映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 作家 ま行 > 告白  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白

2008 - 11/06 [Thu] - 18:12

湊かなえ(著) 「告白」★★★★

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る
わが子を亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。

第29回小説推理新人賞受賞作である、「告白」を読んでみました。著者である湊かなえさんはまだ新人作家ならしいのだが、新人らしからぬ圧倒的な世界観をこの作品で表現しているように感じられる。この作品は六章から構成されているのだが、第一章である「聖職者」は圧巻。我が子を自分が勤めている学校のプールで亡くした女性教師が、終業式のホームルームで自分の受け持つクラスに居る犯人を示しだす。事件をモノローグ型式でそれぞれの人物に語らせていくのだが、そこから次第に事件の真相に迫っていく。この時の感覚は、なんとも恐ろしいのだが、ページをめくる手のスピードは徐々に進んでいってしまう。辞職した女性教師が蒔いた種は、徐々に侵食しはじめていき、やがては花を咲かせる。しかし大切な愛娘を失った悲しみは、復讐したからといって完全に消え去るものではない。失った命は、もう戻らないのだから…。モラルについて深く考える部分が多かった。シンプルな構成のようではあるが、ラストに背筋がゾッとするような悪寒が走った。悪意と不条理が漂うのだが、どんどん作品に引き込まれていってしまう。読後感がこんなに悪いのに面白かった作品です。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
ぐいぐい引き込まれましたね。

トラックバックなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

>藍色さん
こんばんは!はじめまして藍色さん。
あまり期待せずに読み始めましたが、どんどんと作品の世界観に引き込まれていく内容でした。湊かなえさんの次回作も読んでみたいと思いました。
コメント&TBありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/544-e13998bb

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。