映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 か行 > 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

2008 - 05/14 [Wed] - 18:57

「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」★☆
監督:樋口真嗣
製作:日本、2008年
出演:松本潤、長澤まさみ、阿部寛、椎名桔平、宮川大輔、甲本雅裕、高嶋政宏、國村隼、KREVA、黒瀬真奈美、生瀬勝久、古田新太、上川隆也、他
kakushitoride
隣国の山名に攻められ、陥落寸前の秋月。ひょんなことから、山の民の武蔵と木こりの新八が、秋月復興の軍資金である紋章入りの金塊を発見する。大喜びする彼らの前に秋月の侍大将、真壁と姫君の雪姫が現われる。【MovieWalker】

台詞といい、主題歌といい、裏切り御免としつこすぎてウザイ。その中でも一番ウザイのが、台詞もないのに一人変な格好をしてチョロチョロと歩き回り、シーンを台無しにしてしまっている主題歌を歌っている方かもしれない…。1958年に製作された黒澤明監督の傑作活劇を、新解釈を加えてリメイクした作品。オリジナル版を律儀に再現した森田芳光監督の「椿三十郎」にしても、新たな解釈を加えた今作にしても、黒澤作品をリメイクしたならば、絶対に文句の一つや二つは言いたくもなる。それ以前に、なぜ今リメイクしなければいけないのか?全くもって理解出来ないものです。そもそもこの作品は、アイドル映画として鑑賞すべき作品のような気がしてならない。実際に鑑賞していた10代の女性などは、松潤を見て黄色い声援をあげていたことだし…。それ以上の世代にしてみたら、ある二つの作品のパクリと思えてくるのかもしれない。スターウォーズとカリオストロの城を彷彿とさせるシーンが、いくつか見受けられる。例えその作品に対してのオマージュだったとしても、もう少し違った見せ方というものも出来たのではないだろうか?時代背景もよく見えてこなく、それぞれの灰汁の強いキャラが目立ちかみ合っておらず、テンポを悪くしていっているように思える。それに加えて、高貴な姫様と山の民の身分の違う二人の恋を描いているので、ため息が出てくるばかりです。変に人間関係を描こうとしている為に、他の見せ場が全体的に弱弱しく見える。そんな中、ダース・ベイダーのようないでたちの椎名桔平が、一番のハマリ役だったように思える。主題歌もここまで作風に合っていないと、もう笑うしかない。わざわざ劇場で鑑賞するような作品でもなく、松本潤、長澤まさみのファン以外はDVDでも見なくてもいい作品。こういうリメイク作品に制作費を投じるのならば、新しい何かを生み出して欲しいと思う。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

隠し砦の三悪人<普及版>隠し砦の三悪人<普及版>
(2007/11/09)
三船敏郎;上原美佐;千秋実;藤原釜足

商品詳細を見る

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/416-7cf5fff2

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。