映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 は行 > ヘルボーイ ゴールデン・アーミー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー

2009 - 05/29 [Fri] - 16:23

「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」DVD鑑賞★★★☆
原題:Hellboy II: The Golden Army
監督:ギレルモ・デル・トロ
製作:アメリカ、2008年
出演:ロン・パールマン、セルマ・ブレア、ダグ・ジョーンズ、ジョン・アレクサンダー、ルーク・ゴス、他

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー リミテッド・バージョン [DVD]ヘルボーイ ゴールデン・アーミー リミテッド・バージョン [DVD]
(2009/05/22)
ロン・パールマンセルマ・ブレア

商品詳細を見る
地獄から召喚された魔物でありながら、人類のために魑魅魍魎を退治するヘルボーイ。そんな彼の前に、鋼鉄兵集団ゴールデン・アーミーを復活させて、人間から地上界を奪おうとする魔界の王子ヌアダが現れる。【MovieWalker】

マイク・ミニョーラ原作のアメコミ作品の映画化第2弾。前作は観ていないが、ギレルモ・デル・トロ監督作品ということで鑑賞してみた作品。予備知識ゼロで鑑賞した率直な感想は、簡単そうなストーリー展開の中にもマニアックな要素が盛り込まれており、しかも要所要所で何か心にうったえかけてくるようなメッセージが込められているように感じられる。短気でお調子者のようなヘルボーイだが、どこか人情味に溢れており昭和のオヤジのような雰囲気すら持ち合わせている。嫌味ばかりを言いながらも繊細な心を持ち、チョンマゲ姿がなぜだか愛くるしい。相棒のエイブと一緒に酒を飲み酔っ払いながら「涙色の微笑」を歌う姿は、姿かたちは鬼のようではあるが、人情味溢れるオッサンという印象を受けてしまう。一般受けしそうもない外見なのだが、こうした憎めないキャラクター設定というものは本当に上手く作り上げたものだと関心してしまう。今回の物語は、エルフ族の王子であるヌアダとゴールデン・アーミーと呼ばれる不滅の最終兵器の復活をめぐって激突する。ストーリーは正直どうでもいいように思う。そんなことよりも独特の世界観や個々のビジュアルなどに注目しながら鑑賞したほうが面白いと思う。宮崎作品に出てきそうな木の精霊や、日本の和を取り入れた衣装などにも注目してもらいたい。肝心のストーリーを蔑ろにしてしまったが、人間に忌み嫌われながらも人間界を守るために戦うヘルボーイに矛盾を感じずにはいられない。こんな異色のヒーローもたまにはいいものですね。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

>どこか人情味に溢れており昭和のオヤジのような雰囲気すら持ち合わせている。
うんうん。外見は取っ付き難いですが、ホント、愛らしい^^
「涙色の微笑」をエイブと歌うヘルボーイ、このシーンは好きです。
マニア心をくすぐるギレルモ・デル・トロ監督も、好きです^^

>あんさん
こんにちは!お久しぶりです。
外見はちょっと強面もオジサンのようですが、愛らしくて可愛らしい一面を持ち合わせていますよね。「涙色の微笑」を酔っ払いながら歌うシーンはボクもお気に入りです。ギレルモ・デル・トロ監督は本当にマニア心をくすぐるコツを熟知していますね。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/628-421dc264

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。