映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 た行 > つぐない  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぐない

2008 - 10/05 [Sun] - 22:44

「つぐない」DVD鑑賞★★★★
原題:Atonement
監督:ジョー・ライト
製作:イギリス、フランス、2007年
出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカボイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、バネッサ・レッドグレイブ、ブレンダ・ブレッシン、パトリック・ケネディ、ハリエット・ウォルター、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュノー・テンプル、ジーナ・マッキー、ジェレミー・レニエ、他

つぐないつぐない
(2008/09/26)
キーラ・ナイトレイジェームズ・マカヴォイ

商品詳細を見る
1935年、英国の令嬢セシーリアが、妹ブライオニーの嘘によって愛し合うロビーとの仲を引き裂かれてしまう。4年後、ロビーはセシーリアとの再会を夢見て戦場をさまよい、ブライオニーは罪悪感に苦しむのだった。【MovieWalker】

イギリスの作家であるイアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した作品。この作品に秘められている残酷な部分と、とてつもなく切ない部分が画面全体から溢れ出し、鑑賞中負の要素を美しく堪能したような不思議な感覚に陥る…。舞台は1935年のイングランド。政府官僚の娘である13歳のブライオニーは、将来作家になることを夢見ていた。そんな彼女が、姉であるセシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーとのいさかいを目撃してしまう。ロビーに密かに恋心を抱いていた彼女は、二人のただならぬ空気を敏感に感じ取り、ロビーに対して強い警戒心を持つようになる。そこからある事件が起き、ブライオニーは嫉妬と勘違いからある嘘をついてしまう。そのたった一つの嘘から、セシーリアとロビーの中は無残にも引き裂かれてしまい、人生までも大きく変えてしまう。嘘が致命的な結末をもたらすことはよくある話だろう。たった一つの嘘が、人の人生を大きく左右してしまう。いくら幼いとはいえども、時として許されないこともあるだろう。やり切れない想いを抱きながら生きていくのはどんなに辛いことだろう。幼いが故に生じた罪をつぐなうことすら出来ずに、戦争という悲惨な出来事がつぐなう機会すら奪い去ってしまう。この残酷な展開は一見ありがちかもしれないが、ブライオニーが選択したつぐないを知ることにより、物語に対する意味も一気に変化していく。このつぐないという作品に込められたテーマの重さに、悲痛な面持ちになってしまった。嘘の背景にいくつもの不幸が重なり、とても心がせつなくなった作品。女の嫉妬は、世の中で一番恐ろしく醜いものであると思う。◆映画ランキング◆

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

こんにちは!
主人公2人が豪華ですが、これって劇場公開ってされましたか?
去年の作品みたいですが日本ではDVDのみだったのでしょうか?
キャストも豪華だし、ワールダーさんの評価も良いので気になってしまいました!
そういえば「プリズンブレイク Season3」の地上波放送がはじまりましたね!
結局DVDは借りてないままだったので、久し振りに一気見ではなく毎週ドキドキしたいと思います♪

こんばんは!
私はキーラの大ファンなので、DVD新作が出たのを待って鑑賞しました♪
私のところでは、劇場公開が無かったんです(TT)
彼女の存在とは別に、悲しく、切ない物語に、悲痛な感覚を覚えました。
ひとつの嘘の証言で、崩壊する2人の運命。
何事もなければ、普通に結婚生活を送れたものの・・。
それにしても、今だったら、一人の証言だけで逮捕されるという事は
無いのでしょうけれど、当時はそれだけで牢獄へ入れられてしまうなんて
怖い世の中だったんですねェ。。、

それでは、応援です凸

>ポニー♂さん
こんにちは!
キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカボイの二人の共演でしたが、都合がつかずにDVD鑑賞になってしまいました。確か4月くらいに公開されていたと思います。内容はやや負の部分が強いかもしれませんが、ジェームズ・マカボイの演技はウォンテッドよりも数倍イイと思いますよ。
プリズンブレイク Season3が始まったんですか?毎週ドキドキしながら観るのも、たまにはいいものですね。
コメントありがとうございました。

>ぴーちさん
こんにちは!
ぴーちさんの近くでは公開されていなかったんですか?ボクは家から遠くの映画館だったのですが、都合がつかずに劇場では観れませんでした。今回の「つぐない」は、キーラ出演作品の中では一番好きな作品になりそうです。たった一つの嘘が招いた悲劇ではありますが、深いテーマなどを含め、なかなか興味深いものがありました。あんな怖い世の中に生まれていたらどうなっていたのかと恐ろしくなってしまいますねw
応援、コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/479-bbcb17bc

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。