映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 ま行 > マンデラの名もなき看守  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンデラの名もなき看守

2009 - 05/27 [Wed] - 15:44

「マンデラの名もなき看守」DVD鑑賞★★★☆
原題:Goodbye Bafana
監督:ビレ・アウグスト
製作:フランス・ドイツ・ベルギー・イタリア・南アフリカ、2007年
出演:ジョセフ・ファインズ、デニス・ヘイスバート、ダイアン・クルーガー、パトリック・リスター、他

マンデラの名もなき看守 [DVD]マンデラの名もなき看守 [DVD]
(2009/04/24)
ジョセフ・ファインズデニス・ヘイスバート

商品詳細を見る
人種隔離政策を敷く、1968年末の南アフリカ。公安局の命令でグレゴリーは、投獄された反体制活動家マンデラの担当看守に。彼の言動を観察して報告するが、しだいにマンデラと心を通わせるようになる。【MovieWalker】

アメリカではバラク・オバマが初の黒人大統領に就任しましたが、この作品は南アフリカ初の黒人大統領であるネルソン・マンデラが、獄中で出会った白人看守との交流を描いた実話に基づいた作品。生誕90周年でマンデラ自信がはじめて映画化を許可した感動作。南アフリカといえばアパルトヘイトをすぐに思い浮かべてしまう。白人が神のような存在であり、差別的に規定する人種隔離政策に対して、国際社会から非難を浴び経済制裁を受けるのは当たり前のことだとも思う。そうしてやっとこの馬鹿げた制度は完全撤廃したのだが、そこまでの道のりは決して簡単なものではなかったのだろう。実際にアパルトヘイトが終焉を迎えたのは十数年前と、改めて考えてみるとつい最近の出来事なのだと感じる。近年までいかに肌の色が違うという事だけで、このような人種間の対立が行われていたかと思うと、人間とはいかに愚かな生き物なのかと痛感させられてしまう。反政府運動の指導者として、27年間に渡り獄中生活を強いられたマンデラ。それでも温和な笑顔で常に希望を持ち続けた精神というものはマネできないと思われる。そんな彼に接することによって、黒人差別主義者だった白人の看守グレゴリーの考えも変わりはじめ、次第にマンデラとの友情も育まれていく。グレゴリーのこうした心境の変化と一緒に、南アフリカの歴史を我々も知っていくこととなる。それと共に、徐々にマンデラに心を開いていき、親睦を深めていく姿を通じて、ネルソン・マンデラという偉大な人物に敬意を表する。史実を基に製作されたので特に大きな展開もないのだが、マンデラという偉人を少し身近に感じられた作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ワールダーさん ちゃお!
少しづつ湿度が高くなりつつ・・・だけど気温はそこまで上がらない?今年は冷夏なのでしょうか?

さて、島国日本にいると他国の方と中々会う機会が少ないですけど・・・最近はそうでもないかな? 他の国は基本陸続きなのでいろんな人種の方と会うことが多いです。
そんな中生活すると人種、肌の色、国籍、性別・・・その他人が差別するのがアホらしくなる位多くの方と知り合えます。

白人が神なら・・・そんなあほな事はないので・・・(笑

こんな作品は学校で見せてもいいのでは?

ワ-ルダ-さん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

自分のブログにもご訪問頂きましてありがとうございました。

この作品は自分も劇場公開時から観たかった作品でした。
南アの事、アパルトヘイトの事を知る上でネルソン・マンデラという人物が非常に有名ですが、事実を基にした作品という事で同じく大変、勉強になった作品でした。

マンデラという人物の側にこんな看守が居た事、そしてこんなドラマがあったとは知りませんで本当に鑑賞出来て良かったと思える作品でした。

この作品、とても観やすく解りやすい感じに仕上がっていますので多くの方に観て頂きたいという映画ですね。(^^)

いつも本当にありがとうございます。(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ちっちくん
ちゃお!
気温がまだ上がっていないと感じているようですが、ボクからすれば夏の気温にちかいようなものです。
最近では、普通に外国人が街を歩いているようになってきましたし、実際に会って話をする機会も増えてきました。よく飲み屋であう外人さんは、陽気で楽しい方が多く楽しい方ばかりです。差別するのはバカらしいことだとは思いますが、きっとこの世から差別はなくならないとも思います。この作品は歴史が苦手なかたでも見やすい内容なので、子供たちにも見てもらいたいものです。
コメントありがとうございました。

>ユウ太さん
こんにちは!
こういった史実を基に製作された作品は、娯楽性はあまりないですが、これ位観やすい内容ならば多くの方に観てもらいたい作品だとボクも思います。アパルトヘイトやネルソン・マンデラ、南アフリカを教科書で知るのも勉強ですが、映画を観ながら是非勉強もして欲しいものですね。

相互リンクの件ですが、わざわざご丁寧にコメントまで頂きありがとうございました。このようなブログでよければ、こちらからも是非お願い致します。今後共宜しくお願いします。

コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/627-5dee2a32

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。