映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 あ行 > イーグル・アイ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーグル・アイ

2008 - 10/25 [Sat] - 14:40

「イーグル・アイ」★★★
原題:Eagle Eye
監督:D・J・カルーソ
製作:アメリカ、2008年
出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス、アンソニー・マッキー、ビリー・ボブ・ソーントン、他
eagleeye
コピーショップ店員のジェリーに、謎の女から電話がかかってくる。同じ頃、弁護士事務所で働くレイチェルにも同じ女から電話が。やがて、面識のないジェリーとレイチェルは引き合わされ、逃亡を余儀なくされることに。【MovieWalker】

製作総指揮であるスピルバーグが10年間温めた作品らしいのだが、ノンストップアクションがなければとんでもなく退屈な作品だったように感じられる…。スティーブン・スピルバーグの秘蔵っ子と言われているシャイア・ラブーフ。私生活でもなにかとお騒がせな彼が、「トランスフォーマー」や「インディ・ジョーンズ」などで演じた若い役ではなく、今までよりは少し大人の役に挑んでいる。突如携帯に見知らぬ女性から電話がかかってきたことをキッカケにして、一般市民が突然に事件に巻き込まれていき、次々とジェットコースターのように様々な出来事に出くわしていく。この手のジャンルのモノならば定番に感じるかもしれないが、激しいカーチェイスなどのアクションシーンが息つく暇を与えてはくれないので、主人公たち同様に訳が分からぬまま時間だけが進んでいく。しかしその展開もアリアという女性の謎が分かるまでだろう。ここが物語の大きな分岐点になることだろう。ボクは少々興醒めしながら後半の大半を鑑賞することになりました。物語自体に皮肉が込められていたり、テクノロジーの進化の賛否を問われたりしているようにも受け止められるのだが、監督のヒッチコックに対する執着心のようなものはどうかと疑問に思われる。しかもあのラストを観た瞬間、思わずため息が出てしまった…。興奮しながら観れる作品ではあるが、中身を重視すると落胆するかもしれない作品。シャイア・ラブーフ君の演技がなかなかよかっただけに残念でした。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

Eagle Eye [Original Motion Picture Soundtrack]Eagle Eye [Original Motion Picture Soundtrack]
(2008/09/30)
Brian Tyler、

商品詳細を見る

どなたかが、老け顔だから違和感がなかったとか書いてらっしゃいましたが、そうですか・・・ ワールダーさんのレビューを読むかぎりではイマイチみたいですね。ちょっと保留にします。
とりあえず、映画館に行きたいで~す。(泣)

今回は、モーガン・フリーマン大人気ですね。落ち着きがあって、行動力があって、確かに良い雰囲気でした。日本だと、TVドラマに悪徳政治家が登場する事が多すぎて、良い政治家が登場する物語をイメージできません。何か良い政治ドラマが登場して欲しいです。せめて映画の中だけでも。

>Whitedogさん
こんにちは!
そういわれれば、確かにシャイア・ラブーフは年のわりにはやや老け顔かもしれませんね(笑)演技の方では頑張っていたのですが、中盤以降でどうもトーンダウンしながらの鑑賞となってしまいました。
映画館へは最近行けていないんですか?やはり映画は大画面で観るのが一番ですし、映画の時間が作れればいいですね。

モーガン・フリーマンが大人気のようでしたね。彼のかもし出す雰囲気が好きなので、出演作などはついついチェックしてしまいます。日本は確かに悪徳政治家などが黒幕として登場する機会が多いので、あまりクリーンな政治家というのをみかけませんね。映画の中くらいは、素晴らしい政治家の一人でも登場して欲しいですね。
コメントありがとうございました。

こんばんは!
この作品、10年間も温められていた作品なんですか?
それは存じませんでした~@@
そうですねェ。。私としては、
温められていた・・というよりも、10年前の作風が
10年間凍結していて、それが今回解凍されて
何となくストーリーが古臭いにおいがしてしまったように
感じました。
仰るように、カーアクションやら、派手な爆破シーンなどが
無かったら、最初から皆さん、催眠術に掛かったきりだったでしょうね!
そういう私も、後半あくびばかりしてましたw

それでは、応援です凸

>ぴーちさん
こんばんは!
10年前はSFでしか表現できなかった作品なのでしょうが、現代のCGなどを使えばこんな感じに仕上がりましたという作品なんでしょうね。浦島太郎状態にも似たような気がします。激しいアクションや爆破シーンがあっても、かなり睡魔に襲われてしまう内容だったので大変でしたね。
応援、コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うわーんw
ワールダーさんと感想が違って残念でした(つД`)
最近これに近い感じの話の本を読んだばっかりだったんで、妙に納得してしまったし話に入り込んじゃったんですよね~!
とりあえず楽しめたので良かったですw

>ポニー♂さん
こんにちは!
今回はちょっとお互いの感想が違ってしまいましたね。
この手の小説を読まれたんですか?活字から世界観が広がり、きっと作品とリンクする部分があったのでしょうね。評価は違いましたが、ポニー♂さんが楽しめたならば、この作品は良作だと思いますよ。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/538-f2ffe106

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。