映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 な行 > ノーカントリー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーカントリー

2008 - 08/20 [Wed] - 16:12

「ノーカントリー」DVD鑑賞★★★
原題:No Country for Old Men
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
製作:アメリカ、2007年
出演: トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウッディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド、他

ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディションノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション
(2008/08/08)
トミー・リー・ジョーンズハビエル・バルデム

商品詳細を見る
1980年代のテキサス。ベトナム帰還兵モスが荒野で大金を手に入れた。しかし逃亡を図る彼を、シガーという謎めいた殺し屋が執拗に追跡。やがて両者の攻防は、地元の保安官ベルを巻き込んでいく。【MovieWalker】

久々に苦手なコーエン兄弟の作品を観賞してみましたが、やはり苦手なものは苦手なのだと痛感してしまいました…。先の第80回アカデミー賞において、作品・監督・脚色・助演男優の4部門で受賞した犯罪ドラマを描いた「ノーカントリー」。1980年代のアメリカ・テキサスを舞台に、偶然に大量殺人のあった現場に遭遇してしまったモスが、そこから麻薬がらみのある200万ドルの大金を持ち去ってしまう。それをキッカケとして、組織の殺し屋であるシガーに追われてしまう。その両者を追う保安官であるベルとの三人三様の心情や緊迫感をダークな世界観で描いている。大金を持ち逃げした男、大金を取り戻そうとする殺人鬼、殺人者を追う保安官の三人が主な登場人物。単純な構図なのだが、そこから人間の様々な部分が見え隠れする。不条理な場面に直面するシーンなどは、特に緊迫感があり息苦しさすら感じてしまう。正義というモノ自体がなくなっている、現代のアメリカそのものを感じることもできる内容は、なんとも感慨深いものです。理不尽なまでに邪悪な存在として君臨するシガーは、髪型がオカッパ頭だが、高圧ボンベのスタンガンで、鍵穴や人間を何の迷いもなく殺していく。あまりにもシガーの存在観が強すぎて、呆気に取られてしまいました。しかしながら、一体どこまでの事を伝えたいのかが分かりにくく、個人的には理解に苦しむ作品でした。作品自体から漂うやるせない雰囲気同様に、なぜこの作品がアカデミー賞受賞しかのかという疑問だけが残り、やるせなくなってきました。疲れているときに、こういった作品を観賞するものではないですね。。。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

ここ最近どこかの誰かさんのおかげでアカデミー賞とかオスカーとか以前より気になるのは何でだろ~♪

ワールダーさん ちゃお!

賞の時ちょっと気になっていた映画だったんですけど・・・こんな感じなんですね?
TVで放映されるのを待っておきます。

スターウォーズでも見に行きます?  でも、アニメって・・・どうなんでしょう?

こんばんわ!

これまたリンクしてまっす!ワールダーさんもノーカントリー観られたんですね。そんなワタシは今日ベガスを観にいってきちゃいました。近日中にアップしますね!
ワタシもコーエン兄弟作品受け付けないみたいです。今作品は、大丈夫かな?と思ったんですがやはり…ダメでしたぁ。おかっぱシガーが頭をグルグルしちゃって観終わった後には何も感じられませんでした。う~ん、これでアカデミー賞受賞しちゃったんですよね。。。久しぶりに理解不能作品に出会った感じがしました。

>ちっちくん
ちゃお2!
アカデミー賞やオスカーがきになるのは、きっとワールダー菌に感染してしまったからですね。気にしないで、もっと感染していってくださいませ。
さてこの作品は4部門で受賞したので話題になりましたが、どうも個人的にはよく分からない部分ばかりでした。ダークな世界観や、圧倒的なまでの存在感は素晴らしかったです。また改めて鑑賞したら、もしかして評価も変わってくるかもしれません。
SWは観にいく予定です。ただCGというのがちょっときになります。レビューを楽しみに待っていてくださいね。連コメありがとうございました。

>ミミさん
こんにちは!
またまたリンクしていましたか!?最近本当に多いですね。ミミさんもコーエン兄弟作品が苦手のようですね。ちょっとクセが強いですし、ボクも昔から鑑賞はするものの、どうも苦手意識がなくなりません。おかっぱ頭は反則ですね(笑)アカデミー賞受賞作品といえども、理解できないものはあるようですね。
ベガスのレビューも楽しみにしていますね。
コメントありがとうございました。

確かに、疲れている時は
この映画、鑑賞しない方がいいでしょうね^^
余計、頭が痛くなりますよね(^^;

コイントスによる人の命を手のひらでもてあそぶかのような
シガーの嫌な行為や会話が観る者の気持ちを余計に
いらつかせ、そして緊迫感を与える行為ですよね。。

アメリカも単純ドンパチモノに飽きて、小難しい作品にも
手を出し始めたんですねェ・・。
それが良い傾向なのかは、別として、
映画の傾向も次第に変化しているんですね・・・。

それでは、また~^^

連コメありがとうございます。

>ぴーちさん
最も疲れているときに鑑賞してしまい、内容も全く頭にはいらずどっと疲れが増してしまった作品でした。コイントスによって人の命を決める行為は、確かにイラつきますし冷酷だと感じます。しかしそんな行為自体が、彼の非道な一面を強調させていたようにも感じられます。こういった小難しい作品が近年増えてはきていますが、好き嫌いがハッキリと別れ、やや玄人向けの傾向にあまり偏って欲しくはないと思います。映画は誰でも楽しく鑑賞できるほうがいいとは思うんですよね。コメントありがとうございました。

私もワールダーさんの仰るように、映画って楽しむために見に行ったりするのが
一番だと考える一人ですねェ。。
頭を悩ませるだけの内容に傾倒していくのは監督自身の
独りよがりみたいに感じますよね(コーエン兄弟は2人ですがw)
映画の話題を中心に記事を書かれている方の間では、単純明快な映画なんて
素人の観るものだよ。。なんて言っている方もいますが、
私からすれば、映画鑑賞に、素人も玄人もないものだと信じてます。
要するに、楽しめれば、良いんですよね~。

それでは、応援です凸

こんばんは!

>ぴーちさん
ボクは映画=娯楽と考えている人間です。内容は多少は気にしたりもしますが、観た人が何かを感じて考えたり、単純に楽しんだりするのがいいと思います。監督のエゴばかりが目立つ作品なども時折見受けられますが、表現の自由と言われればそれまでですが、極力独りよがりだけはやめて欲しいものですね。ボクも映画を評価したりしますが、結局は自分自身が面白かったか面白くなかったという感情に勝るものはありません(笑)素人や玄人といったものは関係なく、大勢の方が楽しめる作品が多く製作されていけば嬉しいと思います。これからもお互いに楽しんで映画鑑賞していきましょうね。応援に貴重なご意見ありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/458-7ede4f2d

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。