映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 は行 > ホームレス中学生  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームレス中学生

2008 - 10/31 [Fri] - 21:32

「ホームレス中学生」★★
監督:古厩智之
製作:日本、2008年
出演:小池徹平、西野亮廣、池脇千鶴、イッセー尾形、黒谷友香、宇崎竜童、古手川祐子、いしだあゆみ、田中裕子、他
homeless
学校から帰宅した中学2年生の“ボク”は、差し押さえ状態となっている自宅に驚愕。さらに父親から家族解散を宣言され、兄や姉とも離れることに。ひとり取り残された“ボク”は、公園でホームレス生活を始める。【MovieWalker】

お笑いコンビ麒麟の田村裕のベストセラー自叙伝を映画化した作品。今までも彼のネタとして様々なエピソードがテレビなどでも本人の口から語られてきたことだが、父親の「解散」という一言によって、一家が離散してしまうのはなんとも悲しいものです。こんな事は通常考えられないような出来事なのだろうが、現実に中学2年生の田村裕の身に起きてしまう。中学生といっても所詮はまだまだ子供。どう背伸びをしてみても、到底まともな生活は出来ない。そんな中彼は、巨大なうんこ型のすべり台のある公園で、ホームレス生活を始める。ここからは冒頭でも説明したように、田村裕の有名なネタとして数々披露されてきたエピソードの映像化という形になっている。本人のネタとして、大変な苦労話を面白可笑しく話す分にはいいのだが、映像として鑑賞するには新鮮さが全く無く、どう観ても小池徹平の中学生という設定にはいささか無理がある。前半は笑わせようというシーンが多数用意されており、後半は泣かせようというシーンがいくつかある。だが、全く笑うことも出来ず、泣くことすら出来ない演出にはもう御手上げです。原作は未読でしたが、どうも終始感情移入できるような状況ではないように思える。様々な人たちの助けをもらいながらも、兄弟で協力し合い再生していく光景は微笑ましいものがある。どんな困難な状況でも、家族皆で食べる食事が美味しそうに見えた。小池徹平君のファン以外には、あまりオススメできない作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ホームレス中学生ホームレス中学生
(2007/08/31)
麒麟・田村裕

商品詳細を見る
映画「ホームレス中学生」オリジナル・サウンドトラック映画「ホームレス中学生」オリジナル・サウンドトラック
(2008/10/08)
上田禎

商品詳細を見る
ホームレス中学生 公式パーフェクトブックホームレス中学生 公式パーフェクトブック
(2008/10/16)
不明

商品詳細を見る

こんばんは!
今劇場公開してますねェ。
私は今作は今回は見送りたいと思います。
ちらっとあちこちのレビューが目に入ってきたので
観ていると、やはりワールダーさんのご意見の様に
笑わなきゃいけない場所で笑えず、泣かなきゃいけない所でも
泣けず・・といった感想が多いようですね。
それに今作は関西人ばかりで全部配役を決めたなんて
言ってました
小池クンは、賛否両論、中学生役でも可愛い!なんて
書いている人は彼のファンなんでしょうね(^^A
原作もテレビのドラマも見ているので、今作はDVD待ちで行きます。

それでは、応援凸

こんばんは!
きっとこの作品はワールダーさんはスルーするだろうと思ってたんで、ご覧になったとは意外でした!
小池徹平はどの映画に出ても一般層に広くアピールできないアイドル映画になってしまいますよねぇ。。
「面白さ」も「泣ける」もなく、半分ドキュメントだと思って最初から観てたんでドラマティックなまとめ方は難しいとは思っていましたが、結局はただの田村裕の昔話の再現ってだけの話でしたねw
それにしてもあの父親は本当にひどいですよねぇ…

>ぴーちさん
こんにちは!
原作を読んで、ドラマも観られているのならば、DVD鑑賞で十分だと思います。
やはり鑑賞された大半の方が、どこで泣いて、どこで笑えばいいのか解らないまま作品が終わってしまうような感覚なんでしょうね。小池君のお尻が観たい方以外は、特に観るまでもないように思えてなりません。
応援、コメントありがとうございました。

>ポニー♂さん
こんにちは!
たまたまポニー♂さんのブログでレビューを観たら、そこそこの評価だったので試しに観にいってみました。あまり期待はしていなかったのですが、ちょっと時間の無駄だったように思えてしまいました。
小池君、今回は体当たり演技で頑張っているように見えましたが、どうしてもアイドル系に見えてしまいます。ネタで散々聞いていただけに、ちょっと昔話の再現にしかおもえませんね。。。あの父親の無責任なところには、さすがに苛立ってしまいました。
コメントありがとうございました。

あらら、なんだかコメントするに値しないほどの不評さだったような。
「昔話の再現」とは的確な意見ですね。
“可哀想”とか“愉快”に単純に思えてもそれ以上の心を動かすものがないと
結局作品としてはイマイチに感じてしまうよね。
話題性があるからといって何でもかんでも映画化ドラマ化すればいいかと
いうとそうでもないような気がするな。
原作も面白いといえば面白いけど普通だったよ。
本業の作家さんに比べるともちろん劣っているような気がするけど。

うわーw
ごめんなさいw
ホントに期待してなかったんで、「あー前作のKIDSほどの糞糞映画ではなかったw」って思ってあんな評価だったんですw
もうちょっと厳しくつけますねw

これを見るとは思ってもいなかった・・・
ワールダーさん ちゃお!

本とドラマで止めときゃ良かったと思います。それか、ドラマ無しで本とほぼ同時に映画公開しとけばまだ良かったかな?興行収益的に・・・v-12

まー多分早々にTVで放送されると思いますのでそれをまっとこ!v-14

>yaccoさん
こんにちは!
不評にも関わらず、コメントありがとうございます。ネタに新鮮さがないと、どうしても昔話の再現のように感じてしまいます。内容自体は、波乱万丈なのですが、それを表現するのがどうも下手だったように思います。原作はそれなりに楽しめたようですが、やはり活字を映像化するとなると、一工夫しなければ単なる駄作へとなってしまうのが怖いところです。
コメントありがとうございました。

>ポニー♂さん
謝らないでくださいよポニー♂さん。勝手にボクが暇なので観にいっただけなんですから。評価は人それぞれですし、ポニー♂さんが面白く感じたならばそれで良いと思いますよ。変に厳しく評価すると、作品を楽しむことが出来なくなりますから、映画を純粋に楽しむようにして下さいね。
コメントありがとうございました。

>ちっちくん
ちゃお!
この作品を観るとは思っていませんでしたか?たまに気まぐれで、意外な作品などを観賞してしまいます(笑)書籍化、ドラマ化、映画化と、最近なんでも話題性重視で、中身があまり伴っていないような気がします。興行収入も大事でしょうが、面白い作品を作って欲しいものですね。TV放送まで、気長にお待ち下さい。
コメントありがとうございました。

風ぁ邪ひいてます...orz

ワールダーさん、こんにちは!

すっかり風邪でダウンして市販の風邪薬が効いたこの時間に
お邪魔します。(自爆)

さてさて、相変わらず早いチェックで「すごい」の一言ですが、
…う~ん、私も個人的にこれはハイライトを見て特に観に行こうと
思えませんでした。
実際はもっと過酷で映像では表現出来ない話と思うのですが、
配役が個人的にイメージとリンクせず、イマイチ観に行く気が
おきませんでした。
まあでも、原作になった本の方は興味があるんですけどね。(^^)
観たら観たで楽しそうですが...。

またお邪魔します!☆彡

>garekitさん
こんばんは!
風邪のほうは大丈夫ですか?最近少しずつ寒くなってきましたし、体調管理はしっかりしていってくださいね。ボクは連休中は、温泉へ泊まりにいきのんびりと過してきました。
この作品は、特に観る予定もなかったのですが、なんとなく鑑賞してしまったという感じです。正直なところ、劇場鑑賞するまででもないですが、同じ関西のかたならば多少は共感できるような作風なのかもしれませんよ?
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/541-8eec1a5a

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。