映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画0~9 > 4分間のピアニスト  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4分間のピアニスト

2008 - 06/15 [Sun] - 18:58

「4分間のピアニスト」DVD鑑賞★★★
原題:FOUR MINUTES
監督:クリス・クラウス
製作:ドイツ、2006年
出演:モニカ・ブライブトロイ、ハンナー・ヘルツシュプルング、スベン・ピッピッヒ、ヤスミン・タバタバイ、リッキー・ミューラー、他
FOUR MINUTES
老齢のピアノ教師クリューガーは、授業に訪れた刑務所で、問題児のジェニーと出会う。彼女の才能を認めたクリューガーは特別レッスンを施すが、コンテストの決勝を目前にして、ジェニーが暴力事件を起こしてしまう。【MovieWalker】

まさに天才と狂人は紙一重といった印象を受けてしまった…。ピアノという楽器を用いられた作品は数多く製作されているが、ピアノの音色と映画という空間は、不思議と絶妙なハーモーニーをかもし出しているように感じられる。無実の罪で捕らわれた天才ピアニストと、その類まれなる才能に出会った老婆の教師との、全くかけ離れた世代の二人の世界観をピアノという形で表現している。オーディションで役を勝ち取ったハンナー・ヘルツシュプルングが、一癖も二癖もある暴力的な女囚人・ジェニーを熱演している。彼女の演技というか顔を見ていると、どうもむかついてきてしまう。狂気に狂い、暴力的で横暴な性格が画面いっぱいに溢れ出し、野生の獣のような姿は今にも噛み付かれそうな雰囲気をかもし出している。根本的にこういった女性が好きではないので、どうも感情移入できない。これがもしも感情移入できたのならば、評価も変わってきたことだろう。一方、昔気質のお堅い老婆役を演じたモニカ・ブライブトロイですが、入念なメイクで年相応の雰囲気を演出している。自分自身をコントロールできない少女に、コンテストで優勝させる為にピアノを教えいく過程での心の変化というのに、あまり説得力を感じられなかったのが残念。個々に秘められた過去のトラウマに対する描写不足が痛い。全体を通してみても、どうもキレイにまとめ過ぎている様に思えてならない。ラストの4分間の演奏時間は、とてもダイナミックでいて衝撃的なのだが、物語の最後がどうも納得いくものではなかったように感じられる作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

映画「4分間のピアニスト」オリジナル・サウンドトラック映画「4分間のピアニスト」オリジナル・サウンドトラック
(2007/10/31)
サントラ

商品詳細を見る
4分間のピアニスト4分間のピアニスト
(2008/06/06)
モニカ・ブライブトロイハンナー・ヘルシュプルング

商品詳細を見る

こんばんは☆

ワールダーさん、こんばんは☆

この作品、今年初めに鑑賞しました。

>個々に秘められた過去のトラウマに対する描写不足が痛い。
>全体を通してみても、どうもキレイにまとめ過ぎている様に思えてならない。

そうですね・・・無実の罪と言っても「殺人」なので、ちょっと信じられませんよね~!
しかし・・・色んな意味ですごい作品でしたね~。

*********************

ところで、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。

作品名:『パコと魔法の絵本』 
(2008年・日本製作作品 監督は中島哲也です)

今月の、この作品を選んでくださったのは、 「茶栗鼠の映画評論 」 の 茶栗鼠さんです。
http://tyanndora.blog50.fc2.com/blog-entry-530.html
(茶栗鼠さんは、この企画に第3回目から参加して下さっています☆)

お選びになられた理由は

☆最近の邦画は不作で、面白くない作品たちばかりなのに、この作品は独創的で全てにおいて満点だったからです。
☆全面の雰囲気に反比例して、邦画で難なく泣ける映画だからです。

 ・・・との事です。

鑑賞日は4月23日(金)~25日(日)の三日間です。(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)
是非、ワールダーさんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありませんが、作品を選んでくださった方には、必ず書いて頂きます)

なお、このDVDは、多くのレンタルのお店に、存在するとおもわれますので、宜しくお願いしますネ☆

>miriさん
こんにちは!
ピアノの音色を通じて、色々な想いが伝わってくる作品だったと思います。
内容は別として、確かに色々な意味で凄い作品でしたね。

今月も「ブログ DE ロードショー」 を開催されるんですか?
わざわざご案内ありがとうございます。
「パコと魔法の絵本」ですね。
この作品の公開当時、ちょっと敬遠してしました。
中島哲也監督の作品では、「下妻物語」や「嫌われ松子の一生」を観ましたが、どうも相性が悪かったのでその後この監督の作品を観ないようにしていました。ただこういった機会を通して、苦手な監督の作品も観てみようと思います。もしかしたら日程よりも鑑賞するのが遅くなってしまいそうですが、また皆さんで同じ作品を通じて語り合いたいと思います。

コメント、ご案内、ありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/428-c85962de

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。