映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 な行 > 西の魔女が死んだ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西の魔女が死んだ

2008 - 07/01 [Tue] - 18:16

「西の魔女が死んだ」★★★
監督:長崎俊一
製作:日本、2007年
出演:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大森南朋、高橋克実、木村祐一、他
the witch of the west is dead
同名の名作児童文学を映画化したハートウォーミングな感動ドラマ。“西の魔女”と呼ばれる不思議なおばあちゃんと孫の少女が過ごす夏の日々を、美しい自然をバックに映し出す。【MovieWalker】

出演者の中で、りょうが一番魔女のように見えてしまったのはボクだけだろうか…?以前、仲良くしてもらっているブログ友達から紹介され、この作品にはとても思い入れがある。その梨木香歩原作の「西の魔女が死んだ」を映画化した作品。魔女である祖母と、孫とのひと夏の心温まるファンタジー。魔女であるおばあちゃん役は、あの大女優シャーリー・マクレーンの娘のサチ・パーカーが演じ、孫のマイ役は新人の高橋真悠が演じている。この子どこかで見た気がすると思っていたら、少し前に地元のテレビ番組に出演していた子でした。それが今ではスクリーンデビューですから凄いことです。物語は、登校拒否になった少女が、西の魔女の家で魔女修行することによって、傷ついた心を癒し少しずつ大人へと成長していく姿を描いている。祖母と触れ合うことによって、徐々に傷ついた幼い心をそっと包み込んでいくかのような、おばあちゃんの優しさがスクリーンから随所に伝わってくる。そんなおばあちゃんの優しさに包まれ心が変貌していく姿は、見ていてなんとも微笑ましい限りです。しかし前半のそんな大切な場面を、どうも雑に描写されているようにしか感じ取れない。悪く言ってしまえば、手抜きというか適当に撮ったとしか思えないような感覚に陥ってしまう。後半部分が特に良かっただけに、この前半部分がとても悔やまれる。出演者の中にも、これはちょっとミスキャストというか、必要性を感じられない人物も見受けられたのが残念でした。魔女修行とは、昔の人ならば誰でも当たり前のようにしていたことだと思う。現代は、様々な物が溢れかえり、時間に追われて過す日々。大自然の中でスローライフを楽しみ、何気ない日々の変化を見つけ穏やかに過し、何事も自分自身で決断する。出来そうだがなかなか出来ない当たり前の事を、おばあちゃんは優しく言葉で教えてくれる。おばあちゃんの言葉一つ一つが、本当は魔法だったのかもしれない。美しい風景が、おばあちゃんの言葉を更に後押して、心に自然と溶け込んでいく。ラストのおばあちゃんから孫へのメッセージは、分かってはいるが涙が止まらなくなってしまう。疲れた心と身体が癒される作品。原作に思い入れが強かっただけに、どうしても腑に落ちないものが残ってしまう…。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る
フォレスト・ストーリー~Sound Scape from 映画「西の魔女が死んだ」フォレスト・ストーリー~Sound Scape from 映画「西の魔女が死んだ」
(2008/04/10)
サントラ

商品詳細を見る

こんばんは☆

私も近々観に行きます~。
原作への思い入れが強いのでダメかもですね。
でも、きっと、ラストは泣きます(^^)

こんばんは!
確かに「りょう」が魔女に見えてしまう気持ち、判ります^^
主演のサチ・パーカーは、10年も日本に住んでいたというだけあり、日本語、上手でしたね^^
日本人よりも、キレイな日本語を話てました^^

この映画の様な、生活
良いですねぇ。ハーヴ好きな私は、特に思いました。ハーヴティーにカモミールの花や、ミントを浮かべるちょっとしたおもてなしの配慮。昔、私も製氷する際に、ミントや、レモンバームを摘んできて、一緒に凍らせて、冷たい飲み物にその氷を入れると、飲んでいく間に氷が溶けて、ミントがプカンと浮かんでくるのを楽しんだりしていたのを思い出しました^^
魔女修行も、単純な事だけれども、実は毎日
の繰り返しの中では、なかなか辛いもの。。
習慣にしてしまえば良いのでしょうけど、それまでの生活習慣を変えるのは、勇気が要りますよね。
優しいおばあちゃん。
アイ・ノウ・・という言葉が胸に響きます。

と、、今日は長々と失礼しました!
では、応援させてください^^
また、お邪魔します^^

>kichiさん
こんばんは!
kichiさんの紹介で、大好きになってしまった原作なだけに、少々腑に落ちない部分がありました。どうしても好きな作品に対しては思い入れも強くなってしまいがちですね。でもきっとkichiさんも、ラストは泣いてしまうんでしょうね。鑑賞後に、また感想をぜひ聞かせてくださいね。
コメントありがとうございます。


>ぴーちさん
こんばんは!
りょうが魔女に見えてしまう気持ち分かってもらえて嬉しいです。
サチ・パーカーもですが、最近ですと演歌のジェロもですが、日本人よりもキレイな日本語を話していますね。日本人として、本当に恥ずかしいものです。
大自然でのスローライフは憧れです。きっと始めは不便さもあるのでしょうが、老後はあのようなキレイな風景が広がる土地で暮らしてみたいものです。
ぴーちさんはハーブティーが好きなんですね。ボクは紅茶よりも、コーヒー大好き人間です。ちょっとした御もてなしの心が、何倍にも美味しさを増すんでしょうね。ちょっと乙女な部分のぴーちさんを垣間見れた気がします。
魔女修行は、確かにその習慣になれるまでは苦痛に感じてしまうかもしれませんね。でも本来ならば、当たり前のことですし、少しはボクも修行しないといけないようです。
I knowという言葉は、おばあちゃんの魔法だったのかもしれませんね。
お忙しい中、長文コメントありがとうございました。応援もいつもありがとうございます。

ワールダーさん ちゃお!
この映画、知り合いの年配の女性が見てきたそうなんですが、涙涙の映画だったそうです。
昔のおばあちゃん達はみんな魔女?何でも知っていてなんでも解決できて・・・今はみんな離れて暮らしているから分からないのかな?

アイスコーヒーの氷はコーヒーで作った氷をどうぞ! 薄くならないですよ。

>ちっちくん
ちゃお!
年配の方が見にいかれたんですか?若い世代から、年配までの幅広い世代の方が鑑賞できる作品です。きっと初老前のちっちくんが鑑賞しても、涙・涙でスクリーンが見えなくなってしまいますよ。
今は核家族化ばかりですし、おばあちゃんからの知恵を受け継がれていない子が多いんでしょうね。ちっちくんのお子ちゃまたちは、大丈夫ですか?
アイスコーヒーの氷の知恵は、なるほどととうなずいてしまいました。でも、一気に飲んでしまうボクはどうしたらいいのやら…(笑)
コメントありがとうございます。

こんにちは!

遅くなりましたが、感想コメさせていただきます!

原作のファンとしては少し残念な場面があったりしましたが
あまり期待をせずに観に行ったせいか、単純に楽しめました。
最後はやはりダメですね。泣いてしまいます。
もうすぐ夏休みなので、久しぶりに原作を読み返してみようと思ってます。

そちらもまだまだ暑い日が続きそうですね。
お忙しい季節だと思いますが、モリモリ食べて元気に乗り切ってくださいね!

こんにちは!

>kichiさん
kichiさんの感想待っていました。やはり原作ファンには、納得いかないシーンや残念に感じる部分が多かったと思います。どうしても想い入れのある作品の映画化を鑑賞する際は、期待してしまうのでダメですね。その点kichiさんはあまり期待せずに鑑賞されたようで、単純に楽しめて良かったですね。ボクもこれからはkichiさんを見習って、あまり期待せずに鑑賞するように心掛けてみます。ラストに泣いてしまうのは仕方がないです。ボクも泣いてしまいましたし。ボクもまた原作を読み返してみたいと思います。

残暑が続きそうな気配ですし、kichiさんも夏バテしないようにモリモリ食べて、たくさん素晴らしい作品を製作していってくださいね。コメントありがとうございました。

あけましておめでとうございます!
ことよろv-222

昨夜ようやくv-55で見ました
のんびりとした生活とおばあちゃんの優しさ・・・おばあちゃん役はよかったですね!
りょうは・・・魔女ですねv-12

今年はいくつここで紹介されたのが見れることやらか???

>ちっちくん
あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします。

テレビでよっと放送されたんですね。
年末年始ず~っと飲んでいたので知らなかったです(笑)

のんびりとした生活はいいものですよね。
おばあちゃん役のサチ・パーカーからは、優しさがあふれ出ていてとても癒されるものです。
りょうはやはりちっちくんも魔女に見えたようですね(笑)

今年も時間があったら、紹介した作品をどんどん観ていってくださいね。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/438-200b2412

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。