、2008年
出演:阿部寛、本郷奏多、伊藤歩、重松収、太賀、鈴木達也、荒井萌、篠原愛実、他

青い鳥 [DVD]青い鳥 [DVD]
(2009/07/24)
阿部 寛本郷奏多

商品詳細を見る
前学期に野口という男子生徒がいじめを苦に自殺未遂を起こした中学校に、村内という臨時教師が赴任する。村内はすでに転校した野口の机を教室に戻し、生徒たちを激しく動揺させ、その事は教師や保護者たちの間でも問題に。【MovieWalker】

重松清の同名連作短編集の中の作品を映画化した作品。吃音症の臨時教師と生徒たちの葛藤と心の交流を描き、現代の深刻なイジメ問題について描いていく人間ドラマ。いじめによって自殺未遂のあった中学校を舞台に、臨時派遣教師としてきた村内。彼は吃音症というハンディキャップを持ちながらも、本気の言葉を生徒達に投げかける。本気の言葉を本気の気持ちで聞いて欲しいという彼の熱意は、はじめは生徒達には届かなく、クスクスと笑い声が起きるような有り様。自殺未遂などなかったかのように、平穏に新学期を迎えている生徒達。そんな生徒達に、「忘れるなんて、ひきょうだな」と言い放ち、野口の机を元の場所に戻させて、毎朝無人の机に向って挨拶し続ける村内。生徒達にとっては罰を与えられているような気持ちになってしまうのは理解できる。いじめ問題を反省し、過去と決別しようとしている学校全体の雰囲気の中、彼の行動が学校全体に動揺を誘っていく。人間忘れることができるから生きていけるものだと思うが、絶対に忘れてはいけないこともある。大人のご都合主義ともいえる体裁振った態度を見慣れてきた生徒達にとっては、村内は得体の知れない人間であり恐怖すら感じてしまうもの。吃音症であり滅多に口を開かない村内の真意は明らかにはされていないのだが、彼の一つ一つの行動にはなんらかの意味があるのだと気付かされる。本気の言葉を投げかけることによって、一番大切なこととは何かを伝えたいという想いが、不器用ながらも阿部寛の演技からひしひしと伝わってきた。一方、一度だけいじめに加担してしまった園部役の本郷奏多の演技も素晴らしい。一番演技力が必要な生徒役なのだが、14歳のナイーブな感性を見事に表現している。この作品で最も素晴らしいと感じるのは、リアリティある生徒達の演技。個々が特別演技力があるわけでもないが、それぞれの視線一つや何気ない表情から個性を感じられる。寡黙な教師の姿から、観る者に対して強く何かを訴え、心にとても響いてくる作品。いじめ問題という重いテーマだが、昔の14歳の頃の自分を重なり合わせて考えさせられた。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

こんにちは!
阿部寛さんの演じる役はどれもいいですよね。大好きな役者さんです。
この映画(DVD)そのものを知らなかったので見てみたくなりました。
重松清さんの作品もいいですしね。
「きよしこ」という小説では吃音で言葉少ない少年が不器用ながらも
少しずつ成長していく、心温まる物語で、「言葉」以外でも伝えられる
ことがあるんだなって思いました。
この映画でもきっとそうなんでしょうね。
原作のよさをそのまま引き出すには役者の演技も重要ですよね。
問題提起型の作品も幅広くいろんな人に考えてもらういい機会に
なるんでしょうね。

ワールダーさん ちゃお!

今のいじめって・・・あまりにも陰湿的な・・・じゃあ違ったらいいのか?違いますね。

まだうちの子は小さいので・・・あとちょっとなんですよね。その年頃になるのは・・・

うちは大丈夫・・・と、思いたくは無いですね。どこでもありうることだし・・・

先日TV見ていて・・・あの、沖縄で逮捕された・・・
容疑者が車で連行されてきたときの・・・報道関係の方かな?かなりひどい言葉を言われていて・・・大人も子供を叱れないじゃん。 あの言葉じゃ・・・

>yaccoさん
こんばんは!
そちらは大雨のようで被害も出ているようですが大丈夫ですか?
阿部ちゃんの作品はハズレがあまりなく、どの役柄もそつなくこなしていて安心して観ていられる役者さんだと思います。原作は未読だったのですが、阿部ちゃん主演なので今回観てみました。
「きよしこ」も未読なのですが、なかなかいい作品のようですね。重松さんの作品は心温まるお話が多いですし、好きな作家さんです。
もちろん原作の良さを引き出すには役者の力量も必要となってきますが、脚本などの内容が一番だと感じます。問題提起型の作品も多くありますが、こういった良い作品は多くの方に鑑賞してもらい、何かを感じ取って欲しいものです。yaccoさんも機会があれば是非鑑賞してみてくださいね。
コメントありがとうございました。


>ちっちくん
ちゃお!
今のいじめは陰湿だと聞いたことがありますが、大人の世界のほうがはるかに陰湿だと思います。違っても問題ありますし、根本的にいじめがなくなればいいのでしょうが、それもまた難しい問題だと思います。
子供を持つ親としては心配ですよね。もしもいじめがあっても、良き友人や良き先生が周りにいてくれれば違うでしょうし、きっとボクも親になればちっちくんの今の気持ちがわかってくるのでしょうね。
あの沖縄で最近逮捕されたあの男性の話ですね?報道関係者も近頃では酷い言葉などを平気で語っている場面をテレビを通じて目撃するようになってきました。あれじゃ確かに言葉を伝える立場としては問題があると思います。
コメントありがとうございました。

おっと!ドッキリ☆
先ほどまで、鑑賞していた作品です!
阿部ちゃん好きなので、レンタルしてきました!
感想はまだ、書いていないので、
読まずにまた、来ます!
では、書いたら、また、コメントに伺いますね^^
応援凸

>ぴーちさん
こんにちは!
タイミング良かったのか悪かったのか、先程まで鑑賞されていたようですね。
阿部ちゃん好きのぴーちさんが、この作品をどのように評価するのか楽しみにしていますね。
レビュー書き終わりましたら、また覗いてみてくださいね。
応援、コメントありがとうございました。

こんばんは!
昨日レビューを書き終えたので読ませていただきました^^
いやいや、ワールダーさんの記事、素晴らしいですv-424
この作品、実は家族で鑑賞しました。
娘は丁度中学生ということもあり、自分のクラスと重ねて
見入っていました。たまたまこの作品と同様の事件があったばかりでしたので、よりリアルに鑑賞させていただきました。
事件に関わったクラス全体が、この事件を風化させてはいけないと諭す村内先生の心情が本編から、痛いほど伝わってきましたね。
そういえば、村内先生、屋上で一枚のクラス写真を眺めて
いましたが、やはり以前に同じように事件で生徒を亡くした経験があったのでしょうかね・・。
園部役の男の子も、迫真の演技でしたね^^
それでは、応援凸

>ぴーちさん
こんばんは!
記事を褒めて頂きありがとうございます。
ぴーちさんは家族でこの作品を観賞されたようですね。娘さんが中学生ですと、ちょうどこの作品のクラスと同年代ですし、何か感じる部分は大きかったのではないでしょうか?しかも同様の事件があったようですし、鑑賞中はきっと複雑な心境だったのではないかと思います。
村内先生の寡黙ではありますが、一つ一つの動作などから伝わってくるものがとても大きかったように感じられました。屋上でクラスの写真を見つめる姿はどこか寂しげでしたし、きっとイジメが過去にあったのかもしれませんね。
本郷奏多君のナイーブな演技も良かったと思います。
応援、コメントありがとうございました。

これはじめて知りました!
小規模でしか上映されなかったんでしょうか?
本郷奏多くんはよくいるキラッキラのアイドル俳優と違って、どこか陰を持った雰囲気ですよね!

>ポニー♂さん
こんにちは!
確か公開中はあまり大々的に宣伝などはされていなかったと思います。
ボクの地域でもミニシアター系で公開されていましたし、小規模で公開されていたんでしょうね。
ポニー♂さんの仰るように、本郷奏多君にはどこか陰を持った雰囲気はありますね。そういった部分が今回の役柄では大いに見え隠れしていました。
コメントありがとうございました。

ワ-ルダ-さん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

この作品、自分もやっと鑑賞出来ました。

いじめ問題という難しいテ-マでしたがそれだけではなく、色々なものを取り上げて静かに訴えてきた作品でしたね。

吃音で上手くしゃべれない教師の台詞は少ないが、一つ一つの言葉が深く、力強い言葉として色んな事を考えさせられました。
またそうした教師の視点で、映像によるメッセ-ジも優れていた作品だと自分は感じました。


また、生徒たちも凄く良かったと思います。複雑なクラスの雰囲気を上手く出していて作品に深みを持たせていたと思います。

これも多くの人に観てもらいたい作品ですね。

ワ-ルダ-さんのレビュ-も参考にさせて頂き鑑賞する事が出来ました。本当にありがとうございます。(^^)

>ユウ太さん
こんばんは!
ユウ太さんも鑑賞されたようですね。
いじめ問題という難しい問題なだけに、どのような形でアプローチしていくのか興味深く鑑賞しました。吃音の教師という設定だけに、物静かではありますが一つ一つの仕草や行動から考えさせられるものが多かったように感じられました。教師だか上から目線ではなく、生徒達と同じ目線で鑑賞する側もメッセージが伝わる内容でしたね。
生徒達の演技はお世辞にも上手ではなかったのですが、ぎこちない演技と先生のぎこちない言葉が妙に溶け合い雰囲気を出していたよにも感じました。
ボクのレビューが少しでも参考になり、ユウ太さんがこの作品に興味を持ち鑑賞してくれたのならば嬉しい限りです。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/649-afc58dad

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。