映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 は行 > ベンジャミン・バトン 数奇な人生  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

2009 - 02/11 [Wed] - 15:11

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」★★★★
原題:The Curious Case of Benjamin Button
監督:デビッド・フィンチャー
製作:アメリカ、2008年
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、タラジ・P・ヘンソン、ジュリア・オーモンド、ジェイソン・フレミング、イライアス・コーティーズ、ティルダ・スウィントン、ジャレッド・ハリス、エル・ファニング、マハーシャラルハズバズ・アリ、他
benjaminbutton
1918年、生まれつき年老いていた赤ん坊が黒人女性に拾われ、ベンジャミンと名付けられる。老人たちの養護施設で育てられた彼は、年を重ねるごとに若返り、デイジーという美少女と運命的にめぐり合う。【MovieWalker】

F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を映画化した作品。第一次世界大戦時に、80代の年老いた姿で誕生し、そこから徐々に若返っていき、やがて0歳の赤ん坊の姿で生涯を終えていくベンジャミン・バトンの数奇な人生を描いていく。通常であれば人は赤ん坊の姿でこの世に産まれ、年老いて死んでいく。ベンジャミン・バトンの人生は、通常とは逆の時間軸で流れていく。この設定は映画を観る前から知ってはいたが、実際に鑑賞してみて、ベンジャミン・バトンの人生は愛する人たちと出会い別れを経験していき、人生の様々な出来事を知りながら生きていくという姿は、我々となんら変化がないということが伝わってきた。ただ大きく違ってくるのは、一緒に老いていき、一緒に死んでいくことが出来ないということ。徐々に若返っていく彼には、愛する人々を見送っていかねばならないという孤独な宿命が待ち受けている。たった一人残され、やがては赤ん坊の姿で記憶もないまま孤独に死んでいく恐怖。この恐怖は想像ができない。しかし、人生とは後戻りができないものであり、そこで何かを学び、何かを感じ、傷みを知って成長していくからこそ素晴らしいもの。たった一度しかない人生という点においては同じことだし、通常の人生と比べてみても、ベンジャミン・バトンの人生は数奇ではなかったと感じてならない。ベンジャミン・バトンを演じたブラッド・ピットは、CGを用いて老けメイクから徐々に若返っていくメイクへと変わっていく。最近やや老けた印象があったが、終盤では若かりし頃の美しいブラピの姿を彷彿とさせてくれる。人とは違う逆行していく人生。しかし生涯愛したデイジーを想う気持ちは、時間の壁を乗り越え、永遠に続いていくものだと信じたい。後戻りの出来ない人生だからこそ、この作品を観賞し深く考えさせられた気がする。冒頭にある、盲目の時計職人が逆回りする時計を作ってしまうエピソードが、なんとも切なく印象に残っている…。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2枚組) [Blu-ray]ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2枚組) [Blu-ray]
(2009/07/15)
ティルダ・スウィントンジェイソン・フレミング

商品詳細を見る

こんばんは!
私も冒頭の盲目の時計職人の話は心に残りましたね~。
どうして、こんな時計を作ったんだ!と批判されたときの彼の悲痛な心情。。
親心が滲んでました。

そしてブラピのメークは相当ご苦労があったようですね。
先日、奥さんのアンジーと来日した際にその苦労を語っていましたが、
特殊メークに数時間、そのメークを取るのに数時間、毎日がその繰り返しだったらしいです。役者は忍耐も必要ですね^^;

途中、不倫話がありましたが、私的には悪寒を感じました。
どうせ不倫するなら、奥さんも旦那に殴られるのを覚悟で傷つくくらいに本気でやれ!と思いましたね。生半可な火遊びは愚の骨頂です。

全体的に話は淡々としていますが、仰るように
ベンジャミン自身の人生は数奇ではありませんでしたね。
これ、オスカー獲れるのかな?

おお!
なかなか良い評価ですね!
予告編を観る限りでは華やかさに欠ける触れ込みな気がして観る予定はなかったんですが、ワールダーさんの評価がなかなかなので興味が湧いてきました!
今年になってから1回しか映画館に行けてません(つД`)

>ぴーちさん
こんにちは!
盲目の時計職人の親心は、本当に切なく感じてしまいました。戦争で大切な息子を失った彼の心情は計りしれない程の深い悲しみなんでしょうね。
40~50代以外を演じる際は特殊メークですし、毎日何時間もかけて撮影に臨まないといけないというのは、結構大変だったことでしょうね。
途中の不倫のお話ですが、ボクは不倫相手役がティルダ・スウィントンだったので興味深く見入ってしまいました。ぴーちさんが仰る通り、生半可な気持ちでするものではないですね。ティルダ・スウィントンにケイト・ブランシェットの面影を感じつつ惹かれていく心情は、とてもよく分かりました。
内容的には淡々として、デビッド・フィンチャー色も強くはないのですが、人生について深く考えさせられた作品だったと思います。
オスカーはどうなんでしょうね???
応援、コメントありがとうございました。

>ポニー♂さん
こんにちは!
予告などでは確かに華やかさは感じられませんが、実際に鑑賞してみるとじわじわと心に染み渡ってくるような作品です。やや上映時間が長いですが、ブラピが若返っていく姿は興味深く鑑賞できると思います。今年2度目の劇場鑑賞作品にどうですか?
以前再共演の質問がありましたが、そういえばブラッド・ピットとケイト・ブランシェットの二人は、「バベル」で共演していました。
コメントありがとうございました。

ワールダーぴょん ちゃお!

もうすっかりあたたかく・・・Tシャツで歩いているおニーちゃんも日中はいますけど・・・マジです(笑

おじーちゃんで産まれて・・・正直親なら・・・困りますね!
でも、その後が若返っていくとなるともっと・・・

ちっと興味が・・・

今回のぶらぴの衣装・・・革ジャンはどこのだろう? 以前はよくベルスタッフ着ていて・・・ブラピモデルってあるんですよ。今年はインディージョーンズモデルも発売! 21万! パパさんにいかが? 着やすかったですよ(笑

>ちっちくん
ちゃお!
強風なんですが、これって春一番なんですかね?Tシャツではまだまだ寒くて歩けそうにありません。
老人の姿で産まれてきたら、やはり親としては困ってしまいますよね。最終的には認知症の赤子状態ですから・・・。ボクも興味はありましたが、普通に年をとっていくのが一番かと思います。
ブラピの衣装まではチェックできていませんでした。ベルスタッフにブラピモデルがあったんですね。4つのポケットが特徴的で可愛いですね。インディージョーンズモデルまで発売されているんですか?パパさん着るかな?
コメントありがとうございます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/578-680f622d

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。