映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 た行 > チャーリー・ウィルソンズ・ウォー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

2008 - 05/19 [Mon] - 17:30

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」★★★
原題:CHARLIE WILSON'S WAR
監督:マイク・ニコルズ
製作:アメリカ、2007年
出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、他
charlie
酒と女に目がないテキサス州選出の下院議員チャーリーが、ソ連の侵攻を受けたアフガニスタンの悲惨な現状を知る。やがて彼は、美人大富豪ジョアンやCIAのガストと組んで、極秘のソ連撃退作戦を実行しようとする。【MovieWalker】

冒頭の入浴しながらお酒を飲んでいるシーンを見て、軽いコメディタッチの社会派作品だと思い込んでいたら、全く逆の少々お堅い社会派作品でした…。実在したテキサス出身の下院議員であるチャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話を基にした作品。政治よりも酒と女とドラッグに興味深々な政治家であるチャーリー・ウィルソンズ。ハッキリ言ってダメ人間の部類に入るであろう一人の人間が、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させてしまうという、嘘のような本当の話。遊び大好きの田舎の議員が、冷戦終結の引き金をひいたとは、この作品を鑑賞するまでは全く知りませんでした。そんな破天荒な男であるチャーリー・ウィルソンズを、名優トム・ハンクスが演じているのだが、彼の持つ雰囲気が俗物的な存在でいて、英雄気取りしない姿を巧妙に演じきっている。そんな彼をサポートする事務所の女性たちは全員巨乳のチャーリーズ・エンジェルズと呼ばれる面々。彼女らがチャーリー・ウィルソンズ同様政治活動に目覚めて、アフガンの人々の為に武器弾薬を横流していく姿は、映像的にはどうも納得いかないものがある。全てにおいて細かい歴史描写や人物関係を省略し、下手にブラックユーモアを取り入れたあたりが個人的には気に入らない。一番気がかりなのは、どうしてチャーリー・ウィルソンズが、ここまでアフガン情勢に興味を持ったのかが、全く何も伝わってこない。詳しく当時の歴史を知らない限り、この作品の内容を把握するのが難しく、しかも決定的に感情移入することが出来ない。そこへいくらジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンの個性派俳優を絡めていっても、いまひとつしっくりと馴染まない。何処かおとぎ話を見ている感覚になってしまう。アメリカ側からの視点で全部を描いているせいか、結局はご都合主義的な作品に仕上がっているのが残念。作品の終盤に、アメリカの中途半端な対応が後の9.11に繋がっていくという反省も描いてはいるものの、やはり腑に落ちない部分が多かった。久々にスクリーンに登場したジュリア・ロバーツですが、つけまつ毛を安全ピンで整えていくシーンが怖すぎました。鑑賞前に、ある程度は歴史を勉強していったほうが楽しめるであろう作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

チャーリー・ウィルソンズ・ウォーチャーリー・ウィルソンズ・ウォー
(2008/10/24)
トム・ハンクスジュリア・ロバーツ

商品詳細を見る
Charlie Wilson's War [Original Motion Picture Soundtrack]Charlie Wilson's War [Original Motion Picture Soundtrack]
(2007/12/18)
V. Kraus、 他

商品詳細を見る
Charlie Wilson's War: The Extraordinary Story of How the Wildest Man in Congress and a Rogue CIA Agent Changed the History of Our TimesCharlie Wilson's War: The Extraordinary Story of How the Wildest Man in Congress and a Rogue CIA Agent Changed the History of Our Times
(2007/11/06)
George Crile

商品詳細を見る
History Channel: True Story of Charlie WilsonHistory Channel: True Story of Charlie Wilson
(2008/04/29)
不明

商品詳細を見る

こんばんは!ワールダーさん、早いですねぇ~^^
もう鑑賞されたんですかぁw
レビューは見ないようにしました。
今度鑑賞して来る都合がありますので(爆)

応援させてくださいね!
鑑賞できたら、またコメントさせてください^^
では!

>ぴーちさん
こんにちは!
近々、ぴーちさんも鑑賞予定でしたか?
鑑賞後にでも、じっくりとレビューご覧下さいませ(笑)
応援、コメントありがとうございます。

昨日、はじめてブログ拍手なるものからコメント出来ることを知りました。。。気付くのが遅れてしまい、すいませんでした。

あ、拍手へのコメント気付かれました?w
ダイジョウブです!私も以前にいただいたお友達のコメントを一ヶ月も知らずに無視してましたからw(笑い事じゃないんですけどね!)
今週、行けるかな~。。。
では、応援です凸

>ぴーちさん
こんばんは!
気付くのが遅れましたが、これからは拍手のコメントもちゃんとチェックしておきますね。あらら、ぴーちさんもボク同様に、気付かれなかった経験の持ち主だったんですね(笑)
ぴーちさんのレビュー、楽しみに待っています!
いつも応援、コメントありがとうございます。

ワールダーさん ちゃお!
これ先日深夜に本人も出てきて紹介されていましたね。
オネーチャンに囲まれて・・・そこだけは羨ましいかも?
実際こんな状況になったら真っ先に逃げて関わらないのが普通の人でして・・・?違うから映画になるのでして・・(笑)
これも良い映画ですね。

>ちっちくん
ちゃお!
先日、トム・ハンクスがTVに主演していたんですか?見逃してしまいました。
おねーちゃんに裸で囲まれて・・・。それは男ならば誰でも羨ましく思いますね(笑)
普通の人間ならば、きっと何もしないまま状況を見守るのが普通なんでしょうね。。
コメントありがとうございます。

こんばんは!ワールダーさん^^
今日はお留守という事でいっぱい荒らしにw来ました~♪
冒頭の入浴シーンやら、周りの巨乳w美女軍団は、女好きの彼にはいい環境なんでしょうねw
ワールダーさんも、当然・・・・・ww
個人的には、フィリップの演技、好きでしたよ^^
トムを食ってましたもん。。
(どんな味だろう?)
確かにある程度予備知識は必要な映画だったですね!

では、では、応援凸

>ぴーちさん
こんにちは!
昨夜は飲みすぎてしまい、一日中二日酔いでした。留守にしていないくても、どんどん荒らしにきてくれてOKですよ。
チャーリーでなくとも、世の男性からしてみたら羨ましい環境ですね。
フィリップ・シーモア・ホフマンの演技は、作品の中で一番輝いていましたね。
こういった作品を観賞する際には、予備知識が必要不可欠ですね。
応援、コメントありがとうございます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/417-062acfaa

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。