映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 は行 > 僕の彼女はサイボーグ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の彼女はサイボーグ

2008 - 06/06 [Fri] - 21:33

「僕の彼女はサイボーグ」★★
監督:クァク・ジェヨン
製作:日本、2007年
出演:綾瀬はるか、小出恵介、桐谷健太、鈴之助、吉高由里子、斉藤歩、田口浩正、遠藤憲一、小日向文世、竹中直人、吉行和子、他
cyborg
孤独な誕生日を過ごす大学生ジローの前にキュートな美女が現れる。楽しい時間を過ごすものの、彼女はいきなり姿を消してしまう。それから1年後の同じ日、ジローは再び“彼女”と出会うが、どこか様子が違っていた。【MovieWalker】

サイボーグという役所は、演技があまりお上手ではない方にとっては適役なのかもしれない…!?「猟奇的な彼女」、「僕の彼女を紹介します」などでお馴染みのクァク・ジェヨン監督作品。どうも韓国映画が苦手なボクとしては、違和感ばかりが終始残ってしまうシーンが多い。そもそも、朝鮮系の方が日本映画を作るのだから仕方がないことなのかもしれないが、日本人には受け入れがたい作品という印象ばかりが目立つ。未来から来た彼女とボクの、なんとも奇妙な共同生活に加えて、SFファンタジーやラブストーリーを付け足したのだから、もう内容はゴチャゴチャしていて分かり難い。しかも時代が急に変わったりするのだから、注意深く鑑賞していなければ物語から取り残されていく感覚に陥ってしまうのが難点。純情な男性と少々おかしな女性という設定自体に真新しさを感じないうえに、どうも描写が古臭く感じてしまう。80年代?90年代のラブコメ漫画ではあるまいし、観ていて恥ずかしくなってきてしまう。こういう設定が韓国風といってしまえばそれまでだが、さすがにそろそろ飽きられてきてしまっているのではないだろうか?新鮮味がないのをカバーしようとして、エヴァンゲリオンの綾波レイを彷彿させるようなファッションなどもあるが、一部のコアなファンなどは喜ぶだろうが、その他は日本漫画の新旧作品をパクった感じに思えてならない。一番の見所は、なんといってもキュートな姿を振り撒く綾瀬はるか。今までにないような可愛さを、スクリーン前面に押し出している。彼女の描写のしかたが抜群に上手い。対する小出恵介の素朴で純情な青年もそれなりに堪能できるが、綾瀬はるかの小悪魔的なキュートさには遠く及ばない。演技どうこうの問題ではなく、根本的に監督の想い描く世界観自体に違和感を感じてしまう作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]
(2008/10/17)
綾瀬はるか小出恵介

商品詳細を見る

こんばんは!
ワールダーさん^^ボロクソですねww
そうですね~。多分、ワールダーさんなら(いや、男性には)お奨めじゃない作品ですよ、これw
確かに、小出君の台詞も臭いですもんね^^;
けれど、綾瀬はるかちゃんにとってはこの映画、一番の当たり役?じゃないのかな~。
すごく彼女の魅力が満載でしたもんね!
韓国映画、「僕の彼女を紹介します」は明日、レビューを出すんですが、この3部作では、近作は3番目かな・・
すごく「僕の彼女を紹介します」が良すぎた(><)
あ、その作品も多分、ワールダーさんなら
お怒りもんかもしれないですがね~w
では、TBよろしくお願いします^^
応援凸

>ぴーちさん
こんにちは!
観る前からこういう予想はしていましたが、案の定辛口批判してしまいました。男性というよりも、日本人向けではないような気がします?綾瀬はるかさんにとっては、これだけ魅力たっぷりに撮ってもらえれば、大満足でしょうね。
もちろんですが、このシリーズは未見です。鑑賞する気もないのが本音ですが・・・(笑)ぴーちさんのレビューで、また鑑賞した気分にさせてもらいますね。
応援、コメントありがとうございます。

こんにちは~
綾瀬はるかは可愛いですよね。
そんな彼女の魅力が引き出されたという部分では綾瀬はるかを起用したことは正解だったのかな?
ああいう非現実的なストーリーや設定はなかなか理解され難いし共感持てなかったりするから難しいのだろうね。
始まったばかりのでは「ザ・マジックアワー」が面白そうよね。

「20世紀少年」や「容疑者Xの献身」も夏~秋にかけてあるね。
マンガや小説が原作のものは先に原作を読んでいると違和感感じたりもするけど、どうだろうね。
邦画でも最近は結構面白いのが出ているのかなぁ?

>yaccoさん
こんばんは!
綾瀬はるかさんの魅力を十分に引き出しており、普段の数倍は可愛く描写されています。彼女の代表作になるかもしれないです。
個人的には、どうも韓国映画が苦手ということもあり、感情移入できずにいます。
今日から公開された「ザ・マジックアワー」もどうなんでしょうね?鑑賞したらレビューしますね。
原作ものを映画化するケースが多いですが、どうも活字の持つ独特の世界観を表現するに至っていないケースが多いです。
最近の邦画は、面白い作品と駄作とがハッキリと分かれてしまっています。。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/424-bde90f12

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。