映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 か行 > グラン・トリノ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・トリノ

2009 - 04/29 [Wed] - 18:40

「グラン・トリノ」★★★★★
原題:Gran Torino
監督:クリント・イーストウッド
製作:アメリカ、2008年
出演:クリント・イーストウッド、ビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーレイ、ジョン・キャロル・リンチ、他
grantorino
元軍人のウォルトは近所に住むアジア系やラテン系の移民との交流を拒んでいた。だがある晩、愛車が盗まれそうになる事件が起き、実行犯の少年タオを諭すことに。その一件以来、彼はタオの家族と心を通わすようになる。【MovieWalker】

クリント・イーストウッドの4年ぶりとなる監督&主演作。「チェンジリング」に引き続き、今回も観賞後に心にじわじわと染み渡っていく余韻を残す作品となっている。年齢を重ねていくと共に、彼の作品にも深みが増してきているように感じられる。今回彼の役所は、妻に先立たれ息子たちとも疎遠な元軍人の気難しい主人公ウォルト。人に忌み嫌われるような性格の彼が、隣りに越してきたモン族の少年タオとの出会いによって一風変わった友情を深めていく。ウォルトを見ていると、何処にでも居そうな頑固なおじいさんを思い出してしまう。戦争を体験し、妻に先立たれ、年金暮らしの老人は近所にもたくさんいる。しかしここまで捻くれ、シロ・クロ・イエローなどと色で人種差別を平気でしてしまうような口の悪さも持ち合わせている。庭に入っただけでライフルを構えられてしまう始末ですし、こんな老人とは係わらない方が身の為だと感じる。しかしそんなウォルトにも心の葛藤もあり、愛するモノもある。その一つがタイトルにもなっている72年製フォード車「グラン・トリノ」。この最も愛するグラン・トリノを盗もうとしたしたのがタオなのだが、失敗したのがキッカケでウォルトとの交流も深まるのだが、逆にある事件にも大きく係わっていくこととなってしまう…。人生において人との出会いは非常に重要なことだと思う。ウォルトにしてみれば、いかに人生を終わらせようかという考えを持ちながら、毎日単調な生活をしているだけ。タオは人生のスタート位置にすら立てない有り様。そんな迷いをお互い抱きながら出会い、不思議と交流していく中で生きる意味を教えていく。年はとても離れてはいるが、親子の関係にも見えてきてしまう。そんな中にきちんと笑いも取り入れているところが、さすがはクリント・イーストウッドと思わせてくれる。年の離れた友人であるタオを助けたいという正義感が招いた報復の連鎖。朝鮮戦争で犯してしまった行為を後悔し続けて生きてきたウォルトが選択したラストに驚愕し、深く考えさせられ、作品の余韻にどっぷりと浸ってしまい、じわじわと涙が溢れ出してきてしまいました。クリント・イーストウッドという男の器量を存分に堪能できる作品。オススメです。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

グラン・トリノ [Blu-ray]グラン・トリノ [Blu-ray]
(2009/09/16)
クリント・イーストウッドビー・バン

商品詳細を見る

こんばんは~!

おお!5つ星★

C・イースト・ウッドの頑固ジジイ役が、自然体で演技していたように
思えた作品でした。
犬の様に、唸る表情は、頑固というよりも、可愛らしい?印象でした(笑

それにしても、最後の彼の選択、ギャングに立ち向かう姿勢には
私も心揺さぶられました・・
最後にやってくれましたよね~。
ワールダーさんが涙した感動の意味、よく判ります。
日本人を戦争当時そのものの名残で、「ジャップ!」と罵る言葉も
ありましたね(^^A
それでも、じんわりと心温まり、見て良かったと思える作品でした♪

それでは、応援です凸

こんにちは。
ほんと、5つ星ですね~
とげを持った人でもきっとどこかにピュアな部分や他人に分からない苦悩を持ち合わせているのでしょうね。
また心を固く閉ざしているのも何か理由や過去があったりで。
そういう、不器用な人の凍てついた心が次第に開かれ解凍されていくような展開は好きです。
映画にしても物語にしてもラストは大事ですよね。
おススメ作品、見てみようかな~。

>ぴーちさん
こんにちは!
このブログになってから、初めて★5つの満点を付けました!!
あの頑固ジジイの役柄は、ひょっとしたらクリント・イーストウッドの素の部分だったかもしれませんね(笑)毎回アップになっての唸るシーンは笑えました。最後のチンピラたちにの前に仁王立ちでいる姿はかっこよかったです。あの姿勢は反則すぎてかっこよすぎます。あんなシーン見せられたら涙が溢れ出してきてしまいますよ。差別用語はたくさんありましたが、なぜかクリント・イーストウッドならば許せてしまうので不思議です。今年この作品以上の内容にめぐり合えたらラッキーなのかもしれないです。久々に観賞後に余韻に浸れた作品でした。
応援、コメントありがとうございました。

>yaccoさん
こんにちは!
滅多に出ることのない満点の★5つの作品です。
トゲのあるバラが美しいように、きっとトゲがあるくらいの人の方がピュアな心をもっているのかもしれませんね。ピュアだからこそ色々な悩みも抱えこんでしまうのでしょう。ピュアすぎて心を閉ざしてしまうのもなんだか複雑ですし、環境によっても違ってくるんでしょうね。不器用な生き方しか出来ないからこそ、次第に道が開けていったときに感動することが多いと思います。そんな要素はこの物語には多くありますし、ラストは・・・。きっとyaccoさんを満足させてくれると思いますので、GW機会があれば鑑賞してみてくださいね。
コメントありがとうございました。

わーるだーさん ちゃお!

これは5つ付くと思っていました!びんご!!
グラントリノ・・・フォード社の馬鹿でかい2ドア車・・・排気量7千cc・・無用なでかさです(笑
今の時代受け入れられない反エコな・・・

内容に関しては・・・期待大の作品ですね

>ちっちくん
ちゃお!
ボクの評価をお見通しのようでしたね(笑)
グラントリノって排気量7千ccもあったんですか!?無駄なデカさがアメ車の魅力のようにも感じますが、このご時世ではちょっと受け入れられない車なのかもしれませんね。でも、愛車を大切にして長く乗り続けていくこともエコのような気がします。
内容は個人的にとても気に入っていますし、是非ちっちくんにも鑑賞して欲しいと思う作品です。
コメントありがとうございました。

ワ-ルダ-さん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

インフルエンザは大丈夫でしたか?お身体をどうぞお大事に、無理なさらないでくださいね!

自分もやっとDVDで鑑賞出来ました。
イ-ストウッドの集大成とも言える創りに思わず嬉しくなってしまいました。

ウォルトという人物、とても格好良かったですね。そのままイ-ストウッド本人もやはり偉大で素晴らしいと思いました。

自分としてはもっと深くて重たい作品なのかと思っていましたのであれっ?と思ってしまいましたが、本当に後からジワジワと心に迫ってくる良い作品だと思います。

自分も観賞後、深い余韻に浸りながら熱いものがこみ上げてきましたよ!
本当に記憶に残る作品だと思います。ラストは色々考えさせられましたね!

いつも本当にありがとうございます。(^^)

>ユウ太さん
こんにちは!
お陰さまでインフルエンザのほうもだいぶ回復に向っています。ご心配いただきありがとうございます。
仰る通りで、イ-ストウッドの集大成のような作品のようにボクも感じました。
ウォルトという老人は、一見とっつき難い捻くれた老人ですが、徐々に彼のかっこよさがひしひしと伝わってきました。
ボクがあまりにも高評価でオススメしたので、ユウ太さんにはちょっと拍子抜だったようですね。すみません。
ラストは色々と考えさせられるものがありますが、個人的には記憶に残る良質な作品だったと思います。
コメントありがとうございました。

こんにちは~!

やっと観れました!
イーストウッド、渋かったですね~♪
頑固さが出てましたね~!
近くにあんな老人がいたら、‥‥‥怖くて話しかけられないかも!

内容もとても良かったです。わたしも最後は涙が出てしまいました。

ちょっと残念だったのは、展開が早すぎたと言うか急ぎすぎと言うか、そんな感じを受けて、わたしの理解力の問題かもしれませんが、もっとじっくり進んで欲しかったな~なんて思いました。

でも、もう一度見たいな~!!

>ナボさん
こんばんは!
最近のクリント・イーストウッドは渋くてカッコイイですね。
たまにあんな頑固な老人を見かけますが、なるべくならば関わりたくないと思ってしまうものです。
個人的には内容に満足していますが、ラストに関しては賛否両論だとも感じています。でも最後はボクも号泣してしまいました。

展開が少し早く感じてしまったようですね。
もしかしたらもう一度鑑賞した際などは、一度目とは違った風に感じるかもしれませんので、機会があれば良質な作品を改めて鑑賞し直してみてくださいね。

ボクももう一度じっくりと鑑賞してみようかな。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/614-c59b5e90

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。