映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 ま行 > ミスト  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスト

2008 - 05/22 [Thu] - 16:53

「ミスト」★★★☆
原題:The Mist
監督:フランク・ダラボン
製作:アメリカ、2007年
出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ネイサン・ギャンブル、ローリー・ホールデン、他
mist
メイン州西部の町を嵐が襲った翌日、深い霧が発生し、町中を覆ってしまう。しかもその霧の中には、正体不明の謎の生物が潜んでいた。スーパーマーケットの店内に避難した住民たちは、決死の脱出を試みようとする。【MovieWalker】

ホラー作品としてはなかなかの秀作なのだろうが、終始イライラさせられラストも賛否両論になるであろう作品。原作スティーヴン・キング、監督フランク・ダラボンとくれば、真っ先に思い出されるのが、「ショーシャンクの空に」と「グリーンマイル」の2作品です。この2作品は、個人的にも好きな作品ですが、皆さんの中にも好きな作品に挙げられる方も結構多いのではないでしょうか?今作は、霧の中に潜む謎の生物に恐怖し、次々と錯乱していく人々を描いていくパニック・ミステリー。本当はあまりこの手の作品は好きではないのですが、ついつい怖いもの見たさで見てしまい後悔するばかりです…。人間が恐怖に直面すると、思いも寄らない行動をとってしまうもの。街全体が急に深い霧に覆われてしまい、急遽スーパーマーケットに逃げ込み、そして閉じ込められることになる…。霧に包まれ謎の物体らしき物の恐怖に怯え、人が徐々に理性を失っていく。見えない恐怖に怯えるのは当然だが、本作は人間の持つ醜い内面を描き出している。どんなに立派な人でも、窮地に立たされたときにこそ、その人の本質が見えてくるもの。ただ個人ではなく、それが大人数となってくると話は少々変わってくるもの。それぞれが持つ恐怖が一気に増幅し、猜疑心の目で他人を疑い、自己中心的になり、時として信仰心などという厄介なモノまででてきてしまう。そういった常軌を失った行動の数々を見ると、いざというときこそ、冷静でいることの大切さを思い知らせれる。しかし、いざそのような状況に置かれて冷静でいられるかと聞かれても、自信がないものです。恐怖がいかに人間の判断力を鈍らせ、狂わせていくのかと悲しくなってくる。本当に人間とは弱い生き物だと痛感させられる。登場人物で特に目を見張るのが、マーシャ・ゲイ・ハーデン。信仰心の強い彼女が、人々を徐々に洗脳していく姿は、なんとも見ていておぞましい光景です。彼女の演技力に感服する反面、終始イライラさせられ彼女の顔を見るだけでへどが出そうになる。どうも宗教だけは苦手でなりません。。。さて、冒頭でも書いたとおり、この作品は賛否両論になるであろう作品。個人的にはラストが見えてきてしまい、好きにはなれない。これでは何のためにラストを原作と変更したのか、どうも解せない部分が強い。ホラー作品といて出来が良かっただけに、余計な恐怖の後付を無理矢理つけたのが勿体無い。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

ミストミスト
(2008/09/17)
トーマス・ジェーンマーシャ・ゲイ・ハーデン

商品詳細を見る
The Mist [Original Motion Picture Soundtrack]The Mist [Original Motion Picture Soundtrack]
(2008/01/15)
Mark Isham、 他

商品詳細を見る
The Mist (New American Library (NAL))The Mist (New American Library (NAL))
(2007/10/02)
Stephen King

商品詳細を見る

こんばんは!ワールダーさん。
ミストを鑑賞されたんですね!
ワールダーさんは、この手のホラーものは
お嫌いなんですね。
それまでのホラーな表現の中で、ダラポン監督は最後に自分の作品らしさを表現したいという欲求がこういう形で表したかったのかもしれませんね。最後の結末で、逃げ切れたと思った人間達にも最悪な起爆剤を仕掛けていましたね。
一寸先の未来は悲しいかな、私たち人間には判らないし、主人公が他の人間の命を取り仕切って殺害するという人間のエゴイズムの愚行を描きたかったのかもしれませんね・・。
では、ではTBよろしくお願いします☆
応援させてくださいね^^

>ぴーちさん
こんにちは!
ホラーものは嫌いというか、ちょっと怖いものが苦手なので敬遠してしまいがちです。こういう怖い作品って、意外と女性の方が平気だったりして?
ラストの結末は、恐怖の後付プラス、監督からのメッセージ性が強く感じ取られました。しかし、なんともやりきれない気持ちになり、人間のエゴをまざまざと見せ付けられたような気がします。
「ショーシャンクの空に」と「グリーンマイル」を超えるのは、なかなか至難のわざかもしれませんね。
TB本日は成功しました☆
応援、コメントありがとうございます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/418-39f84f2b

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。