映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 た行 > ターミネーター4  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターミネーター4

2009 - 06/08 [Mon] - 16:41

「ターミネーター4」★★★☆
原題:Terminator Salvation
監督:マックG
製作:アメリカ、2009年
出演:クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン、アントン・イェルチン、ブライス・ダラス・ハワード、他
T4
2018年、軍事コンピューター、スカイネット率いる機械軍と人類の戦いは最後の時を迎えつつあった。レジスタンスのリーダー、ジョンは記憶喪失のマーカスという男と出会い、2人はスカイネットの活動の核心に迫ってゆく。【MovieWalker】

1985年に公開され爆発的な人気を起こしたターミネーター。シリーズ化もされて、スターの階段を駆け上がったアーノルド・シュワルツェネッガーは、今ではカリフォルニア州知事。そんな彼の代表作でもある旧3部作の続編。今回は「スカイネット」が起こした核戦争「審判の日」から10年後を舞台として、人間と機会との壮絶な最期の戦いを描いていく新3部作の第一弾。小学生の頃に1作目を観て興奮し、中学生の頃に観た2作目で絶頂を極め、3作目で…。期待と不安を抱きながら鑑賞しましたが、最新のCG技術の迫力に圧倒されてしまいました。今までは最悪のシナリオからでも修正可能な現代が存在していた。しかし今回の舞台は2018年。壊滅的ダメージを受け生き残った人類を率いて戦うのは、30代となったジョン・コナー。ジョンを今回演じるのは、バットマンなどでお馴染みのクリスチャン・ベイル。主人公なのですが、なぜか今回もバットマン同様にオイシイ所を全て、マーカス・ライト役のサム・ワーシントンに食われてしまったような印象を受ける。このマーカスという男は予告でどのような身体になっているか公開されていたので、驚きも特になくなんだか盛り上がりにイマイチ欠けてしまう。新型のターミネーター登場や、スカイネットの内部に侵入し秘密が徐々に明らかになっていくのだが、最終的にはご都合主義ともとれるような展開になっているのが残念。しかしファンが喜ぶような場面も用意し、CGではあるが若かりし頃のあの方の登場では興奮してしまいました。音楽や効果音などは健在だったが、ターミネーターといえば、しつこいほどに追いかけてくる恐怖感や緊張感が最大の見せ場のような気がするのだが、それがあまり感じられないのが物足りない。人物描写や脚本も弱いような気がする。内容よりも最新のCGや戦争映画として鑑賞すればそれなりには楽しめることだろう。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ターミネーター4 スペシャル・エディション [Blu-ray]ターミネーター4 スペシャル・エディション [Blu-ray]
(2009/11/20)
クリスチャン・ベイルサム・ワーシントン

商品詳細を見る

待ってました!

ワールダーさん ちゃお!
早速行かれたのですね!
で、・・・最近のCGどっさりてんこ盛り♪だとそんなもんなですね。
まーただ、いくつかの謎が解明されたのは・・・良かったのかな?

あの、どこまでも追いかけてくるターミネーターの怖さ! ドキドキだんたんですけどね。

実際このままの科学の進歩のスピードでいけば非現実的ではないのでしょうね?  そうならないことを願いたいものです。
介護や救助用にロボットを活用! そこまでにしないと現実になりそう・・・

どこかの町に・・・ダダン ダン ダ ダン・・・♪(笑

>ちっちくん
ちゃお!
お待たせしました。先行上映で鑑賞してきましたよ。
最新のCGを観てしまうと、パート1の映像が観れなくなってしまいますね。細かい箇所まで鮮明に出来ているのは凄いです。ターミネーターとのおにごっこ?は、本当に子供の頃観ていて怖かったものです。今回はそういったおにごっこ的なモノがあまりないので、なんだかしっくりときませんでした。
科学の進歩は日進月歩ですし、人間の役に立つロボットを作っていって欲しいものですね。どこかの街であのテーマ曲が流れたら、即逃げましょう(笑)
コメントありがとうございました。

こんばんは!

確かに、あのターミネーターのしつこさが「ターミネーター」シリーズの醍醐味だと思っていたんですが、何だかあっさりとし過ぎていて
肩透かしを食らいましたよね(^^A
仰るように、戦争映画として鑑賞する分には、それなりに楽しめる内容ですよね~。。
クリスチャン・ベイルは、主役であるのに、どうも・・脇に食われますね^^;
今回もマーカスに・・。
シュワちゃんの今回の登場は、嬉しいことは嬉しかったんですが、なぜにCG合成で登場してしまったの?と残念で仕方ありません(><)オーストリア出身のレスラー(でしたっけ?)の方の体との合成で、なんとなく不気味な存在にしか見えませんでした。。
次回作は、主役で登場して欲しいですね・・
今は、知事さんで俳優業は休止していますからね。

それでは、応援凸
また、お邪魔しますね^^

>ぴーちさん
おはようございます!
一番の醍醐味であるおにごっこがあまりなかったので、確かに肩透かしをくらったような感じでしたね。戦争映画として観る分には面白いでしょうが、ターミネーターシリーズものとしては微妙だったかもしれませんね。次回作に期待したいものです。クリスチャン・ベイルはなぜか脇役に食われてしまいますね。今回のマーカスが非常にいい演技だったので仕方がないですが、主演なのでもう少し頑張ってもらいたいというのが本音かもしれません。シュワちゃんは・・・。今回はノーコメントにしておきますね(笑)知事としての仕事も立派なものですが、映画ファンとしてはもう一度「I'll be back」という台詞が聞きたいですね。
応援、コメントありがとうございました。

ワールダーさん ちょお!(笑

昨日義理兄と甥(中学生)がこれを見に行ったそうです。
・・・つまらんかった! だそうです。

やはりあのどこまでも追いかけて・・・がないのは痛かったようですね。
さ!TV待とっと!

>ちっちくん
ちゃお2
やはりつまらなかったですか・・・。
やはりおにごっこがないのは痛いです。この作品からは、新たなターミネーターシリーズとして鑑賞したほうがいいのかもしれませんね。TVで放送されたら内容を確認してみてくださいね。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/633-00d92f08

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。