映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 や・ら・わ行 > レッドクリフ Part II ?未来への最終決戦?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドクリフ Part II ?未来への最終決戦?

2009 - 04/12 [Sun] - 19:21

「レッドクリフ Part II ?未来への最終決戦?」★★★★
原題:赤壁 決戦天下
監督:ジョン・ウー
製作:アメリカ・中国・日本・台湾・韓国、2009年
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ビッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、トン・ダーウェイ、ソン・ジア、バーサンジャブ、ザン・ジンシェン、チャン・サン、他
redcliff2
赤壁での決戦を目前に曹操軍では疫病が蔓延していた。その事を知った連合軍の劉備は被害を防ぐために撤退を決意する。弱体化した連合軍の司令官・周瑜はそれでも戦いをあきらめず、彼らの陰で女たちも立ち上がる。【MovieWalker】

三国志史上最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を映画化した前作「レッドクリフ Part I」の後編。前作を観なかった方と一緒に鑑賞したのだが、これからいよいよ本格的な戦いが始まるので、前作を正直観なくても楽しめるようです。結論から言ってしまえば、あまり二部作にした意味がないようにしか思えない。今回もトニー・レオン演じる周瑜と金城武演じる孔明をメインにして、赤壁の戦いへと進んでいく。前作の人間ドラマや顔見世程度の演出から、今回はジョン・ウー監督お得意の大規模な爆発やスローモーションを多用したアクションで多くの見せ場を描いている。この赤壁の戦いは、80万の曹操軍にいかにして5万の兵力で打ち負かすかが見所となってくるのだが、圧倒的なパワー攻撃に対して周瑜と孔明の頭脳を用いて追い詰めていく過程が面白い。原作にもある10万本の矢のエピソードをはじめとして、孔明の天候を読む力が勝敗を大きく左右していく。こうした理に適った作戦を展開していくことによって、クライマックスでの2000隻の船団の炎上とともにボルテージも最高潮へと達する。今回、周瑜の妻である小喬や孫尚香の女性陣の活躍を描くことによって、戦いにちょっとしたアクセントをつけているのだが、正直この手の安っぽいドラマはあまり好きではなかった。監督お得意の爆破シーンも、あれだけ派手に爆破していれば興奮の度合いも増すのだが、少々調子に乗りすぎてやりすぎたようにも感じられる。それでもあれだけの合戦を緊張感溢れるシーンで観られたことに満足。あたり一面が炎で多い尽くされる中、勝者はいないという台詞が多くの命を喪った戦いの終焉を物悲しく語っているように感じられる。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- [Blu-ray]レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- [Blu-ray]
(2009/08/05)
トニー・レオン金城 武

商品詳細を見る

こんばんは~!
いや~
迫力はかなりありましたよね~v-405
火責めのシーンや、爆破のシーンは、監督らしさが出てましたね。
孔明の10万本の矢。敵陣に乗り込まずして、矢をいただく
方法は本当に素晴らしい案でしたね。
曹操軍の水軍総統を騙しながら、相手の命をも結果的に
いただく・・という筋書き通りの展開には、溜息が出来るほどでした。
まるで全ての現象が鎖で繋がれているかのように、
ずるずると周瑜と孔明の思惑通りに展開していく様が
面白かったです^^
もう一度、パート1が見たくなりました^^
それでは、応援です凸
また、おじゃましますね

>ぴーちさん
こんにちは!
爆破のシーンは、ジョン・ウー監督らしさが出ており迫力がありましたね。ただ、ちょっとやりすぎだとは感じます。あの時代の戦い方をもう少しリアルに観たかったような気もします。孔明と周瑜の思惑通りにことが進みましたが、マンガで読んで知っていても観ていて面白いと感じました。パート1は昨夜テレビで放送されていたようですね。
応援、コメントありがとうございました。

こんにちは!

やっとパート2が観れました。
面白かったです!
とても面白かったので、あとからパート1も見てしまいました。

しかし、いつもの事ですが、戦いのシーンはおそろしくて直視出来ず、早送りしたために、あまり見ませんでした。

10万本の矢のエピソードは昔から有名でしたが、改めて映像で観ると、こんな風だったのね~と、面白くみれました。

しかし、トニーレオンと金城武は素敵だったわぁ~v-238

>ナボさん
こんにちは!
パート2もご覧になられたようですね。しかもパート1もまたご覧になられたようですし、だいぶ気に入った作品だったようですね。それでも戦闘シーンが怖くて見れないというのが、ナボさんらしいですね。
10万本の矢のエピソードですが、正直観ながらそんなに上手くはいかないでしょ?と心の中でつぶやいてしまいました(笑)
トニーレオンと金城武にも大満足のようですし、ナボさん好みの作品ベストに認定します!!
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/603-58602462

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。