映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 や・ら・わ行 > 闇の子供たち  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の子供たち

2009 - 03/17 [Tue] - 20:30

「闇の子供たち」DVD鑑賞★★★★
監督:阪本順治
製作:日本、2008年
出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、プライマー・ラッチャタ、プラパドン・スワンバン、塩見三省、鈴木砂羽、豊原功補、佐藤浩市、他

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]
(2009/02/25)
江口洋介宮崎あおい

商品詳細を見る
タイで日本人が臓器移植手術を受ける事になり、提供者の子供が生きたまま臓器をえぐり取られるという衝撃の事実を知った記者の南部。彼は社会福祉センターで働く恵子とともに、姿を消した少女の行方を探るのだった。【MovieWalker】

梁石日原作の小説を映画化した「闇の子供たち」は、日本から地図でわずか数十センチ離れた場所にあるタイの裏社会を赤裸々に描き、深刻な社会派ドラマに仕上がっている。正直観賞後は気分が悪くなってしまいます…。日本新聞社のバンコク支局駐在の南部が、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼されたことによって、幼児売買春、幼児虐待、臓器売買などといったタイで横行されている知られざる闇の部分に切り込んでいく。こういった非人道的な問題などは、今までも度々小耳に挟むこともあった。しかし、こうして実際に映像として見せられると、言葉が悪いが胸くそが悪くなってしまい目を背けたくなるような映像ばかり。まだ小さな子供たちが鉄格子の中に押し込められて、モラルのないバカな大人たちの性の玩具とされ、あまりにもむごい性癖の数々を強要される。そしてエイズになり使い物にならなくなったらゴミ袋に入れられて捨てられてしまう。金で子供を買い、死んでもまた金で解決しようとする客の姿は、もはや人間の姿をした獣以下としか思えない。こうした最低なクズである需要側には、少なからず日本人も含まれている。加害者の多くは先進国の人間であるという事実を深刻に受け止め、根絶の為の具体的な解決策を早く見つけ出さねばならないと痛感する。社会に潜む闇を描き出し、世の中の理不尽さを見せ付けられた作品。ただ、あまりにも内容が重過ぎる…。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

こんばんは!
この作品は、未見ですが、
この作品を見て、考えさせられたというご意見も沢山
ありますね・・。
確かに、何処の国にもこういう裏社会を覗くと
人間の醜態を嫌というほど、見せつけられる場面って
あると思います。
幼児ポ●ノ写真などはまだまだ序の口で、
両手、両足を切り取られて、裸にされ、何人もの男たちの
性処理のための道具として、存在する女の子の映像を見た子供が、ショックを受けたというコメントを
以前、見た事がありますが、本当に人間はある反面は非常に残酷ですね。

それでは、応援させてくださいね^^

こんばんは。
現実問題として目をそむけてはいけないもの
なのだろうけど、観るのには勇気が要りそうだね。
子供が大人の犠牲になるのは本当に心が痛むよね。

>ぴーちさん
こんにちは!
何処の国にも裏の顔のようなモノは存在するのでしょうが、実際にこうして映像で見せられると深く考えさせられてしまいます。表では善人に見えるような人でも、裏ではどのような顔を持っているか分からないですね。普通に会話の中でも幼い子を性の対象として見ている方も意外と多いですし、子を持つ親御さんとしては怖い世の中だと思います。とても重い作品ですが、機会があれば鑑賞してみてください。
応援、コメントありがとうございました。

>yaccoさん
こんにちは!
目を背けたくなるような内容ですが、勇気を持って鑑賞することも必要だと感じます。それでもかなり重いテーマですから、あまりオススメできないような作品でもあります。子供が大人の犠牲となるのは、本当に心が痛むことですし、なくなって欲しいものです。
コメントありがとうございました。

ワールダーさん ちゃお!

ノーーーーーーーー!
なんという内容! しかしこんなのは多分氷山の一角なんでしょうね?
もっとひどい大人は・・・嫌な世の中、でもそれに加担する大人は何倍いることやらか?

子供を持っていると考えられないです。

たまに臓器移植の番組を見ることはあったのですが、当事者じゃないと分からないつらさ・その他色々とありますが、まずは役人がしっかりしてくれないと!
自分の欲ばかり・・・

しかし重い内容・・・よく紹介してくれました!

>ちっちくん
ちゃお!
嫌なモノをまざまざと見せつけられました。世の中子供を使って悪いことをしている大人がいますが、きっとこれがほんの氷山の一角なんだと痛感しました。ちっちくんのように子供を宝物のようにして可愛がっている親御さんもいるのに、なんでこんな酷い仕打ちをできるのか理解できません。臓器移植をしなければ助からない命もありますが、生きたまま臓器を提供されてまで命をつなぎとめたい気持ちは、きっとその子の親にならなければ気持ちも分からないことでしょうね…。重い内容で心が折れてしまいそうでしたが、観て良かったと思う作品でした。
コメントありがとうございました。

こんにちは~!

前にテレビでこの映画の紹介をやっていて、ちょっと見ただけでしたが、かなり憂鬱になりました。
お金がある国の子供は、これでもかっ!てくらいに大事にされてるのに、悲しいですね。

機会があったら、もっとちゃんと観てみたいです!

>ナボさん
こんにちは!
テレビで作品紹介をご覧になられたようですね。ボクも観たような記憶があります。お金がある国の子供達は、なに不自由のない暮らしを当たり前のようにしていますね。そういうボクも何も知らないまま大人になった一人ではあります。
内容はとても重いテーマですが、機会があれば鑑賞してみてくださいね。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/594-92ace758

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。