映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画A~Z > GOEMON  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOEMON

2009 - 05/03 [Sun] - 00:29

「GOEMON」★★
監督:紀里谷和明
製作:日本、2009年
出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、藤澤恵麻、佐田真由美、深澤嵐、福田麻由子、広田亮平、田辺李正、佐藤健、蛭子能収、六平直政、小日向文世、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二、他
GOEMON
豊臣秀吉が天下統一を果たし、しばしの平和が訪れた頃、ひとりの盗賊が世間をにぎわす。金持ちから盗み、貧しき者に分け与える石川五右衛門は庶民から英雄視されるが、ある晩、南蛮製の箱を盗んだことからトラブルに巻き込まれる。【MovieWalker】

前作「CASSHERN」から5年ぶりに手がけた紀里谷和明監督作品第二弾。天下の大泥棒である石川五右衛門が監督の独自の世界で超人的な肉体を駆使して大暴れする姿を圧倒的な映像美で描いている歴史空想時代劇。石川五右衛門といえば数々のエピソードがある。伊賀の抜け忍、生きたまま油で煮られた、金持ちから金品を盗み貧しき者に分け与えるなど、話を聞くだけで魅力的な人物だと想像できてしまう。最近では陰陽師説なるものもあるようで、今も尚様々な説があるようだ。そんな人物だからこそ、ゲームの主人公やマンガの登場人物などになり、ヒーローとしての石川五右衛門が出来上がったのかもしれない。今回はそんなヒーローとしての石川五右衛門を、監督お得意のCGで新たなエンターテイメント世界を堪能できる。見方によっては時代考証などを完全に無視したモノに仕上がっており、監督の脳内でのイメージを強引に映像化したようにも感じられる。新解釈を施したストーリー構成においては、デジタル技術を極限まで駆使して固定概念をことごとく打ち砕いていく。しかしこれは独りよがりのようにも感じられ、この世界観に取り残されて呆然としてしまうことが多々あった。アクションシーンも重力を無視しスピードはあるのだが、どれもこれもCGとハッキリとわかってしまうので何処か物足りない。ある出演者に関しては全く世界観に合っておらず興醒めてしまう。様々な部分で加工にこだわりすぎたのではないかと思えてならない。主演の江口洋介はかっこいいが、世界観にどうしても馴染めなかった作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

GOEMON [Blu-ray]GOEMON [Blu-ray]
(2009/10/09)
江口洋介大沢たかお

商品詳細を見る

こんばんは~^^

うひゃひゃ♪

このレビューも、まさに「ワールダー」観、炸裂してますね^^

確かにCGなどは、ハリウッド作品の圧倒的な緻密で迫力ある
画像ばかり見慣れていると、そのお粗末さが歴然でしたよね。
それでも、邦画でここまで上手くやってくれるようになったのは、
嬉しい限りですが、日本人ってどうして、こういう分野に遅れを
取っているのか、未だに理解出来ないんですよね。
ハリウッドのCG技術スタッフには日本人が沢山、携わっているのに
予算不足?に関係してるのかな?
江口さん、かっこよ過ぎ(爆
大沢さんは・・・ちょっとアクションシーンに、ぎこちなさが。
でも、あの最後の「ハッタリ」口上は、さすが、役者さん。上手かったです。
それでは、応援させてね!

>ぴーちさん
こんにちは!
今回はちょっと辛口レビューになっちゃいました(笑)
邦画ではCG頑張ったほうだと感じてはいますが、やはりハリウッドなどと比べてしまうと迫力がちょっと足りないような気がします。そろそろCGの技術も追いついてもおかしくはないように思うのですが、まだまだ先のお話しなんでしょうかね?江口洋介の五右衛門はハマリ役でしたね。ここ数年の役で一番かっこよかったと思います。大沢たかおのアクションはぎこちないですが、ラストのあのシーンは最大の見せ場だったと思います。
応援、コメントありがとうございました。

がんばってワーキングしてますか?・・・2年続けて同じネタ・・・・

監督名聞いて・・・TVを待ちます。
キャシャーンも・・・TVで十分でした。
この宣伝用の感じで・・・生前の黒沢監督みたいに撮られたのなら・・・絶対みます。七人の侍みたいな感じで・・・

CG全盛期にアナログでいって欲しかった・・・
もっと人間味のあるアナログな感じで・・・

>ちっちくん
ちゃお!
頑張ってGWお仕事しながら、たまにさぼって遊んでいました。
監督は頑張っていましたよ、たぶん?キャシャーンは途中で観る気がなくなってしまいましたが、今回は最後まで鑑賞できました。が、きっとテレビ放送で十分かと思います。CGばかりだと、どうしても退屈してしまいますね。やはりちっちくん同様に、アナログ人間なんでしょう(笑)
コメントありがとうございました。

ちゃお!
昨夜ようやくTVで見ました(笑
えー・・・TVでよかった・・・
多分同じ内容を同じような企画・構成等で他の監督がやっていたら面白かったかな?
例えば・・・レッドクリフの監督とか・・・
なんていうのか・・・リアルさが全く無かったので非常に残念な仕上がりでしたね。
戦闘シーンとか軽い感じがして・・・あまりにもCG使いすぎて監督の自己満足な作品だった気が・・・残念。。。

誰かリメイクしないかな??

>ちっちくん
ちゃお!
きっとテレビを待ってて良かったと思われたことでしょう(笑)
ボクも違う監督さんがやっていたら、また別物の作品になったのではないかと素直に感じました。
あの世界観では全くリアリティがなく、どう受け止めていいのかさっぱり分からなかったですね。
CGを多用しすぎという点は否めませんし、ちっちくん同様に自己満足としか言いようがないように思われます。

残念な作品でしたから、リメイクはきっとないかな・・・???

コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/615-ac84d43e

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。