映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 た行 > 厨房で逢いましょう  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厨房で逢いましょう

2008 - 05/04 [Sun] - 22:43

「厨房で逢いましょう」DVD鑑賞★★★
原題:EDEN
監督:ミヒャエル・ホーフマン
製作:ドイツ、スイス、2006年
出演:ヨーゼフ・オステンドルフ、シャルロット・ロシュ、デーヴィト・シュトリーゾフ、マックス・リュートリンガー、他
chubo
1児の母であるエデンが、グレゴアというシェフの料理に魅了され、彼の厨房に通い始めた。グレゴアはエデンにひそかな思いを寄せるが、2人の関係は噂となって広まり、彼女の夫が嫉妬心を抱く。【MovieWalker】

孤高の天才シェフが、平凡な主婦に恋をするほのかに甘く切ない大人のラブストーリー。料理に人生の大半を注ぎ込んできた天才シェフであるグレゴアは、美食と料理作りが生きがい。そんな彼のもとに、平凡な主婦エデンが現れたことによって、彼の運命が大きく変わり始めていく。彼の作り出す料理は、官能料理ことエロチック・キュイジーヌと呼ばれる創作料理。これは見ているだけでヨダレがこぼれ落ちてきそうになるくらいに美味しそうな料理です。こんな料理を、一度でいいからボクも食べてみたいものです。エロチック・キュイジーヌに恋心を詰め込み、毎週火曜日に厨房に訪れる平凡な主婦に食べてもらう。そんななんでもないことに、彼は喜びと幸せを感じ、ひとときの至福の時間に酔いしれる。そんな彼の美食を、子供のように無邪気に食べる彼女は、彼の料理によってHな気分になってしまう。しかしグレゴアは、デブでハゲで恋愛経験などほとんどない。ただ純粋に料理を食べている彼女の姿に満足している。女性という生き物は、そんな純粋で無頓着な部分を見過ごすことはない。自分の気持ちをエデンは消化しきれずに、夫にデザートを女体盛りするシーンは、見ていてなんとも複雑な心境にさせられる。女体盛りは憧れではあるが、実際にされたらきっとひいてしまいそうで怖い気がする…。美しい女性というものは、存在そのものが罪である時がある。しかも無自覚でいることは、男にとっては残酷すぎる。男女で大きなズレを感じる部分が強いのだが、そのズレこそがこの作品には刺激的なスパイスにもなっているように感じられる。微妙な距離が見ていてイライラすることもあるが、料理だけでも見る価値がある作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

厨房で逢いましょう厨房で逢いましょう
(2008/04/23)
デーヴィト・シュトリーゾフ、シャルロット・ロシュ 他

商品詳細を見る
厨房で逢いましょう (スクリーンノベルス)厨房で逢いましょう (スクリーンノベルス)
(2007/08/25)
古閑 万希子

商品詳細を見る

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/410-25f26281

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。