映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 ま行 > MW -ムウ-  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MW -ムウ-

2009 - 07/05 [Sun] - 13:23

「MW -ムウ-」★★
監督:岩本仁志
製作:日本、2009年
出演:玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ、風間トオル、石田ゆり子、石橋凌、他
mw
16年前にとある島で起きた虐殺事件の生き残りである結城と賀来。神父となった賀来は、エリート銀行員という仮面を被り、凶悪犯罪を重ねる結城の犯行を阻もうとするも翻ろうされる。そして遂に結城は世界を滅ぼそうとする。【MovieWalker】

手塚治虫生誕80周年である2009年、未だに愛され続けられている手塚作品。そんな彼の作品の中でも、異彩を放つ禁断の作品とされているのが今回映画化された「MW?ムウ?」。原作は未読なのだが、映画を観た限りでは何処が禁断の問題作なのかが全く理解できないようなお粗末な演出に頭を悩ませてしまうばかり…。手塚作品といえば、深いテーマが作中に存在し、様々なメッセージが込められているという印象が強い。今回のムウでも、原罪を問うという部分を作品から強く感じられる。しかしいくらテーマが存在していても、最終的には演出の良し悪しで全ては変わってしまうもの。冒頭から玉木宏演じる結城美智雄の冷酷な殺人鬼という一面を描きすぎているために、中盤以降から作品が持っているミステリアスな部分が縮小されてしまっている。これが致命傷となり、ダラダラと物語が進行していき緊迫感に欠ける展開となってしまう。しかし今までとは違った役柄に挑んだ玉木宏の演技は評価できる。体脂肪を4%まで減らし、ダークな一面を観れるのはファンにとっては嬉しいことだろう。一方冷酷な殺人鬼となってしまった結城を救おうと苦悩する神父・賀来裕太郎役の山田孝之はミスキャスト。昔のような清潔感のある青年ならばまだ分かるのだが、どうも最近の彼は少々汚いイメージの役柄が多いために、今回の役柄のイメージにはそぐわないように感じられる。壮大なイメージを演出しきれず空回りばかりが目立つのが痛い。玉木宏ファンは楽しめるだろうが、それ以外は退屈してしまいそうな作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

MW(ムウ) オリシ゛ナル・サウント゛・トラックMW(ムウ) オリシ゛ナル・サウント゛・トラック
(2009/06/24)
サントラ

商品詳細を見る
MW ムウ (小学館文庫)MW ムウ (小学館文庫)
(2009/06/05)
司城 志朗

商品詳細を見る

ちょっとだけフォロー

> 今回の役柄のイメージにはそぐわないように感じられる。

賀来神父は神父とは名ばかりの偽善者であり、
結城とのセックスに溺れている同性愛者であるという
「裏設定」があるので、むしろ爽やか好青年ではこの役に合わないんです^^

ちょっとだけフォロー2

因みに映画のプロモーションとして、こんな↓写真も公開されています。

シネマトゥデイ (2009-07-03)
禁断のエロチシズム!妖艶な玉木宏と山田孝之が絡む衝撃の1枚
http://www.cinematoday.jp/page/N0018693

こんにちは!
私も原作は未読ですが、まあ、原作と映画を比較対照することは、そもそもナンセンスなのかも知れません。原作に勝るものはないのかも知れませんね。
ワールダーさんの仰りたい事は記事からよく分かります。共感する部分は、玉木ファンの為の作品という意図がまずは前面に押し出されていたなという事ですね。刑事役の石橋さんも本来、ハリウッド経験があり、英語も堪能、というだけの理由で抜擢された・・という感じばかりが目立ってしまい、最後の重要な場面にまで、彼一人の活躍ばかり目立っていて、それはおかしいだろうと思わずにはいられませんでした。
山田さんも、そうですね・・・。好青年とまでは行かないにしても、彼は年齢の割に老けて見えてしまうので、損していますよね。本来山田さん25歳で、玉木さん29歳なのに、逆に見えますもんね^^;
続編に期待したいところですね。
それでは、応援凸
また、お邪魔しますね!

>MWファンさん
はじめまして!
同性愛という設定が原作にはあることを知ってはいたのですが、映画では一瞬しかそのよな雰囲気を描写していないので、神父の役柄にはあまり山田君が似合わないと感じてしまいました。しかしそういった裏設定なるものも踏まえて観ると、確かに好青年ではダマなような感じもします。写真のようなシーンも、原作ファンの方は期待していたんでしょうね?拙い文章に二度もフォローしていただきありがとうございました。また機会があれば、是非遊びにいらして下さい。
コメントありがとうございました。


>ぴーちさん
こんばんは!
手塚作品は完成形という勝手なイメージが個人的にはあります。なので原作と映画を比べるほうが可哀想ですね。玉木君ファンの作品といった印象ばかりが目立ちますが、彼の役柄への頑張りは素直に評価したいと思います。石橋さんは走るシーンが多く、ちょっとメタボぎみのお腹が気になってしまいましたwどうも役柄というよりは演技が大袈裟で逆に気になってしまい、集中して観ていられませんでした。山田君は、演技力は着々と付いてきているとは思うのですが、今回は個人的にはミスキャストのように感じずにはいられませんでした。
応援、長文コメントありがとうございました。

ワールダーさん ちゃお!
佐藤錦は美味しいですか?(笑

さて先日TVでこれ関連のがあってちょっと見ましたが・・・う~・・・・ん
TVで放送されるのを待ちます。

山田くん・・・実際見たことあります。地元でちっちゃなDJイベントに参加して・・・オネーちゃんたちがきゃーきゃーいってました!
腕は・・・秘密です。個人の感じ方次第なので・・・。

さて、・・・秘密ムフッ♪ なんでしょう・・・・???きゃー!!

>ちっちくん
ちゃお!
さくらんぼといったらやはり佐藤錦。とても美味しいですよ。
今回の作品のレベルでは、ファンでなければテレビでも観なくてもいいような感じかもしれません。
山田君がDJイベントに参加されていたようですね。テクはそれなりにあったのでしょうか?秘密と言われると妙に気になってしまいますねw
コメントありがとうございました。

こんにちは!

手塚作品の「MW」は、まだ読んだことがないので、この映画もとても気になっていました。
‥‥が、レビューを拝見してますと、もの凄く面白い!という感じではなさそうですね。。
わたしは玉木宏さんはあまり好きではないので、なおさらです。

けど、皆さんのコメントを拝見して、まずは原作を読みたくなりました!

>ナボさん
こんにちは!
ボクもまだ原作を読んでいないので、映画では描かれていない同性愛などがどういう風に描かれているのか気になっていました。映画自体は2時間で分かりやすいように作られているのでしょうが、あまりこの出来ではオススメはできません。まずは原作を読んでみるのがいいかもしれませんね。
びわの※印よりも禁断かどうかは、ナボさんの目で確認してみて下さいね(笑)
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/642-0b8f7205

【映画評】MW -ムウ-

巨匠・手塚治虫が遺した禁断の問題作を映画化した、島民600人の命を奪った“MW(ムウ)”を巡る復讐劇。

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。