映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 作家 は行 > ガリレオの苦悩  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリレオの苦悩

2008 - 11/28 [Fri] - 19:59

東野圭吾(著) 「ガリレオの苦悩」★★★☆

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る

「悪魔の手」と名乗る者から警察と天才科学者・湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、湯川が立ち向かい…。喜んで謎を解いているわけではない湯川の“苦悩”が描かれる短篇集。

福山雅治が演じる湯川学が話題となり、劇場版「容疑者Xの献身」が空前のヒットを記録しているガリレオシリーズ。そんなガリレオシリーズが新たに二冊同時発売された一冊がこちらの「ガリレオの苦悩」。通常通りの短篇集であるために、長篇集とは違いスムーズに読み進められる内容のものばかり。「容疑者Xの献身」以降、湯川が決して協力的に警察に捜査協力していたのではないことが判明する。天才と唯一認める友人を追い詰め、天才である湯川自信も人並みに心を痛めていたことが窺える。ドラマや映画での影響からか、湯川が福山雅治のイメージになっている。そして今回の「落下る」で初登場してくる内海刑事。彼女が柴咲コウのイメージになり、より一層楽しみながら文章を味わうことができる。収録作五篇からの構成になっており、今作では湯川自信が事件と深く関わることが多くなり、彼自身の苦悩の数々を知ることができる。その中でも、第二章の「操縦る」が個人的には湯川の人間らしい一面が見れるので好きです。それなりに楽しめる一冊だが、やはり容疑者Xの献身には遠く及ばない気がします。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。
TBありがとうございました。
内海のさりげないアプローチが、なかなか上手く書かれていましたね。
「容疑者Xの献身」で心を痛手を受けていた湯川の復活が、よかったです。
「操縦る」が、やっぱり一番ですね。

TB、またいただけたら、うれしいです。

>藍色さん
こんばんは!
ドラマとは違って、内海がとても優秀な刑事に感じてしまいました。
「容疑者Xの献身」以降の彼の苦悩がわかり、天才も人間らしい一面を持っているのだと思いました。
やはり「操縦る」がやはり一番良かったと思います。
また何か読みましたらお邪魔致します。
TB、コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/551-62114f5c

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。