映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 あ行 > イキガミ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イキガミ

2008 - 09/28 [Sun] - 19:58

「イキガミ」★★★☆
監督:瀧本智行
製作:日本、2008年
出演:松田翔太、塚本高史、成海璃子、山田孝之、柄本明、劇団ひとり、金井勇太、佐野和真、井川遥、笹野高史、塩見三省、風吹ジュン、他
ikigami
国家繁栄維持法の施行により、1000人に1人の確率で選ばれた若者に、あと24時間の死の宣告を下す死亡予告証“イキガミ”が渡される社会。公務員の藤本は、ミュージシャン志望の田辺、盲目の妹を支える飯塚らにイキガミを届けていく。【MovieWalker】

「週刊ヤングサンデー」に連載された間瀬元朗原作の人気コミックの映画化。いつもの如く原作は未読だったので、なんの予備知識もナシにあまり期待もせずに鑑賞したのですが、これが意外と面白かったのでビックリさせられました。国家繁栄維持法という法律が施行された日本では、小学校入学時にナノ・カプセルを注射される。その中の1000人に1人の確率で、18歳から24歳の間に国家の為に死ぬという運命が待ち受けていた…。その昔この国では赤紙というものがあった。太平洋戦争下の召集令状である赤紙は、問答無用に徴兵され多くの未来ある若者のの命を奪っていった。そんな事が現実に今の世にあったならば、一体どうなってしまうのか?そんな疑問を抱きながら鑑賞しました。政府発行の死亡予告証である通称「逝紙」を受け取った若者は、その24時間後に死んでしまう。残された時間をどのように生きるのかを、イキガミを配達する厚生保健省の藤本の目を通して映し出されていく。物語はメジャー進出まであと一歩というミュージシャンの田辺、ニートでひきこもりの滝沢、そしてチンピラの飯塚の3つのエピソードで構成されている。友人・母親・妹と、それぞれに想いを抱きながら残された時間を過していく。その中でも、ミュージシャンの田辺のエピソードが一番印象に残りました。当時の相方と路上ライブをしていた頃の想いを歌に載せて、かつての自分達の音楽に対する気持ちを取り戻していく姿は心に響きました。そこで歌われているPhilHarmoUniQueが歌う主題歌「みちしるべ」がとても印象深い。ファシズムに対する嫌悪感を強く感じる部分はあったが、改めて生死について見つめ直し、生きる意味を考えさせられた作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

イキガミ [DVD]イキガミ [DVD]
(2009/04/24)
松田翔太塚本高史

商品詳細を見る

この映画、何だったかしら
この間、何かを真似したとか何とかって言っていた映画かな?
あやふやな記憶で申し訳ない(^^A
応援凸

ノーマークでしたが、結構良さそうですね。
でも、わざわざ18歳を過ぎるまで生かしておく理由があるのかな?と、ふと思いました。なんだか観てみないとよく分からないので行ってきま~す(笑)

「アイアンマン」は、イケてますよ。多分、続編も面白いはずです。原作はこの後面白くなりますので。お楽しみに。

ちゃお2!
残りの命が・・・そんな事青春ど真ん中の時に言われても・・・困ります(笑
それよりかはまだ別に犯罪者を・・・ってキラみたい?
非現実的なことですが・・・選ばれない事を願いたい・・・
だって・・・飲みに行けなくなるし?

>ぴーちさん
こんにちは!
星新一の「生活維持省」に内容が酷似しているので、盗作疑惑がもち上がりましたね。どちらも原作を未読ですのでなんともいい難いのですが、映画自体はなかなか面白かったので、個人的には良かったです。
応援、コメントありがとうございました。

>Whitedogさん
こんにちは!
ボクも全くノーマクでしたが、意外に面白かったのでビックリしました。百聞は一見に如かずとは、このことなのかもしれませんね(笑)なので、Whitedogさんの疑問も自分の目で確かめないことには解決しないと思います。レビュー楽しみにしていますね。
アイアンマンは、近いうちに時間を無理矢理にでも作って観に行ってきます!
応援、コメントありがとうございました。

>ちっちくん
ちゃお2!ニアミスでした・・・。
一番楽しくなってくる18~24歳の間に死の宣告をされるのは、考えただけで嫌になってしまいます。キラのようなのは予告もないので、そっちの方がもっと嫌かもしれません。非現実なことですが、昔あった赤紙のことを考えると、当時の若者たちは想像もできないような辛い思いをしていたのだと痛感しました。
飲みにいって若いおねーちゃんばかり見ていると、奥様からイキガミという離婚届を出されてしまいますよ(笑)
連コメありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/476-cc9adfba

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。