映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画0~9 > 7つの贈り物  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7つの贈り物

2009 - 02/27 [Fri] - 12:06

「7つの贈り物」★★
原題:Seven Pounds
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
製作:アメリカ、2008年
出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウッディ・ハレルソン、バリー・ペッパー、マイケル・イーリー、他
7okurimono
見知らぬ7人の男女のリストを作り、彼らの人生を探る孤独な男ベン。暗い過去を引きずる彼は、7人にある“贈り物”を届けようとしていた。やがてベンが企てた計画の全貌と、その目的が明らかになっていく。【MovieWalker】

近頃ハリウッドで最も価値のある俳優に選ばれたウィル・スミスですが、この作品から価値をみいだすことは困難でした・・・。ウィル・スミスは好きな俳優です。昔の彼はどちらかというと陽気でお茶目な役柄が多かったのだが、最近ではシリアスな演技などばかりが目立つような気がする。演技力も出てきたのはいいが、今回の作品では彼の演技を観てしまえば予告の段階である程度読めてしまうもの。海辺の家で一人寂しく暮らしているベン・トーマス。彼は過去の事件で深く心を痛めている。そんな彼が見ず知らずの7人の人間のリストを持ち、彼らに国税庁職員として接触していく。この行動からして明らかに怪しすぎる。しかも作品をミステリアスな雰囲気に演出しているのだが、ウィル・スミスの表情が終始結末を物語っているようにしかボクには感じられなかった。この作品は、あまり内容を伝えようとすると、即ネタバレになってしまうので難しい。個人的な感想を率直にいうならば、まるで自分が神様にでもなったかのような行為は、偽善者のようにしか映らない。過去にどのような事があろうが、それから単に逃げ出し、究極の自傷行為とも受け取れる。賛否両論になるであろう結末だろうが、ボクはとても抵抗を感じてしまった作品です。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

7つの贈り物 [Blu-ray]7つの贈り物 [Blu-ray]
(2009/09/02)
ウディ・ハレルソンバリー・ペッパー

商品詳細を見る

こんにちは!
ウィル・スミスの映画は「アイアムレジェンド」「ハンコック」と続けて見ているので気になってる作品です!
前2作とは違って派手な作品ではなさそうですね。
ワールダーさんが酷評しているので逆に気になりますw

> ポニー♂さん
こんにちは!
ウィル・スミスの作品は、ついつい期待してしまいます。今回は派手さは全くありませんし、内容は人によって捉え方は様々だと感じます。個人的にはこういった内容を彼が演じるのに疑問を感じてしまいます。彼にはもっと持ち前の明るさやユーモア溢れる役柄を演じて欲しいと思います。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/582-7fe58d7c

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。