映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 作家 は行 > さまよう刃  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまよう刃

2008 - 10/10 [Fri] - 15:14

東野圭吾(著) 「さまよう刃」★★★☆

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る
長峰重樹の娘、絵摩の死体が荒川の下流で発見される。犯人を告げる一本の密告電話が長峰の元に入った。それを聞いた長峰は半信半疑のまま、娘の復讐に動き出す。遺族の復讐と少年犯罪をテーマにした問題作。

秋といえば読書の季節ですし何気に手にした一冊なのですが、これがなんとも重くて深い内容のものでした。もしも自分の愛する一人娘を見ず知らずの少年達に蹂躙された挙句に殺されたら、あなたはその犯人達を許すことができますか?まだボクは結婚もしていなければ子供もいない。でも、もしも愛する人が殺されたならば、きっとその犯人を許すことが出来ないと思う。キレイ事などは言いたくもないし、絶対に殺してやりたいとしか思わないだろう。日本でもここ数年の間に、少年・少女による凶悪犯罪が数多く起こっている。その度に取り沙汰される少年法は、どうも個人的には問題があるようにしか感じられない。まだ未成年だという理由だけで、人権や保護を優先される凶悪犯。その一方で苦しみばかりを募らせる被害者…。謎の密告電話によって、長峰は犯人の一人を殺害し、もう一人に復讐するために逃走し、警察とマスコミが彼を追う。復讐は負の連鎖しか生まないことなど知りつつも、なぜか主人公である長峰には娘の敵討ちをして欲しいと思いながら、物語を読み進めている自分がいた。人間、頭では理解していようとも、本心ではきっと大半の方が主人公と同じような気持ちでいるのだろう。ただ、もしも復讐を果たした先には何があるのだろう?きっと虚無感などしかないように個人的には思ったのだが、その答えは各々で導き出すしかないようにも思える。遺族の復讐と少年犯罪をテーマにした内容で重く哀しい作品ではあったが、読み終えた後に色々と考えさせられた作品。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

こんにちは~^^
東野圭吾の作品ですね!
まさに読書の秋にぴったりです。
この作品も面白そうだけど、私は先日
「秘密」を購入してきました!
容疑者の方も完読してないのに(^^A
本をしみじみ読む環境じゃないのが、難点なのよね・・。
映画は見るのに(○゜ε゜○)プッ

では、応援凸

こんにちは!いろいろな映画やDVDを観ながら、他にもプライベートであれこれ生活しながら(勝手に推測)、本もしっかり読んでいるワールダーさんはすごいなぁ。

それはそうと、この本も本屋の目立つところに置いてあって気になってました。
被害者でありながら加害者に成るというのは、そう遠いところの話ではないような気がするよね。
いつ自分がそういう立場になるかもしれないし、そういう立場の人だってまさか自分がそういう立場に直面するなどとは予想していないものね。
だからこそ他人事とは思えないものがあるし、もし自分だったら・・って考えてしまうよね。

それにしても、ワールダーさんのレビューは上手ですね。
自分の思ったことを加えながら上手にまとめているところも感心します。
また楽しみにしています♪

>ぴーちさん
こんばんは!
読書の秋ですので、大好きな作家の作品を読んでみました。
秘密も読みましたが、ボクは号泣してラストは大変でした。映画はどうも気に入りませんが・・・。映画と違い、ゆっくりとした環境で本は読みたいですよね。容疑者Xの献身もまだ途中のようですし、時間を見つけてゆっくりと読書してみてくださいね。
応援、コメントありがとうございました。

>yaccoさん
こんばんは!
勝手な推測は、かなりの確立で的中かと思います(笑)遊びや仕事が忙しくても、好きなことは不思議と出来てしまうものですよね。
被害者でありながら加害者に成るというのは、なんとも複雑な気持ちになってしまいますが、この主人公の気持ちは理解できたように思えます。実際にこういった事件が起きなければ他人事でしかないですが、いつ自分がその立場になるかは分からないものです…。色々なことを考えさせられた一冊でした。
レビュー褒めていただきありがとうございます。単純なのでちょっと浮かれていますw
コメントありがとうございました。

ワールダーさん ちゃお!

子供を・・・広島母子殺害を思い出します。許されるのなら?裁判で判決を下されるより自分で・・・そう思うのが普通だと思います。そこで耐えることができるか?耐える?難しいですね。    負の連鎖は続くので何処かで切らないと・・・。
被害者が加害者になりかねないですし・・・。

重い題です。

>ちっちくん
ちゃお!
とても重いテーマの内容を読んでしまいました。
広島の事件ですか?ボクはすぐに思い出すのは、光市母子殺害事件でした。
未成年が犯罪を犯しても、少年法で守られている限りは凶悪犯罪が増えるだけだと個人的には思います。忍耐力の問題ではなく、実際に被害者になったらボクは絶対に犯人に復讐することでしょうね。負の連鎖は簡単には切ることはできないです・・・。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/482-7aac5a06

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。