映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 さ行 > スカイ・クロラ The Sky Crawlers  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

2008 - 08/04 [Mon] - 19:24

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」★★★
監督:押井守
製作:日本、2008年
出演:菊地凛子、加瀬亮、谷原章介、栗山千明、山口愛、平川大輔、竹若拓磨、麦人、大塚芳忠、安藤麻吹、兵藤まこ、西尾由佳理、ひし美ゆり子、竹中直人、榊原良子、他
skycrawlers
思春期の姿のまま永遠に生き続ける子供“キルドレ”が兵士として参加する戦争が、ショーとしてテレビ中継される世界。キルドレのユーイチは、とある基地に戦闘機パイロットとして配属され、女性司令官のスイトと出会う。【MovieWalker】

森博嗣の同名小説の第1巻を映画化した作品。監督には「イノセンス」以来4年ぶりのアニメーション映画となる押井守。彼の作品といえば、日本アニメ史上初のカンヌ国際映画祭コンペティション部門出品を果たした「イノセンス」や「攻殻機動隊」などが有名です。友人などのマニア連中は、こぞって絶賛していますが、どうもボクはあまり彼の作品を面白いと感じる部分が少ないような気がする…。今回の新作である「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」は、ショーとしての戦争に戦闘機のパイロットとして乗ることを義務付けられたキルドレと呼ばれる子供達の物語。彼らは永遠に年を取らずに、思春期のままの姿の子供。そんな彼らの苦悩や生死、それに纏わる愛について描かれている。まず観て分かることなのだが、テーマはいたってシンプルであり明確である。戦死することでしか死ぬことができないキルドレたちの生と死を、地上と空中という二つの異なる空間を使い描いている。地上での描写は、子供でありながら酒や女を買い、何気ない日常でありながら彼らにとっては何処か幻想的であり、虚ろな世界観を2Dで表現している。それとは全く逆で、空中での圧倒的なまでの迫力ある戦闘シーンは3Dで描かれており、迫力とスピードの圧倒的な質感を体感させてくれる。この3Dを観てしまうと、なんだか地上での2Dが物足りなくなってしまう。しかもキャラの絵自体があまり好きではないので、更に追い討ちをかけてしまう悪循環。そんな2Dの世界で子供達の愛を語られても、白けてしまい感情移入できない。しかも声優には、加瀬亮や菊地凛子などの俳優陣を使っているので、益々白けてきてしまう。明らかに声での演技がイマイチ。注目度はそれで上がるのだろうが、実際に作品のクオリティは下がっているようにしか感じられない。先の見えない世界を生きるキルドレを観ていると、先が見えずに不安でいる現代の人々に重なって見える。何処か無意味で空虚である世界で生きていようとも、そこには何らかの変化があるのだという函南優一の台詞が、一番胸に響き深く考えさせられた。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.1カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.1
(2008/07/02)
押井守、

商品詳細を見る
カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.2カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.2
(2008/05/21)
押井守

商品詳細を見る
カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.3カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.3
(2008/03/19)
メイキング

商品詳細を見る
スカイ・クロラ (中公文庫)スカイ・クロラ (中公文庫)
(2004/10)
森 博嗣

商品詳細を見る
スカイ・クロラ オフィシャルガイド-Surfaceスカイ・クロラ オフィシャルガイド-Surface
(2008/05/23)
中央公論新社書籍編集部

商品詳細を見る
スカイ・クロラ スカイリィ・J2 ティーチャー機スカイ・クロラ スカイリィ・J2 ティーチャー機
(2008/09/25)
不明

商品詳細を見る

「アヴァロン」くらいしか観たことないんですが、分かったような分からなかったような・・・(笑)
この前は、「ダークナイト」より、「スカイ・クロラ」のお客さんの方が多かったような気がします。ヴェネツィアでグランプリをというコメントがありましたが、どうでしょうね?ポニョも確かエントリーしてたと思いますが。
応援凸

>Whitedogさん
こんにちは!
アヴァロンはまだ観ていませんが、当時もそんなに興味が湧かなかったような気がします。どうも押井作品はよく分からない部分が多かったりします。
ダークナイトよりも、お客さんの入りが多かったのですか?ボクが観たときは平日でかなり空いていました。個人的にはこちらを鑑賞するならば、まだポニョを鑑賞したほうがいいような気がします。。応援・コメントありがとうございました。

ワールダーさん ちゃお!
多少さらっとした絵のアニメと思って・・・ちょっと違うのかな?
永遠の子供で戦闘機に乗り・・・って何か設定が・・・ボン!
飛行機物は嫌いじゃないのでTVで放送されたら見てみます。

>ちっちくん
ちゃお!
地上の絵は2Dでさらっとした感じなのですが、空中戦は3Dでアニメとは思えないような迫力があります。設定はなんとも微妙ではありますが、やや説教染みた感じは否めません。TVで放送されたら、お暇な時にでも鑑賞してみてください。飛行着モノの作品は、ボクとちっちくんの中では「トップガン」が永遠に脳裏に焼きついてしまっているのかもしれませんね(笑)連コメありがとうございました。

う~ん。

ワールダーさん、こんにちは!

押井守さんって確か攻殻の劇場版「ゴースト~」もそうだったような
気がします。「イノセンス」もそうだったのですね。(^.^)

これはこの間、少し「特集」みたいな物をTVでやっていて、ハイライトで
少し空中戦が写っていましたが、確かに凄そうに思いました。
地上での話がイマイチの様ですが、↑の、ちっちくんのコメントに
よく似ていて私も空中戦を観てみたいとは思います。(笑)
ただ、ハイライトではキルドレの事も少し紹介していたので、こちらも
気にはなっているので、観てみたいとは思います♪

涼しげなテンプレになりましたネ♪(^.^)

またお邪魔します!☆彡

毎度です!

>garekitさん
こんにちは!
ボクもその特集を少し観ました。きっと誰かさんも観ているんだろうなぁ~と考えていましたしね(笑)地上と空中を2Dと3Dに分けて描いていますが、どうも空中戦の3Dによる迫力になれてしまうと、地上の2Dの絵がイマイチのように感じてきてしまいました。キルドレの話にしても、考えようによっては安易な発想に感じるかもしれません。ボクには押井作品は難しいので、garekitさんに今後は押井作品のレビューは任せました!!

最近テンプレで気に入ったものがなかなかなく、頻繁に変えていました。今回のは涼しげなので、気分屋が飽きるまでは変えないでいますねw
コメントありがとうございました。

ワールダーさん、おはようございます☆

すごい声優さん達ですね。
押井監督の作品は結構好きなので、わざわざ人気の俳優さんで話題を作らなくても良いのになぁ~なんて思いました。

機会があったら是非見たいです♪
戦闘シーン、スクリーンでみたらすごいんでしょうねぇ~!

こんにちは!

>ナボさん
声優さんたちは豪華でしたが、人気俳優さんを使うのは未だに納得できません。監督もそれなりに名高い方なのに、やはり話題性重視という見方なのでしょうかね?3D映像での空中バトルは大迫力です。劇場でないと若干迫力が伝わりにくいかとおもいますので、時間があれば大画面で鑑賞してみてくださいね。コメントありがとうございました。

ぽにょも良かったけどスカイクロラのが私は好き。これは久々にDVD買おうと思った。

はじめまして!

>あさん
こんにちは!
最近あまりアニメを鑑賞しなくなったせいか、どうも今作もパッとしなかった印象が強かったです。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/453-86825378

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。