映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 や・ら・わ行 > ワールド・オブ・ライズ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・オブ・ライズ

2008 - 12/28 [Sun] - 20:07

「ワールド・オブ・ライズ」★★★☆
原題:Body of Lies
監督:リドリー・スコット
製作:アメリカ、2008年
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー、アロン・アブトゥブール、アリ・スリマン、他
world_lies
テロ組織のリーダーを捕まえるために活動するCIA工作員フェリス。イラクでの任務で重傷を負った彼は次にヨルダンに潜入するが、現場を知らない上司ホフマンと対立。フェリスは独自の作戦を実行していく。【MovieWalker】

リドリー・スコット監督とラッセル・クロウのタッグも真新しくは無いが、もっと真新しくなかったのはCIAものの中東を舞台とした、対テロ組織という設定だったのかもしれない…。ワシントン・ポスト紙のコラムニストである、デヴィッド・イグネイシャスの原作を基として製作された今作は、最前線で諜報活動を行う超一流のCIA工作員ロジャー・フェリスが、大規模なテロ組織に潜入していく姿をスリリングに描いていく。それとは対照的に、安全な場所から部下を作戦のコマにしか思わない上司が支持を出していくのだが、この対照的な二人だからこそ、レオナルド・ディカプリオ演じる工作員・ロジャー・フェリスに感情移入しやすくなっている。最近のディカプリオは、こういった泥臭い役柄がだいぶ板に付いてきたように感じられる。一方、上司役のラッセル・クロウなのだが、今回は役作りなのか知らないがだいぶ太りすぎており、どうもミスキャストのように感じられる。嘘というテーマを常に背景にしつつ、凄まじい頭脳戦を繰り広げていく。我々が日常では絶対に知り得ることのできないような事を、テロ組織を追い詰めながら見せられていく。情報の為には人命よりも情報を優先する光景は、腹立たしいとしか感じられず、情報の為ならば平気で嘘をつくのが当たり前という考えを理解するのは困難。敵味方関係なく嘘をつき、疑心暗鬼にさせられていく内容は不快だが、この嘘というテーマが齎す情報には、多くの人命が関わっているのを無視できない。作品からは真新しいものを感じなかったが、男達の心理戦はそれなりに楽しめた作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ワールド・オブ・ライズ (小学館文庫)ワールド・オブ・ライズ (小学館文庫)
(2008/11/07)
デイヴィッド イグネイシアス

商品詳細を見る
オリジナル・サウンドトラック『ワールド・オブ・ライズ』オリジナル・サウンドトラック『ワールド・オブ・ライズ』
(2008/12/03)
マーク・ストレイテンフェルド

商品詳細を見る

うは~
レビュー読みそうになっちゃいましたよ(^^A
赤い糸じゃなくて、こちらを見ようと思ってたんで、
お正月のモナカに、これ鑑賞しようかと思っています。
また、コメントします(一応、予定だけですがね^^)
応援凸

>ぴーちさん
おはようございます。
赤い糸ではなく、こちらを鑑賞しようとしたんですか?
お正月にでも鑑賞したら、また今度レビューはゆっくりと読んでみて下さいね。
応援、コメントありがとうございました。

おはようございます。
一年間、色々と勉強させていただきました。
ほとんどパクってしまったような記事もあったりして…

来年も覗かせていただきます。よいお年をお過ごしください。

>馬面さん
こんにちは!
こちらこそ一年間お付き合いしていただき、ありがとうございました。
こんな記事をパクってくれただけでもありがたいことです。
また来年も変わらぬご愛顧お願いいたします。
馬面さんも良いお年をお過ごしください。

明けましておめでとうございます!

昨日、観て来ましたよ!
レビューやっと読ませていただきました^^
確かに情報の為に人の命など平気で握りつぶしてしまうという
事に憤りを感じますね・・。
内容的には、今アメリカが盛んに関与している中東(テロ)対、アメリカなので、さほど目新しくは無いですが、テロ組織の殺しの作法?というのを見せつけられて、そういう意味あいでは興味を持って見る事が出来ました。(面白がっている訳ではありません^^;)
ディカプリオは「ブラッド・ダイヤモンド」以来、こういう役が似合うように
なりましたね。それまでのひ弱なおぼっちゃん風を完全に打開したようで、
これからの成長が楽しみですね!
それでは、今年もどうぞ、宜しくお願いいたします。

今年最初の応援させてくださいね!

>ぴーちさん
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
元旦早々から映画鑑賞されてきたようですね。ボクは二日酔いで夕方まで寝ていたので羨ましいですw
内容は真新しいものは無かったように感じられましたが、情報のためならばなんでもアリのような部分が納得できないままでした。裏事情なども知ることができましたが、実際にこういったことが知らない所で繰り広げられているかと思うと、ゾッとしてしまいますね。ディカプリオは貫禄も徐々に出てきており、これから益々期待ができそうな俳優さんに成長しつつありますね。
今年初応援、コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/563-adf097ca

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。