映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 は行 > 人のセックスを笑うな  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のセックスを笑うな

2008 - 07/27 [Sun] - 15:47

「人のセックスを笑うな」DVD鑑賞★★☆
監督:井口奈己
製作:日本、2007年
出演:永作博美、松山ケンイチ、蒼井優、忍成修吾、あがた森魚、温水洋一、桂春團治、市川実和子、藤田陽子、他
hitoseku
地元の美術学校に通う青年みるめは、20歳年上の女性講師ユリからモデルを頼まれ、彼女に導かれるまま関係を持ってしまう。ユリの姿が見えない日、みるめは彼女の自宅を訪ねるが、彼を招き入れた男性はユリの夫だった。【MovieWalker】

タイトルは強烈なインパクトがあるのだが、作品の中身はダルダルに緩み過ぎの退屈なものでしかなかった…。文藝賞を受賞した作家・山崎ナオコーラの同名小説の映画化。発売当時も話題になっていたのだが、未だに原作は未読のままです。20歳年上の女性講師からモデルを頼まれたことがキッカケで、19歳のみるめは誘われるまま関係を持ってしまう。10代の男からからすれば、年上の女性というだけで惹かれてしまいます。ましてやその女性が美人で人妻ときたら、頭ではいけない事だと分かっていても、もうその人しか見えなくなってしまいます。若気の至りで無茶をしてしまうのは仕方のないことだが、大火傷をする前にその関係を断つ勇気というものも時としては必要なこと。しかし若い頃の恋愛というものは、他が何も見えなくなるくらいの怖ろしい力がある。時間が経ち大人になってから冷静に考えれば分かることも多いが、経験上不可能に近いことのように今となっては思える。出演者も永作博美、松山ケンイチ、蒼井優と豪華な顔ぶれ。この3人の微妙な三角関係というものも見所の一つではあるが、今回は永作博美の年のわりに童顔で大人の色気を漂わせるユリという役柄に惹かれてしまった。年を取るにつれて永作博美という女性は、本当にイイ女になっているように感じられる。ユリという役柄も、自由奔放で年を感じさせずにどこか憎めない女性。そんな女性に恋焦がれるみるめ役に松山ケンイチ。大人の女性の魅力にどんどんのめり込んでいき、空回りしどうしたらいいのか分からなくなる心情を自然体の演技で見せてくれる。そんな彼に密かに想いを抱く同級生・えんちゃんを蒼井優が演じているのだが、叶わぬ片想いを彼女の切ない表情から表現している。この三人の演技はそれなりに見応えはあるのだが、この作品のワンシーンが無駄に長い。それなりに意図があっての演出なのだろうが、無駄に長すぎて退屈なので睡魔に何度も襲われてしまいました。キャスティングがいくら良くても、これでは全て台無しにしているようにしか思えないのが残念でならない。純情でいて生々しい心情を表現しているのは評価するが、見せ方があまりにもお粗末。不器用でも人を愛してしまう光景は、なんだか言葉にできないもどかしさが残るのだが不思議と清々しい気持ちにしてくれる。しかし隣りでセックスさせたら、笑いを堪えるのがとても大変です。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

人のセックスを笑うな人のセックスを笑うな
(2008/07/25)
永作博美松山ケンイチ

商品詳細を見る
人のセックスを笑うな (河出文庫)人のセックスを笑うな (河出文庫)
(2006/10/05)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る
映画「人のセックスを笑うな」オリジナルサウンドトラック映画「人のセックスを笑うな」オリジナルサウンドトラック
(2008/01/16)
HAKASE-SUNMariMari

商品詳細を見る

こんばんわ!

またまたワールダーさんとかぶりましたぁ(笑)!ワタシもこの作品今日レンタルしてきたばかりなんです。まだ観てないんですが、近日中に見ようと思っています。では、またお邪魔いたしますね★

こんばんは!あ、これ少し前に
小説を半分だけ(ここが味噌^^)
読みました♪
DVD化したんですか~。
ちょっと微妙だな。。
松山ケンイチ君、「デトロイト~」は期待してます^^

応援凸
(明日、お返事書かせていただきますね!)

>ミミさん
こんにちは!
近頃よくかぶっているようですね(笑)好みが似通っていると、ついついレンタルするものが一緒ということが多いようですね。ミミさんのレビューも楽しみにしていますね。コメントありがとうございます。

>ぴーちさん
こんにちは!
小説を半分だけ読んだんですか?半分ということは、あまり面白くなかったのでしょうか?ちょっと微妙というか、ボク的にはかなり微妙な作品でした。ミニシアター系好きには好まれそうですが、万人受けはしないであろう作品だと思います。デトロイト~では、かなりハジケタ松山君を見れそうで楽しみですね。応援・コメントありがとうございます・

こんにちわ!

昨日、鑑賞しました!あまりにも台詞が聞き取りにくくて途中からヘッドホンをして見ました。感想は、ワールダーさんと同じくかなーり微妙ですね…(苦笑)永作演じるユリにも全く感情移入できませんでした。久しぶりに早送りしながら見ちゃいました。えんちゃんこと蒼井優は好きだったんですけどね★普通に2時間半観ていたら完全に寝てしまっていたと思う作品でした(笑)

こんにちは!

>ミミさん
鑑賞されたようですね。台詞は確かに聞き取りにくく、ボクはボリュームを上げてしまいました。感想はやはり微妙でしたか・・・。ユリにも感情移入しにくいのは、やはり不倫関係や自由奔放な正確が原因だったのでしょうか?彼女のような魅力ある人妻には、男は弱いものです。1時間半は我慢したのですが、睡魔に襲われたので残りは2倍速で鑑賞しました(笑)えんちゃんは、ちょっと子供っぽい部分が多かったので苦手でした。コメントありがとうございました。

こんばんは♪

わたしも、この原作の小説を飛ばし飛ばし立ち読みしました~♪
最後まで読まなかったので、最後はどうなるかわからないのですが、配役を見てなるほどな~と思いました。機会があったら、DVDで観たいです♪


あ、これ気になってたやつやー(・∀・)ニヤニヤ 
個人的に永作が好きなので、タイトルの興味深さもあって見てみたかったんですが、ワールダーさんの評価は結構辛らつなようで(´ヘ`;)w

でも確かに俺もワンシーンが長い映画って間延びするし好きじゃないかも。

>ナボさん
こんにちは!
ナボさんが辺りを気にしながら、本屋さんで立読みしている姿が目に浮んできてしまいます(笑)個人的には微妙な作品ですが、原作をちょっと読んだナボさんの感想に興味があります。鑑賞したら感想聞かせてくださいね。コメントありがとうございます。

>KEN1 a.k.a. ケンイチさん
こんにちは!
ケンイチさんも気になっていた作品のようですね。永作さんは、本当に年を重ねるごとにキレイになっているように感じます。ribbonの頃には、こんな素敵な女優さんになるとは想像できませんでした。タイトルのようなシーンはあまりなく、少々ガッカリ?するかもしれません。ワンシーンがやたら長いので、2倍速で鑑賞するくらいが、ちょうどイイかもしれませんよ。コメントありがとうございます。

今まで見た映画で一番つまらなかった

はじめまして!

>ねこさん
こんにちは!
面白いか、面白くなかったと聞かれれば後者にボクもなってしまいます。ただ、役者の方々は魅力的だったと思います。コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/450-3a5f34e1

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。