映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 さ行 > スター・ウォーズ クローン・ウォーズ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

2008 - 08/24 [Sun] - 12:32

「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」★★★
原題:Star Wars: The Clone Wars
監督: デイブ・フィローニ
製作:アメリカ、2008年
出演:マット・ランター、アシュリー・エクスタイン、ジェームズ・アーノルド・テイラー、ディー・ブラッドリー・ベイカー、トム・ケイン、ニカ・フッターマン、イアン・アバークロンビー、キャサリン・テイバー、アンソニー・ダニエルズ、クリストファー・リー、サミュエル・L・ジャクソン、他
The Clone Wars
息子を誘拐された、犯罪組織の首領ジャバ・ザ・ハットが、その救出をジェダイ騎士団に求めてきた。今後、クローン戦争を進めるうえで彼の強大な力が必要と感じたヨーダは、事件の解決をアナキンとオビ=ワンに託す。【MovieWalker】

30年の長い歳月を費やして完結したスター・ウォーズ。そのスターウォーズシリーズの新3部作「エピソード2 クローンの攻撃」と「エピソード3 シスの復讐」の間に位置するクローン戦争を描いた長編CGアニメーションがこの「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」です。見方によっては新たなスターウォーズシリーズとも捉えられるのだろう。しかし個人的にはどうも新たなファミリー向けの作品というイメージを鑑賞後抱いてしまいました。シリーズ初のアニメ版を劇場公開することによって、今秋からの全米放送開始が予定されるTVアニメ・シリーズへという流れが、どうも商業的なので遺憾でしかない。今までこのスターウォーズという作品に魅了されたファンの一人として、どうもただのパロディとしか感じられない…。今回新たに登場する新キャラで、ジェダイを目指して修行中の少女アソーカ・タノというパダワンがいる。生意気で無鉄砲なところがやや目立つが、作品を通してそれなりに活躍していく。その他にもジャバの子供や敵のアサジ・ヴェントレスなどが登場するのだが、どうもしっくりとこない。やはり実写版での迫力が脳裏に焼きついているためか、CGでは物足りなさを感じてしまう部分がある。実写で表現しきれなかった部分をアニメで補足するのはわかるのだが、どうしても腑に落ちない。文句ばかり言ってしまいがちだが、しっかりと旧作ネタなども要所要所に散りばめられているので、それなりに心を擽られてしまいます。ボクはスターウォーズが大好きなので偏見を持ってしまいましたが、これはこれで子供と一緒に鑑賞して楽しめる作品なのではないかとも思います。ただ、若干の予備知識があったほうがより一層楽しめることでしょう。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

スター・ウォーズ-クローン・ウォーズ オリジナル・サウンドトラックスター・ウォーズ-クローン・ウォーズ オリジナル・サウンドトラック
(2008/08/20)
サントラ

商品詳細を見る

見る前から大体こんな感じの評価だろうとは思っていましたけど思っていたよりかはちょびっと評価がいいかな?
SWは大好きだけどこれはTV放送を待ちます。

出来ればエピソード1~3もCGを多用しないのでやってくれないかな?

ちゃお2!

>ちっちくん
正直なところ、スター・ウォーズのファン以外には厳しいかな?という印象です。ある程度の知識は絶対に必要です。評価はファンなので大きくオマケして星3つです。ファンじゃなければ星2つでも甘いくらいかもしれません。
エピソード1~3は確かにCGだらけでした。そのうちCGだらけになり、俳優はいらなくなってしまう日がくるかもしれませんね。。。連コメありがとうございました。

こんばんは!
そうでしたか~。
商業的な匂いまでは気づきませんでしたね(^^A
ただ、夏休み公開ということで、ファミリー向けというのは
十分意識した作品だったことは確かなようですね~。
私はそれなりに楽しめましたが、確かに大ファンだったら
ちょっとがっかりしたかも・・。
それでも、ルーカス「インディ」の時のイメージとは違い
伸び伸び自分のお得意フィールドを描いていたように思えて
良かったです。
応援凸

こんにちは!

>ぴーちさん
映画からTVシリーズという流れが、どうしても商業的にしか思えませんでした。夏に公開される多くの作品はファミリー層向けが多いので、この作品も意識した作りだったようにボクも思います。ファン的にはガッカリというか、やはり実写版が好きなので別物にしか感じられませんでした。インディの時と比べて、多少は伸び伸び製作できたことでしょうね。応援・コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/462-a74cb29b

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。