映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 や・ら・わ行 > やわらかい手  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やわらかい手

2008 - 10/11 [Sat] - 22:16

「やわらかい手」DVD鑑賞★★★★
原題:Irina Palm
監督:サム・ガルバルスキ
製作:イギリス、フランス、ベルギー、ドイツ、ルクセンブルク、2006年
出演:マリアンヌ・フェイスフル、ミキ・マノイロビッチ、ケビン・ビショップ、シボーン・ヒューレット、ドルカ・グリルシュ、ジェニー・アガター、他

やわらかい手 スペシャル・エディションやわらかい手 スペシャル・エディション
(2008/09/03)
マリアンヌ・フェイスフルミキ・マノイロヴィッチ

商品詳細を見る
ロンドン郊外に住むマギーが病を患う孫の手術代を工面するため、風俗店の“接客係”となる。それは手を使って客を絶頂に導く仕事だった。マギーは意外な才能を発揮し、多くの客を喜ばせることに。【MovieWalker】

ロンドン郊外にひっそりと暮らす未亡人のマギー。彼女の孫は難病のために一刻の猶予も許されない状態にいる。しかし家族は裕福ではないために、高額な治療費をどうすることも出来ずに苦しむ毎日を過すことしかできないでいる。すでに闘病生活の為に自宅は売却し、借金をすることも出来ずにいる中、祖母のマギーは手術費用の工面に奔走する。しかし中年でなんの資格もない平凡な主婦には働き口すら見つからず途方に暮れる。そんな時、ある店の接客係りの求人を受けたのだが、中身を知らずに見つけたその職業は性風俗の接客係りだった…。この設定だけを見ると、なんとも暗い感じに映るかもしれないが、マリアンヌ・フェイスフルという女優の存在の大きさが陰湿な部分を全て払拭させてくれる。かつては某有名ロック歌手との噂や、峰不二子のモデルとなった彼女だが、今では典型的な中年体型となりその面影すら見受けられない。しかし、無謀ではあるが最愛の孫の為に未知の世界に勇敢にも飛び込み、そのやわらかい手を駆使して多くの男性に快楽の世界を提供していく。いつしかその魔法の手は噂となり、店には長蛇の列が出来る程になる。職業病であるペニス肘になるほどまでに懸命に働く姿は、彼女の愛情表現にすら思えてならない。捉え方によってはお涙頂戴ものの不快な作品にもなってしまうが、仕事を通じてマギーが様々な物事を学んでいく姿に心打たれる。もの悲しく悲惨な中にも、その穴からは一片の光が差し込んでくるように感じられる美しい作品。◆映画ランキング◆

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

これ、観たかったんですけど、もうDVD出たんですね。
落ち着いたら観てみます。職業病ってすごいですね。予告観て、こんなんもあるんや~と驚いた反面、想像するとちょっと嫌な感じもしました。

阪神の件、あのコメントは今の私には慰めになりません(泣)
今日も負けました。もうやる気ゼロみたいです。
☆☆

>Whitedogさん
こんにちは!
ボクも以前から観たいと思っていたのでレンタルしてみました。
職業病って、ちょっと面白い反面引いてしまいそうでした。
こんな世界はよくわかりませんが、主人公の息子が母親の職種を知り、売春婦と暴言を吐いたときは心が痛みました。

岡田監督が辞任するみたいですね。阪神にもうひと踏ん張りしてもらって、CSを盛り上げてもらいたいものです。
コメントありがとうございました。

ワールダーさん ちゃお!

柔らかい手・・・そんなお店がロンドンにあったなんて知りませんでした。
中心地はストリップ場はイッパイあったけど有名どころ以外はボッタくりが多いと聞きます。お気をつけて!

実際そのような職業の方と知り合う事が無いのですが厳しい世界なんでしょうね?色々と・・・
ただ、以前書いたと思いますがその仕事で生活が出来るという事を考えると・・・綺麗事は言っていられないのでしょうね?
仮に男がその反対の仕事をと考えると無理ですね(笑

これまた重い題でした。

>ちっちくん
ちゃお!
ちっちくんが通っていたお店は、なんという名前だったのですか?あとでコッソリ教えてくださいね(笑)有名店以外は、やはりボッタクリが多いようですね。その手の店に行くのは自由ですが、用心したほうがいいですね。
その手の職業の方と何度か話をしたことがありますが、現実はそれなりに厳しいようなことは言ってました。仕事である以上は、どの業種でも一緒ですね。ただ偏見の目で見られるのはどうしようもないことなのかもしれませんね・・・。
ちっちくんに昔、この手の内容の記事で指摘されたことがありましたが、未だに何が正しくて、何が間違いなのか、答えは出ないままです。ただ、生活をしていくためには、綺麗事はやはり言ってられないのが現状なのかもしれませんね。
なかなか重いテーマのものが最近多いなか、コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/483-992e3cbd

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。